MOTORCYCLE DIARY

のがたひろおのバイクな日記

出頭

今日は裁判所に出頭の日だったので朝7時過ぎに家を出て立川の裁判所に向かいました。

いや~立川なんて最後に行ったのは中学生の頃だったので、あまりの変わりようにびっくりしてしまいました。

裁判所に到着すると、このように立派な建物でした。

裁判所

でも入口には「交通切符の方は裏にお回りください」という看板が出ていて、裏に回ると

裁判所

こんなみすぼらしい入口でした。

入ると受付があって、切符を出すと「裏が略式裁判の手続きになってますので、こちらに署名してください」って言うんです。

「いえ、略式裁判は拒否しますから」

「え? あ、じゃあ今日は話を聞きに来たということで・・・?」

「いえ、今日出頭することと書いてあるので・・・」

案外空いててぼくの札は14番で、待合所で待っていると、来る人来る人、みんな略式で済ませちゃうんですね。

そうこうしているうちに順番が回ってきて、警察官の取調べです。

警察官と言っても私服だししゃべり方も柔らかなので威圧感はありません。

まずは免許証を返してもらって、「正式裁判になるとなんたらかんたらだけど・・・」という説明があり、「はい、正式裁判を希望します」と言うと申し立て書というのを渡されて「何も書かなくていいっていうのなら日付と署名と印鑑だけでもいいです」と言われました。

とりあえずこちらの主張は「車の後ろを走っていて、自分だけが37kmもオーバーするのはあり得ない」と書いて、あとはこちらのメインとなる主張です。

「警察官の立会いのもと現場を確認したところ、計測器の設置に不備があることが分かりました。撮影した写真と詳細については検察あるいは裁判所にて提出可能です。」

申し立て書を見た担当官は「前にもこういったことがあるんですか?」と。

「え?」

「いえ、検察とか裁判とかよくご存知だと思って・・・」

「ないですよ。きのうネットで調べましたし、略式でも検察の取調べ後に裁判があるって、外にも書いてあるじゃないですか。」

「あ、なるほど。ではネットで調べてご存知かもしれませんが今後の流れを説明します。
この申し立て書とこちらの資料は警察署に送り返し、その後検察に送られます。
ご存知のように検察の呼び出しがありますが、そのまま呼び出しが来ないこともあります。
半年経っても連絡がない場合は不起訴だと思ってください。
不起訴の場合は連絡は来ません。
資料は資料室に保管してあるので、電話などで問い合わせをしても資料室に探しに行って確認したりできませんから、不起訴かどうかの問い合わせもしないでください。
警察の判断によっては検察庁に送られないということもありますから・・・」

と、やけに詳しく説明するところを見ると、このまま不起訴になりそうな雰囲気です。

そりゃあそうでしょう。

計測に不備があって、その証拠の写真もあるなんて言われたら検察に「警察は何をやっとるんだ!」ってことになりますから。

そうは言ってもこの時点ではわかりませんから、安心もできません。

あとは行政処分不服申し立てはどうすればいいかだけ聞いて帰ってきました。



スポンサーサイト

コメント

経過報告有難う御座います。
行政処分不服申し立ても頑張って下さい。
所で、計測器の設置不備はどんな物だったのですか?差し障り無ければ教えて頂けますか。

  • 2009/08/12(水) 00:35:27 |
  • URL |
  • nyanbusa #-
  • [ 編集]

Re: タイトルなし

ありがとうございます。
隠してもしょうがないことだとは思いますが、
一応、処分が確定するまでは内緒ということで。

  • 2009/08/12(水) 00:47:21 |
  • URL |
  • のがた #-
  • [ 編集]

ほとんど、相手のミスによるものみたいですね!

しかし、不労働時間分を支払え!!です。

  • 2009/08/13(木) 12:05:59 |
  • URL |
  • くろま #-
  • [ 編集]

くろまさん

ミスというかデタラメというか・・・
ホントに電車賃ぐらい払えって感じです。

  • 2009/08/14(金) 23:30:03 |
  • URL |
  • のがた #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nogata.blog65.fc2.com/tb.php/341-b3c4e7a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad