MOTORCYCLE DIARY

のがたひろおのバイクな日記

海外通販でタンクバッグを買ってみました

以前にヤフオクで買った激安タンクバッグは大容量だし、見た目も悪くないし、それなりに気に入ってるんですが、さすが中華だけにマグネットの入ったフラップが微妙で、いい位置にセットできないのとレインカバーが付いていないのとで、ちょっと不満があったんです。

ヤフオク タンクバッグ

でも日本製のタンクバッグってみんな四角くてかっこ悪いし、そもそも今はシートバッグが主流であんまり売ってないし、ちょっといいなっていうのがあると外国製でオーバー2万円だったりします。

でも前々からYouTubeで外人さんのレビューを見ていて、これいいなってタンクバッグがあったんです。

そんなわけで海外通販で買ってみようかなと思って、まずはアメリカのamazon.comを見てみました。

値段は86ドルぐらいで送料のチャートを見るとだいたい30ドル~50ドルだから、日本製のタンクバッグを買うのとそんなに変わらないし、レジに進んでみると合計が2万3765円になってます。

え?と思ってよく見てみたら「送料&手数料」が14,709円になってます。

amazon

チャートでは送料が30ドルだったから1万円が手数料ってことですか?

9,000円の商品買うのに送料と手数料で15,000円も払いたくないのでキャンセルしました。

そんな時、以前にヘルメットネタの時に、ハヤブサエマージさんがセカイモンってサイトで安く買えると教えてくれたことを思い出しました。

セカイモンっていうのはe-bayの商品を落札&日本への発送を代行してくれるサイトで、そこで見てみたら商品代金とセカイモンの手数料と送料で14,000円ぐらいだったので購入してみました。

セカイモンまでの郵送と、セカイモンでの仕分けで1週間以上かかりましたが、セカイモンから発送の連絡が来てから2日で届きました。

国際宅急便

日本の税関と宅急便てどんだけ仕事が早いんでしょう。

ちなみに以前に東京税関に見学に行ったら、最近は通関業務は24時間やってるそうです。

で、届いた商品はこんな感じ。

Rapid Transit Recon 19

Rapid TransitのRecon 19というタンクバッグです。

さっそく隼に装着してみました。

Rapid Transit Recon 19

あつらえたようにピッタリの大きさで、磁石がものすごく強力ってわけではないのにしっかり固定されます。

いい形状なので跨ってみてもかなり感動的なレベルで邪魔になりません。

Rapid Transit Recon 19

上部にはスマホポケットもありますが、いまだにガラケーのぼくには必要ない装備です。

一見コンパクトに見えますがペットボトル2本入れてみても全然余裕です。

ペットボトルを入れてみた

14,000円と言えば、ぼくにとっては清水の舞台から飛び降りるレベルの買い物ですが、これはかなり満足できる買い物でした。


スポンサーサイト

たまには乗らないと

梅雨時だからバイク関係のブログはどこもあんまり更新されてませんが、ぼくも例外なく書くネタがありません。

奥さんは突然CBRに乗るって言い出して、相変わらず「ヘルメット買わなきゃいかん」とか言ってて、今日もこっそりカバーを開けて覗いたようで「ウィングマークのヒールガードはどうしたんだ?私が乗る時は戻せよ。」と言ってます。

でもいつになるかも分からないので、とりあえず腐らないようにちょこっと乗ってきました。



それにしてもこの頃のレプリカバイクって凄いですよね。

24年も前のバイクなのに、あんまり不足に感じるところがありません。

サスやブレーキをもっと本格的に手を入れたら、今のマシンよりいい物ができそうです。


RONAX 500

YouTubeの関連動画でこんなのがありました。



なんとドイツのメーカー(?)がまんまNSR500を作っちゃって、46台限定で売り出すそうです。

46と言えばロッシですが、ロッシの乗ってたこれを作っちゃったみたいです。

NSR500

実車はこんな感じ。

RONAX 500

2ストロークファンじゃなくても欲しいですよね。

ちなみにお値段は10万ユーロ(1,360万円)。

ワークスレーサーは1台1億円と言われてたから、安いと言えば安いです。

ぼくがITバブル社長だったらヘラーリなんか買わずにこっちを買いますね。

でも妄想ですら「こっちを買うためにこっちは我慢」みたいな思考がそもそも貧乏人なんですけど・・・


今年初の

今日は仕事がキャンセルになったので、せっかく天気もいいし、今年初の金運神社に行ってきました。

金運神社

そして毎度毎度のおみくじ。

大吉

なんと大吉!

いつもは金運神社に行って、御殿場の二の岡ハムに行くんですが、今日はちょっと足を伸ばして富士山五合目に行ってみることにしました。

途中、富士吉田の道の駅で「信玄餅の味を完全再現」というキャッチコピーに目が留まってつい買ってしまいました。

信玄ソフト

信玄ソフト。

確かに完全再現・・・、でも同じ味だから美味しいというわけでもなく、やはり信玄餅は餅だから美味しいんじゃないかと思います。

そして御殿場側から富士山に向かいます。

けっこうガソリンがやばかったのでそろ~りと登って五合目に到着。

のがた号

でもガスってて何にも見えませんでした。

富士山五合目

富士山五合目


例によってまた動画作りました。




ウィンカー スモーク化

前々からシートカウルのダクト内に収めたウィンカーが妙に目立っているのが気になっていたんですが、ヤフオクでスモークシートというのを売っているのを見つけて、これでリアウィンカーをスモーク化することにしました。

シートはだいたい2,000円~2,500円で取引されてるんですが、ズーマー テールランプ用というのが700円ぐらいであったのでこれを落札してみました。

届いてみたら・・・

スモークシート

えらいデカイ箱に、巨人が乗る巨大なズーマーのテールランプ?ってぐらいの量のシートでした。

これならいくら失敗しても大丈夫なので安心して作業開始です。

まずは適当な大きさにカットして

スモークシート

液晶に貼ってあるようなフィルムを剥がして

スモークシート

伸ばしながら貼っていきます。

スモークシート

もっと高いやつは簡単に伸びるのかもしれないですが、けっこう力を入れて思いっきり引っ張らないと伸びません。

ケチケチしないでもっと大きく切った方が伸ばしやすそうです。

あまった部分はどうせ見えない所だし、剥がれ防止に裏側まで引っ張ってからカットして、シートカウルを装着。

のがた号

これはライトスモークなんですが、写真で見るより色が薄くて、イマイチ満足な出来ではないですが、まあ、多少はウィンカーが目立たなくなったので良しとしましょう。

念のためにウィンカーの点灯確認。

のがた号 ウィンカー点灯

ライトスモークだから当然ですが、ちゃんと明るく見えるからOKとしましょう。

・・・でも大量にあまったシートはどうしよう・・・・