MOTORCYCLE DIARY

のがたひろおのバイクな日記

最高速

以前は毎年のようにあったのに、最近ちっとも隼が世界最高速記録を樹立したなんてニュースを聞きません。

最高速チャレンジはいまでもあっちこっちでやってるみたいですが、どうもパッとした記録が出てないだけのようです。

ちなみに隼で最高速と言えばJohn Noonanですが、2007年のボンネビルに久々にエントリーしていたそうです。

noonan

以前のマシンは売ってしまい、あらたにネットオークションで買った隼でのチャレンジでしたが、自己ベストには至らなかったそうです。

なんかパッとしません。

ちなみに地上で最も速い乗り物はこちらのThrustSSCのマシンだそうです。

thrustSSC

ジェットエンジン2基搭載、28,000馬力、最高速は1,228kmで音速超えてますが、果たしてこれを車と呼んでいいものかどうかという疑問もあります。

一般的に地上で一番速い乗り物と言われているF-1はどうなの?って言ったら、なんと2006年のボンネビルにホンダのF-1が出てたそうです。

HONDA F-1

HONDA F-1

記録は354.975km/hでJohn Noonanの隼の方が速いんですね。

ちょっとがっかり。

曙が総合格闘技に出た時のようながっかり感です。


ところで最高速チャレンジってオーストラリアでもやってるんですね?オーストラリアにもソルトレイクがあるんだ!って感じですが、そもそも何で最高速チャレンジって塩の上でやるんですか?

gs1000

gs1000

なんかかっこいいGS1000です。スーパーチャージャーついてます。

busa

隼も当然います。

john noonan

え、John Noonanオーストラリア遠征ですか?

LSR

LSR

LSR

こんなかっこいいのもいます。
なんかオーストラリアのマシンってアメリカとかとも違った雰囲気があってかっこいいですね。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nogata.blog65.fc2.com/tb.php/287-9935a8b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad