MOTORCYCLE DIARY

のがたひろおのバイクな日記

そろそろミラーが・・・

のがた号のミラーなんですが、マニアックな方は知ってるかもしれませんが、NC30のミラーなんです。

NC30 ミラー 

まあ当時のホンダのレプリカはみんなこれだったんですけど、ボルトピッチ28mmなんです。

ちなみに隼の純正ミラーのボルトピッチは42mmなんで、このブログを読んでるほとんどの方にはまったく関係ない記事なんで申し訳ありません。

ちなみにのがた号もまだ42mmピッチの頃はR1000の純正ミラーを付けてました。

昔ののがた号 

一時はわりと定番カスタムでしたが、海外サイトで発表されたR1000の写真を見て速攻で注文したので、おそらく日本で一番早く隼にこのミラーを付けたのがぼくだと思います。

今思えばこのままにしておけばよかったんですが、事故って大破した時に車検はもう無理と言われてたヘッドライトをセンターに移すついでに、ミラーも今のに換えちゃったんです。

そしたらNC30のミラーはずいぶん昔に欠番となり、今ののがた号のもそうなんですが、もう中華ミラーしかないんです。

中華もちゃんとしてればいいんですが、妙に軽くて軽量なのはいいんですが、可動部がゆるくてすぐに動いちゃうんです。

ちなみにヨシムラX-1も似たようなミラーを使ってますが、これはVJ22Aのミラーで、これも28mmピッチなので、X-1オーナーもきっと同じような悩みを抱えているでしょう。

VJ23A ミラー 

ヨシムラ X-1 ミラー 

まあX-1はそれ以前に半分以上が肩で隠れてしまって、そもそもミラーとしての役割を果たさないんですけどね。

同じガンマでもVJ23Aのにすればもっとステーが長いから、かっこ悪いけどよく見えたはずなんですけどね。

まあ、それはさておき。

今後ミラーはどうしようかな~と悩んでいるわけなんですが、いまどき昔のレプリカのミラーピッチなんて・・・と思っていたら、意外にあったりするんですね。

当分は欠番の心配がないのはコレ。

Ninja250 ミラー 

Ninja250のミラーが28mmピッチです。

でも取り付け角度が合わなそうだから却下ですね。

99年のR1やCBR1000RR/600RRも28mmなんですが、同様の理由で却下。

消去法で消していくと残るものはやはりマイナーどころで、年式が比較的新しいのはこれ。

SV650S ミラー 

SV650Sです。

こちらもすでに部品が心配ですが、角度も形も一番好みかなっていうのがこれ。

VTR1000F ミラー 

VTR1000Fです。

これだったらミラーの柄の部分はただの丸なのでカメラも付けやすいし言うことありません。


でもこのあたりのミラーの問題点は取り付け部分の形。

まあ作り直せばいいだけの話なんですけど、のがた号はミラーと共締めでウインカーステーを付けているので、このステーを作らなくてはいけません。

のがた号 ミラー ウインカー 

そんなこんなで非常に悩んでおります。

ちなみにぼくは改造好きですが、ミラーは絶対純正品じゃないと嫌なんです。

今までいろいろ試してみましたが、やっぱり純正品は見た目そこそこですが、信頼性はアフターパーツとは雲泥の差ですからね。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nogata.blog65.fc2.com/tb.php/1126-5d6e2c7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad