MOTORCYCLE DIARY

のがたひろおのバイクな日記

審査棄却

昨日、警視庁が手紙が届きました。

あて先は印字なんですが、封筒いっぱいのでかい文字で、なんとなく違反キップに書かれる警察官独特の字を思い起こさせます。

で、内容は結論から言いますと表題のとおり、審査棄却です。

審査棄却ということは審査するに至らないということでしょうか?

で、棄却の理由はだいたいこんな感じです。

① 計測器の設置に問題があって速度が実際よりも速く計測されたという申立人の主張は矛盾している。

② 係官が猛スピードで走ってきたので計測器のスイッチを押した。当該車両は計測後に車に追いついたのでそこで減速したと言っている。

③ 計測器は定期的な検査をしているので誤計測はあり得ない。

④ 計測器の設置に問題はなかった。

ということです。

なんだか論拠がおかしいです。

まず①なんですが、ぼくの主張は計測器が曲がって設置されていたから、計測器の設置場所から離れれば離れるほど計測距離が長くなる。だから前を走っていた車は速度超過にならず、センターライン寄りを走っていたぼくだけが速度超過になったということ。

警察はぼくの言ってることは逆だから、主張が矛盾している言ってます。

警察は2点の通過時間が同じ場合、その2点の距離が長くなると通過速度は遅くなると言っています。つまり10mを3秒で通過する車より、15mを3秒で通過する車の方が遅い速度で走っているということです。

②なんですが、ぼくは計測した係官が女性だってことも見てるんです、車の後ろから。

計測地点を過ぎてから車に追いついて減速したなんて言ってますが、・・・ってことはその係官、後ろを振り返って確認したんですかって話です。

だいたい目視でスピードを出してるのを確認したからスイッチを押したからって言うんなら、取締りに計測器はいらないってことじゃないですか。

③はぼくは計測器が誤計測したって言ってるんじゃないんです。設置方法に問題があるって言ってるんです。だから定期的に検査してるとかしてないとか関係ないんです。

で、最後の④。

計測器の設置に問題はなかったと言ってますが、こっちは明らかに変な方向を向いてる写真を添付しているのに、「計測器の設置に問題はなかった」で解決してしまうというのも納得いかない話です。

まあ行政処分不服申立はほぼ全てが棄却されるという話は聞いていたからいいんですけどね。

でもあまりにもお粗末な結末にがっくりきてます。

スポンサーサイト

コメント

残念ですね。
この問題、今後はどうなるんですか?

  • 2009/11/27(金) 12:14:56 |
  • URL |
  • wshino #-
  • [ 編集]

wshinoさん

まあ来年までおとなしくしていれば点数は消えますが、ちょっと納得いかない感じですな。

  • 2009/11/27(金) 12:21:39 |
  • URL |
  • のがたひろお #-
  • [ 編集]

まったく、中学生でも分るような距離と時間から割り出される速度についてまで訳の解らない事を言って来る輩に、”交通”の安全や規則を守らせ、違反を取り締まる権限を与えておいても良いのでしょうか?自分の事の様に納得出来ない気持ちでいっぱいです。

  • 2009/11/27(金) 14:59:41 |
  • URL |
  • nyanbusa #-
  • [ 編集]

nyanbusaさん

家庭教師をしているうちの奥さんから警視庁からなんか来てるって言われて、中身を見てもらったら、なんだ警察っていうのは私が教えてる中学生でもわかる問題がわからんのか?と言ってました

  • 2009/11/27(金) 16:41:12 |
  • URL |
  • のがたひろお #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nogata.blog65.fc2.com/tb.php/371-0e3155b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad