MOTORCYCLE DIARY

のがたひろおのバイクな日記

復活!・・・が、しかし

きのう会社帰りにライコランドに寄ってガソリンホースを買ってきました。

で、今日はホースの交換です。

コック

隼には燃料コックがありませんが、実はつまみがないだけでちゃんとコックとして機能しています。のがた号はここにマイナスのネジのような切り欠きを付けてあるのでドライバーでオフにできるんです。

・・・で、燃料コックをオフにしてまずはリターン側を抜きました。

げげっ!!

ガソリンが出てきました。

コックをオフにしてもリターンの方から出てきちゃうのを忘れてました。


ホースを戻して今度はコックの方を抜きました。

コックの方からは出てきませんがホースからガソリンが出てきました。

すぐに止まるかと思ったら全然止まりません。リターン側から流れてきてそれが出てきちゃうようです。


短く切ったホースを折り曲げてワイヤリングしてフタを作ってリターン側に差してようやく解決。

で、買ってきたホースを同じ長さに切って見てみると、なんだか太さがぜんぜん違います。


ガ~ン・・・

細くてぜんぜん入りません。サイズがぜんぜん違いました。


仕方がないのでノーマルのホースをチェックすると、それほど劣化しているようには見えません。

が、しかし・・・

リターン側が一ヶ所折れて変形してます。しかも折れてるところが傷になってます。
不調の原因はこれだったのかもしれません。

端っこのほうだったのでその部分を切って使うことにしました。


短くなってしまいましたが、長さ的にはだいじょうぶそうです。フタと差し替える際にまたけっこうガソリンを流出させてしまいましたが、なんとか完了。

・・・が、ホースバンドを入れるのを忘れてました。

穴を指で押さえつつ、ホースバンドを差し込んで、またガソリンを流出させながらなんとか完了。


・・・が、もう1本のホースを先に差してなくてはいけなかったのを忘れていました。

ホース未挿入のポンプの口からガソリンが大量流出!

慌ててホースを入れましたが、たぶん数リットルのガソリンが流出しました。

年中ポンプが詰まったりするくせに、これってどうなのよって感じです。ガソリンを流さずに作業する方法はないものでしょうか・・・


ようやく作業も完了。

タンクを戻してシングルシートを装着して、ふと見るとリアのウィンカーがひとつありません。

ひょっとしてこの間調子が悪くなって路肩で作業した時に落としたのかもしれません。


試乗がてらそのあたりに行ってみることにしました。

エンジンは一発始動!

走り出すと調子はバッチリ!

やっぱり前回止まってしまったのは、あのホースの折れ曲がりが原因だったようです。

「超~気持ちいい~」状態です。


ちなみに前回止まったところに行ってあたりを見回しましたが、やっぱり2日も経って、ウィンカーはあるはずもなく、まあ、予備のLEDウィンカーは持っているので今度ラジカルに付けに行くとしましょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nogata.blog65.fc2.com/tb.php/263-b5587e7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad