MOTORCYCLE DIARY

のがたひろおのバイクな日記

セッティング完了!・・・たぶん

先日から低速のセッティングで悩んでいましたが、チャンバーを触ってみるとアイドリング時に前側シリンダーに火が入ってないことがわかりました。

パイロットエアスクリューでいろいろ調整したんですが、どうも上手くいきません。

そもそもパイロットエアスクリューを回すのにエアクリーナーボックスを外さなくちゃいけないので、エンジンをかけた状態で調整できないのに問題があります。

まずシートを外して、タンクを取って・・・

VJ23A キャブセッティング

でエアクリーナーボックスの上側を外すのにボルト6本。
しかもけっこう長い・・・

VJ23A キャブセッティング

今度はプラスのネジを6本。

これでやっとキャブが出てきます。

大変めんどくさいんです。

・・・が、しかし!

フレームに穴が開いているのを発見!

VJ23A キャブセッティング

なんだ、カウルのネジを数本外せばここから調整できるじゃないですか。


でもいろいろやってみても一向に調子よくなりません。

そこでラジカルに電話して内海さんに聞いてみました。

「それはたぶんキャブの同調だよ」と言われました。

またシートを外してタンクを外してエアクリーナーボックスを外して同調を取ります。

でエアクリーナーボックスを取り付け、タンクを付けてエンジンをかけるとやっぱりダメです。

またタンクを外してエアクリーナーボックスを外して、同調取ってエアクリーナーの下側を取り付けます。

ん?

ネジを締めていくと片側のスロットルバルブが開いていきます。

なんと原因はコレでした。

エアクリーナーボックスの下側をキャブに完全に固定してから同調を取らないといけなかったんです!

問題解決!ということでエアクリーナーボックスの上側を付けて、タンクを付けてエンジン始動!

・・・今度はアイドリングが低すぎてエンジンがかかりません。

スロットルストップスクリューを回して調整しようと思ったら、なぜかぜんぜん回りません。

しかたないからまたタンクを外してエアクリーナーボックスを外して、スロットルストップスクリューの根元をペンチで挟んで無理矢理回してみました。

回るようになりました!

再度エアクリーナーボックスを付けて同調取ってタンクを載せてエンジン始動!

まだアイドリングが低いのでスロットルストップスクリューを回すと・・・

回りません。

どうもねじ山がおかしくなっているっぽいのと、ケーブルの取り回しとで回らなくなるようです。

もういい加減エアクリーナーボックスを付けたり外したりするのが嫌になってきて、全部外したついでに気分転換にニードルのクリップの段数も変えてみることにしました。

・・・というのも、低速がなくなってしまうのはパイロット系のセッティングのせいじゃなくて、同調だということがわかったので、クリップをもう一段薄くしてみました。

この時、ニードルをおさえてるバネを落としてしまいました。

地面を這いつくばって捜索すること30分。諦めかけた頃にようやくバネを発見。

全部組みなおして、ようやくちゃんとしたところでちゃんとアイドルするようになって、ここで試乗です。


・・・ガス欠みたいな感じでぜんぜんスタートできません。

とりあえずエアスクリューは規定値に戻してあったので、前後それぞれ1/4回転ずつ濃くしていき、やっと普通に発進できるようになってきました。

でもどっちをどのぐらい濃くすればいいのか微妙なところで、よくわからないので排気の臭いを嗅いでみたら、前側だけすすけた臭いがするので、前側を1/4薄くして、濃くするのは後ろ側だけにして調整してみました。

野方環状線

ちなみに写真は環七のオーバーパスの下で最後のセッティングをしている時のです。

やっといい感じになったので環七の本線に入ってアクセル全開!

ゲゲッ!

速い!!

ローだとガッと開けたらウイリーしそうな加速です。

ニードルのクリップを薄い方に一段上げたらかなりよくなってしまいました。


・・・ということでとりあえずキャブセッティングもこれで終了です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nogata.blog65.fc2.com/tb.php/366-6c9699ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad