MOTORCYCLE DIARY

のがたひろおのバイクな日記

塗装について

そういえば今までずいぶん塗装をしてきましたが、数えてみたら14回も塗ってます。

オールペンをする人も少なくなったのか、最近ではあんまり塗装の話をすることがなくなってきました。

そんな訳で今回は塗装の話でもしたいと思います。

まずは今回のがた号に塗るパールです。

パール

パールは塗料に粉を混ぜることによって真珠みたいに光が当たると色の違う光が反射します。元々は文字通り、真珠を粉にしたものを使ってたんだと思いますが、今ではいろんな粉があって、青っぽく反射するものやピンクっぽく反射するものなどいろいろあるようです。

続いてマイカ。

マイカ

国産車などでよく使われていて、これも塗料に粉を混ぜるんですが、パールとの区別がイマイチ曖昧なようです。

どちらも光の当たり方や見る角度から違った印象を与える塗装で、これの発展したものがマジョーラなんじゃないかと思います。

ちなみにぼくはマジョーラは色がきれいでないのであんまり好きじゃありません。

そしてメタリック。

メタリック

これは塗料に金属の粉を混ぜることでメタルっぽい仕上がりになります。

混ぜる粉がもっと粗くなるとフレーク塗装とかラメ塗装とか言われるものになります。

フレーク

より金属っぽい仕上がりを望むなら、最近ではメッキ塗装というものもあります。

メッキ塗装はメッキ屋がやるのか塗装屋がやるのか知りませんが、銀メッキだけではなく写真のような色の付いたメッキ塗装もあります。

クローム

次はキャンディカラー、文字通り飴色の塗装です。

キャンディ

ベースに銀を塗るのが基本で、その上からクリア色を吹く塗り方で、ベースに模様をつければそれが透けて見えるのでいろいろ面白い表現ができます。

塗装の厚みで色が変わってくるので失敗が許されない分値段も高くなります。傷がついたからタッチアップという訳にもいかないのが難点です。

そしてつや消し。

昔は素人が缶スプレーで自家塗装するとつや消しになってしまって、つや消し=貧乏 みたいなイメージでしたが、今は逆に高級車などに採用されていたりします。

つや消し

ボロい車両をつや消しにするとボロさが増しますが、高級車だとかっこ良く見える不思議な効果があります。

同じ赤でもいろんな色の赤があるように、ここで紹介したように塗り方や塗料の種類などによってもいろんな赤になります。

そういうことを踏まえて、自分のマシンをどんな色にしたいかを考えると面白いと思います。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nogata.blog65.fc2.com/tb.php/691-8aa449b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad