MOTORCYCLE DIARY

のがたひろおのバイクな日記

シート完成

今日はシートもできあがっていたので、タイヤ交換の前に自転車屋に酔ってきました。

事前に連絡をもらってましたが、面積だか厚みだかの問題でジェルシートの埋め込みができないということで普通に形状変更と皮の張り替えだけになりました。

丸直 シート

丸直 シート

今回はサイドにシワが寄ってしまうことを相談したらレザーを分割して上部で縫い合わせることになりました。

丸直 シート

まだ多少、座布団チックな形状ですが、だいぶ許せる感じになったというか、前よりはずいぶんとスッキリと自然な形になってました。

GSX1300R 隼 ピンクちゃん

座った感じは前よりソフトで、座面の角度も特に気にならないし、いい感じになってると思います。

軽く走ってみても、今の所、気になることもないし、シートって特筆するところがないのがいいシートなのかなと思いました。


スポンサーサイト

パワースーパースポーツ

さんざん悩みましたがけっきょくパワースーパースポーツにしてしまいました。

ちなみに練馬のボンバーというタイヤ屋で換えたんですが、ここって「あいつとララバイ」に登場したボンバーのモデルになった店なんだそうで、色紙が飾られてます。

楠木みちはる

もちろんリアは200/55。

55扁平でも200ならそんなに細く見えないだろうと思っていたんですが・・・

パイロットロード3

パワースーパースポーツ

200でもやっぱり細く見えます。

一番重要なポイントだっただけにちょっとガッカリ。

でも横から見るとぶりっとしてて今どきのレーサーっぽくてかっこいいです。

パワースーパースポーツ 隼

溝も実物を見るとわりとちゃんとあって一応はストリートタイヤなんだなって感じです。

パワースーパースポーツ 隼

跨ってみると案の定、足つきは悪くなってます。

でもぶりっとしてかっこいいから気にしません。

走り出して1秒後に感じたのが「何、この直進安定性!」

車線変更しようと思ってもビクともしないような感じなんですが、それなのにちょっとインを意識するだけでそのまま倒れちゃうんじゃないかってほどシャープ。

長いことツーリングタイヤに乗ってて忘れてましたが、これぞスポーツタイヤって感じです。


迷ってます

以前にタイヤはまだまだ行けそうなんて書きましたが、よく見たらフロントが段減りしてて、一番減ってる部分はスリップサインが出てました。

パイロットロード3 フロント

でもリアはまだまだイケそうです。

パイロットロード3 リア

さてどうしたものか・・・

フロントだけ交換するか、前後共交換するか悩みどころです。

以前にも書きましたが、ホントはパワースーパースポーツが欲しいんです。

034720.jpg

でもミシュランは悪くはないとは言ってますが、ウェットとライフが気になります。

イマイチこのパワースーパースポーツの位置づけが分からないんですが、この上にパワーカップっていうのがあるから、

パワーカップ

昔のパイロットレースH2みたいにプロダクションレースタイヤのフリをしたストリートタイヤなのかもしれません。

それにしてもパイロットロードのような気の遠くなるようなライフは期待できないし、それだったらパイロットロード4にしとけって話になります。

パイロットロード4

でもロード4は200/55はないし・・・

そんなこんなを考えているとS-20 EVOが候補にあがってきます。

S-20 EVO

これだったらスポーツツーリングタイヤだからそこそこライフもありそうだし、なんと言っても200/55があるし。

でもブリジストンだからな~・・・

いや、ブリジストンが嫌いなわけではないんですが、ぼくがミシュランに拘るのは、ずっとミシュラン使ってきたから馴染んでるっていうのもあるんですが・・・

ビバンダム

ミシュラン

せっかく貼ったステッカーを剥がしたくないんです。

それだけの理由?って言われそうですが、それが一番大きな理由です。



プラグの焼け

明日からしばらく休みナシで仕事なので、天気は良くないですが、ちょこっと乗ってきました。

ピンクちゃん@墓地

お彼岸ということで墓参りです。

イリジウムプラグだからか、単にプラグが新しいからか、なかなかいい感じです。

そう言えばせっかくプラグを交換したんだから、焼けを見てみようとゴミ箱から昨日捨てたプラグを拾ってきました。

プラグの焼けと言ってもどこを見ればいいのか分からなかったんですが、プラグの各部の焼け具合でけっこう細かく見れるそうなのでチェックしてみました。

プラグの焼け

細かいと言ってもキャブのジェットの領域ぐらいなんですが、ぼくの使ってるインジェクションコントローラーにはちょうどいい目安になります。

隼所有15年にして初めてプラグの焼けを見るわけですが、これによると上はいい感じですが、中間が薄くて、下が濃い感じです。

中間が薄いというのは目からウロコな感じで、さっそくインジェクションのセッティングをしてみようと思います。


プラグ交換 他

今日は届いたイリジウムプラグに交換するんですが、その前にナンバーステーが跳ね石で塗装がだいぶ剥げてきたので缶スプレーで塗りました。

ナンバーステー

ちなみにピンクちゃんはこういうナンバー灯を付けてるんですが・・・

LED内臓ナンバーボルト

ナンバーを取るのに配線を切ってギボシを付け直さなきゃいけなくて、この辺の配線の加工もすることにしました。

加工も終わり、取り付けようとしていたらナンバーボルトの配線を誤って根元から引きちぎってしまいました。

どうしよう・・・

と、悩んでいてもしょうがないので、まずはプラグ交換。

プラグ交換

プラグレンチは隼の車載工具を使ってるんですが、これが案外使いやすい。

プラグ交換

上が15,000km近く使ったNGKの普通のプラグ。下がデンソーのイリジウム。

ちなみに調べてみたら、2010年2月に一度イリジウムに換えてました。

交換前のプラグの使い具合から交換時の天気まで、今回とほぼ同じ状況で、エンジンをかけた感想もほぼ今回と同じで、ぼくはまったく進歩のない人間だと改めて痛感しました。

その時のブログはこちら

そしてナンバー灯は、昔付けてた汎用LEDライトを引っ張り出してきて付けました。

ナンバー灯移設

昔もここに付けてたんですが、普通の位置にナンバーを付ける時のステーの裏側に付けました。

ここに付けるとボワ~ンと幻想的にナンバーを照らします。


イリジウムプラグ

考えてみたらずいぶんプラグを換えてなくて、調べてみたら最後に換えたのは4年前。

ここ数年はそんなに乗ってないとはいえ、1万5,000km近く換えてません。

プラグメーカー推奨の交換時期は3,000km~5,000kmだから、3倍ぐらい使ってます。

でもメーカーの推奨交換時期って、食べ物の賞味期限と同じく、倍ぐらい使っても問題ないと個人的には思ってます。

3,000km~5,000kmって言ったらオイル交換と同時にプラグ交換する感じで、おまけにハイグリップタイヤなんか履いちゃったらタイヤ交換まで一緒にやらなきゃいけなくて、いったいいくらかかんのよ!って感じです。

業界は口を開けば若者のバイク離れ、バイク離れって言いますが、御曹司か勝ち組の若者じゃなければバイクなんて持てないですよ。

・・・と前置きが長くなりましたが、ぼくもいい加減プラグを換えなきゃいけないかな~と思って買っちゃいました。

ジャーン!

DENSO イリジウムプラグ

デンソーのイリジウムプラグ。

まだイリジウムが出たばっかりの頃、大枚はたいて買ったのに調子悪くて、それからずっとNGKのCR9Eだったんですが、ネットで安かったので再チャレンジです。

結果はいかに・・・


またしてもシート

完成してからあまり言及してこなかったNEWシート。

実はやっぱりこのぼってりとした座布団みたいな感じが気に入らなくて、そうかと言ってまたサゴウ工芸に頼んでも・・・ということで見切りをつけることにして、ネットで違うシート屋を探すことにしました。

サゴウ工芸 シート


それで見つけたのが丸直。


マルナオ

月刊オートバイと共同企画でシートを作っていたり、なかなか良さげだし、値段もリーズナブルそうだし。でも会社は名古屋だからできれば直接行ける所がいいんだけど・・・、と思ったら東京にも営業所がありました。

住所を見たら家からバイクで15分ぐらいなのでさっそく行ってきました。

丸直 東京営業所


え、自転車屋?

・・・と思ったらカスタムシートの看板も出てました。

丸直 東京営業所

あんまりバイクのことは知らないみたいな感じですが、シートのことは分かるみたいで、サクサクっと打ち合わせをして、値段を聞いたら名古屋本社までの往復送料を入れても1万円しません。

形状変更だけじゃなく皮も張り替えての値段です。

そんな訳でついつい「じゃあお願いします。」ってシートを置いてきちゃったんですが、1万円越えると送料無料みたいなので「ジェルザブ」も入れてもらうことにしました。

・・・でも、サゴウ工芸にしても、丸直にしても、どこをどのぐらい削るか見る時にシートをバイクに付けて見ません。

「本社は専門家ばかりだからちゃんと仕上げてくれますよ。」とは言ってましたが、帰ってから座面の角度とかだいじょうぶなのかな~?と心配になりました。

東名高速 豚串の旅

昨日は天気も良かったし、東名のSA・PA各駅停車で豚串を食べる旅にでかけてきました。

CIMG1226.jpg

清水から新東名に出たんですが、最近はループ走行も認識されるようで、出口で「周回走行 通行可」という表示が出てました。

後から計算して請求されるらしいです。

CIMG1241.jpg

結局、豚串6本、その他の串2本、その他3個食べて、もはや耐久レースといった感じになりました。

詳しくはこちらで。




チェーンガード

チェーンガードって、バイクを買ったらすぐに外してしまうものだと思ってたんですが、ふと思い立って作ってみました。

自作チェーンガード

自作チェーンガード

ちなみにダンボールを切ってガムテープを貼っただけです。

意外に悪くないので内海さんにアルミで作ってもらおうかな~?


Z-BOMB装着

注文したZ-BOMBが届きました。

Z-BOMB

2週間ぐらいかかると言っていたのにずいぶん早かったです。

そんな訳でさっそく取り付けです。

ギアポジション カプラー

タンクの下にギヤポジションセンサーのカプラーがあるので、そこに割り込ませるだけ。

Z-BOMB 装着

タイラップが付属されてたんですけど、使わずに他の線と一緒にしました。

Z-BOMB 装着

ピンクちゃんはタンクもクイックリリースピンに換えてあるので工具もいらず、一応タバコと缶コーヒーを用意して作業に臨んだんですが、10分もかからず作業終了。

仕方ないからエンジンかけてみる前に缶コーヒー飲みながら鑑賞タイム。

そしてイグニッションON!

ニュートラルランプ

ちゃんとニュートラルランプが点きます。

当たり前のことなんですが、これがとってもうれしいです。

エンジンをかけてみると音が多少マイルドになってるような気がします。

乗ってみるとレスポンスが多少良くなってるような気もします。

昔TREを入れた時はクラッチを握った時と放した時が違いすぎて乗りにくかったんですが、街乗りの試乗で低速しか使ってないのもありますが、今は新しいクラッチスイッチが付いてるせいかもしれませんが、ぜんぜん気になりません。

まあ、これなら付けっぱなしでもいいかな?という感じなのでしばらく使ってみます。