MOTORCYCLE DIARY

のがたひろおのバイクな日記

ハイライトの下地作り

週末の間にクイックファスナーが届いていたので、今日はハイライトに届けに行ってきました。

ハイライトおやじが「今、どんな感じか見せとくね」と、普段シャカシャカペーパーがけの音が聞こえてくる小部屋に案内されました。

先日まで外に置いてあったシートカウルはこんな感じ。

シートカウル

パテで最後の仕上げをしているようです。

裏側を見せてくれたんですが、ファスナーの付くあたりはシートレールのステーにピッタリ合うように成形しなおして、面で留まるようにしたそうです。

こうすることで前みたいにファスナーの辺りに、塗装のヒビや割れが出なくなるんだと思います。

アッパーカウルはこんな感じ。

アッパーカウル

裏から見るとわかりやすいですが、カウルの合わさる所はほとんど作り直したそうです。

アッパーカウル裏側

今まではアンダーカウルが浮いている感じでしたが、これでカウルの合わせがピッタリになるそうです。

そしてアンダーカウルはこんな感じ。

アンダーカウル

全体的に面が波打っている所を全部面出ししたそうです。

「今までは気にならなくても、塗装がきれいになったら気になるようになると思うから、せっかくきれいに塗るんだから納得いくように徹底的にやったからさ。」ととてもプロっぽいお言葉。

長いこと待った甲斐がありました。

ちなみにハイライトではこんな作業も塗装の作業に含まれているそうです。

以前に「古いドカッティやビモータなんかのFRPカウルなんてFRPで一から作り直した方がよっぽど楽」と言っていたのはこういうことみたいです。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nogata.blog65.fc2.com/tb.php/734-be3f1a1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad