MOTORCYCLE DIARY

のがたひろおのバイクな日記

CBR復活を妄想してみる

突発的にのがた号を塗装に出してしまったおかげで復活計画が頓挫している奥さんのCBRですが、なぜか群馬に乗るとCBRを復活させたくなります。

CBR400RR

とりあえずエンジンはかかる状態にはしてあるんですが、リアサスが抜けてて、ぼくが跨るとそれだけでほぼフルボトム。タイヤは山は残っているものの何年も放置してあったのでカチカチになってます。

最低限これは交換しなくちゃいけません。

で、リアサスは前にホンダ特販に行った時に値段を調べてもらったら、金額以前に廃盤になっててもう新品は手に入りません。

そうなるとヤフオクなんですが、90年代のバイクなので中古で買っても似たようなもんだと思います。

NC29 リアサス

それだったら今のサスをオーバーホールしたほうがいいんですが、ナイトロンからNC29用が出てるので、長い目で見ればそっちを買ったほうがいいかもしれません。

ナイトロン

でも復活させるんだったら、どうしてもやっておきたいことがあります。

それはキャリパー。

NSRだってVFRだって4ポットなのに、CBRだけはなぜか片押しの2ポットなんです。

NC29 キャリパー

別に2ポットだって、いいパッドを入れればぜんぜん問題ないんでしょうけど、やぱりこれはいただけません。

ちなみにボルトのピッチは80mmで、ポン付けできるキャリパーは皆無。

サポート作ればいいんですけど、それは奥さんが絶対にOKを出さないでしょう。乗らないで放置しているくせにそういう所は拘るんです。

でもネットでいろいろ見てたら、NC29(CBR)のインナーチューブにNC30(VFR)のボトムケースを組み合わせるのが定番だということを知りました。

これがNC29のフォークで

NC29 フォーク

これがNC30のフォーク。

NC30 フォーク

キャリパーのブラケット以外はほぼ同じで、NC30のほうが全長が短いだけらしいんです。

s-fuoku-nc30cbr400rr.jpg

そんな訳で組み替えるだけで加工はいらないようで、これだったら62mmピッチでけっこういろんなキャリパーが選べます。

同じと言えばCB400スーアーフォアも同じみたいなんですが、バージョンなんとかとかスペックなんとかとか色々あって、キャリパーピッチも色々あるみたいです。

CB400SF フォーク

ヤフオクを見ると現行車だけにCBの方がだんぜん出品数も多いんですが、こっちはフェンダーのブラケットが付いているので、後々めんどくさいので、やっぱりNC30のほうがいいでしょう。

そんな感じで頭の中はフォークとキャリパーでいっぱいで、そんなことをしていたらますます復活が遅くなりそうです。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nogata.blog65.fc2.com/tb.php/698-b9c0bb8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad