MOTORCYCLE DIARY

のがたひろおのバイクな日記

クーリーの夢

YouTubeの昔のAMAスーパーバイクの動画でレーサー達に将来の夢を聞いてました。

当時19才のフレディ・スペンサーは500ccでチャンピオンになりたいと言ってました。

当時21才のエディ・ローソンも500ccでチャンピオンになりたいと言ってました。

2人とも夢を叶えたわけですが、もうひとり夢を叶えた男がいました。

ウェス・クーリーです。

a7349ed197_2.jpg

彼の夢は「バイクのレースを引退して医学部に戻ることです。」というものでした。

なんとクーリーは医学部を休学してレースをやっていたようで、頭がいい上にボンボンだったんですね?

結局クーリーは大クラッシュで瀕死の重傷を負った後、レースにカムバックしたんですが、昔のような走りはできず、引退して医学の道に進んだとウィキに書いてありました。

なんか世界チャンピオンになるよりすごいように感じるのが不思議です。


スポンサーサイト

ROAD RIDER に載せていただきました

今日は雨で仕事がお昼で終わりになってしまって、往復4時間かけて3時間半しか働けないというのもなんだかな~と、モヤモヤした気持ちで家に帰ってきました。

夕方になって佐川急便のじいさんが、いつものように玄関まで回らずに、手前にあるぼくの部屋の窓をコンコンと叩きました。

届いたブツは・・・

ROAD RIDER 2月号

おー、掲載誌!

隼特集っていうからザ・カスタムマシンなのかと思ったらロードライダー誌でした。

こっちの方がなんとなくうれしいです。

しかも読書用と保存用に2冊も送ってくれて、なかなか読者心を分かっていらっしゃる。

でもぼくはA型だけどそんなに神経質じゃないので、写真を撮ってるうちにどっちをすでに開いて読んだか分からなくなっちゃいました。

そしてスーパーピンクちゃんはと言うと・・・

ROAD RIDER 2月号

おー、堂々の見開きページ!

ちゃんと見たい方は今月発売のロードライダー誌を買ってください。

ちなみに「ハンドルネームとかで載せたりもできますけど、名前は何て載せますか?」って聞かれて、ひらがなで「のがたひろお」って言うのもなんとなくバカっぽいので漢字で「野方裕男」にしてみました。

車名も「ラジカルSPL」にするのか「ハイライトSPL」にするのか難しいところなので「NOGATA SPL」になりました。

どうせなら「スーパーピンクちゃん」が良かったんですけどね。


パイロットロード3

先日の低速で粘るような切れ込むような件はリアの伸び側を緩めてみたらだいぶ良くなりました。

でも立ちが強くなっちゃった気もしないでもないのでもう少しやってみたいところですが、寒くてあんまりバイクに乗りたくないので今日はこんなところにしておきました。

でも頭の中で悶々と考えていた時、そういえばパイロットロード3に換えてからずいぶん経つけど、もしかしてタイヤが減ってる?なんて思って、順番が逆ですけどセッティングを終えてからタイヤを見てみました。

調べてみたら、ロード3を入れたのは2011年の5月だから、もう2年半ぐらい使ってます。

走行距離は半年間ハイライトに置いてあったというのもあって、1万2000キロぐらいでした。

今までツーリングタイヤって履いたことなかったから、1万2000キロも交換しないなんて考えられない事なんですが、タイヤを見てみると、フロントはこんな感じで、サイドなんかバリ山。

パイロットロード3 フロント

真ん中は減っているものの、スリップサインまではまだけっこうあります。

パイロットロード3 フロント


リアはこんな感じで、前後おなじような減り具合。

パイロットロード3 リア

こっちもスリップサインまではまだあります。

パイロットロード3 リア

サーキットを走ったり、峠を狂ったように走ってるわけではないですが、特にグリップに不足は感じないし、隼みたいなオールラウンドなバイクにはピッタリです。

・・・でも

そのロングライフが災いして、新しいタイヤに換えられないというデメリットもあって、実は最近、タイヤを換えたいな~なんて欲求がフツフツと沸いてきてるんです。

ちなみにこれなんですけど・・・

034720.jpg

ライフはロード3の1/3だろうし、雨の日はますます乗りたくなくなっちゃうだろうし、グリップ力を実感するほどの走りはできないし、メリットなんて何ひとつないんですけど、やっぱりレーシーなマシンにはレーシーなタイヤを入れたいじゃないですか。

そしてもうひとつ、パワースーパースポーツはミシュランでは数少ない200サイズがラインナップされてるんです。

55扁平でハイトがあるからそれほど太く見えないかもしれないですけど、ハンドリングはクイックでいいけど細く見えるからという理由で190/55をやめたぼくとしては一度は試してみたいんです。

よくタイヤを太くすると曲がらなくなるとか言う人がいますが、それを言ったら1199Rパニガーレだってリアは200だし、やっぱりダメだったってことになってもどうせ5~6000kmで交換しなきゃいけないんだから、ちょっとの我慢で済むし。

・・・ということで暖かくなった頃には入れたいな~なんて思ってます。


スーパーピンクちゃん

「スーパーピンクちゃん」で画像検索をしてみました。

スーパーピンクちゃん

なんか場違いな感じに検索されてます。

ちなみに「スーパーピンク」で検索すると・・・

スーパーピンク

なんだかドロドロとした世界に一変。

こっちには検索されなくてうれしいような悲しいような。


フォークオイル?

今日は近場でいろいろ用事を済ませなくてはいけなくて、のがた号(スーパーピンクちゃん)で出かけることにしました。

そういえばこの前取材の時に乗ったら低速でふがふががくがくが復活していたので、でかける前にセッティングをちょこっと変えてみました。

KENZ インジェクションコントローラー

かなりマシになりましたが、今度はハンドリングが気になりだしました。

低速で交差点とか曲がる時にハンドルが切れるというか粘るというか、フロントタイヤの空気圧が低いと同じような症状が出るんですが、この前エアはチェックして問題なかったのでダンパーをちょっといじってみることにしました。

ピンク 隼 のがた号

のがた号は車載工具を入れる所がないので、缶コーヒーを買ってプルトップで調整します。

回しにくいんですけどサイズ的にはちょうどいいもので・・・。

サスセッティング

R1000フォークにしてから変えてもあんまり影響がなかったんで、めったにいじらなかったんですが、なんで急に?

ちょこちょこいじってこちらもずいぶんマシになりましたが、久しぶりに乗って、しかも気温も路面温度も低くておっかなびっくり乗ってたからかもしれないですが、もしかしてフォークオイルが気温で影響してるってこともあるんでしょうか?

フォークオイルの特性云々より、考えてみたらもう2年近くフォークオイルも換えてないし、そのせいかもしれないですけど。

ピンク 隼 のがた号

なんか釈然としないまま帰ってきたんですが、ぜんぜん関係ないですけど、今回のカラーリング、後ろやや上から見るとなんかかっこいいです。


新型発見!

散歩しててふと見ると新型の郵便配達バイクがありました。

KC4D0060.jpg

ヘッドライトはマルチリフレクター、ウインカーもクリアレンズで今っぽいです。

KC4D0061.jpg

しかもこの積載力。

KC4D0062.jpg

働く車ってかっこいいです。


ROAD RIDER取材

今日はROAD RIDERの取材に行ってきました。

先週の予報では曇りでしたが、快晴で青空にピンクがよく映えます。

カメラマンはGSX-Rで始めて取材された時から何度か写真を撮ってくれた富樫さん。

ROAD RIDER 取材

さすがベテラン。持参のウエスでタイヤの汚れを拭いてくれたり、さくさく仕事をこなしてくれました。

ROAD RIDER 取材

ちなみに掲載は今月発売の隼特集だそうです。

あと2週間ちょっとですが、雑誌屋さんて恐ろしいスケジュールで動いてるんですね。


スーパーピンクちゃん完成

以前の仕様とあんまり変わりませんが、こんな感じになりました。

隼 ピンク のがた号

ゼッケンスペースを真ん中にするとなんか間抜けなので、今回は右に寄せてみました。

隼 ピンク のがた号

ちなみにネイキッドの時は11番、パーソンズは12番だったので、今回は13番にしてみました。

1300だし。


取り付け準備

今日は用事が思いのほか時間がかかって家に帰ったらもう暗くなってました。

まあ雨も降ってるし急ぐこともないので・・・と思ったんですが、やっぱり早く完成具合を見たいので室内でできることだけやっておきました。

まずは写真を撮り忘れましたがシートカウルにテールランプを装着。

そしてタンク。

隼 タンク裏側

塗装するのに燃料ポンプを外されていたのでそれを取り付けます。

隼 燃料ポンプ

自分で付けたことがないのでどっち向きかわかりません。

知恵の輪みたいにグルグル回しながら入れなきゃいけないんですが、ちゃんと一方向にしか付かないようにネジ穴が開いてました。

隼 燃料ポンプ

つづいてタンクキャップ。

隼 タンク

隼 ニュートン タンクキャップ

これは問題なく付きました。

明日こそはマシンに外装を装着しようと思います。


塗装完成

昨日の夜にハイライトおやじから塗装が完成したという連絡があって、今日、早速取りに行ってきました。

TTに積み込むのはけっこう大変で、一番かさばるアッパーカウルを助手席に入れて

AUDI TT 隼外装積み込み

タンク、シートカウル、アンダーカウルはトランク。

AUDI TT 隼外装積み込み

けっこうギリギリ。

フェンダーや外したテールランプや燃料ポンプ、タンクキャップは助手席の足元です。

家に帰った時にはもう暗くなっていて、暗い所で作業をするとろくなことがないので、とりあえずアンダーカウルだけ降ろして、まずはいつものようにステッカーの貼り込みです。

これが塗りあがった状態。

隼 アンダーカウル

今回はラジカルのロゴはグレーで入れてもらいました。

そしてステッカーはいつものように2Cさんに頼んでおいてありました。

まずは位置決め。

スポンサーステッカー

買ってあったやつも合わせてけっこうピッタリ埋まりました。

それから霧吹きで水を吹いて貼っていきます。

できあがりはこんな感じです。

スポンサーステッカー

マシンに装着は明日のお楽しみです。


FC2Ad