MOTORCYCLE DIARY

のがたひろおのバイクな日記

ツーリングの動画

絶景ツーリングの動画を作りました。




スポンサーサイト

ひとり旅

恒例のひとり旅に行ってきました。

今回は群馬から長野の絶景ワインディングを巡る旅です。

妙義山

めがね橋

雷雨

牧場


詳しくはWEB


純正部品でリフレッシュ

群馬で前々から気になっていた所があったので、純正部品を注文しました。

スズキ純正部品

まずはこれ。

なんだか分からないゴムの部品

エアクリーナーボックスの底に付いてる何だか分からない装置に、まったく用を成してない何だか分からないゴムが付いてるんですが、いろいろネットで見ている時にこれが何かのフィルターだということ発見しました。

そんなわけで新品に交換しました。

なんだか分からないフィルター

本来はこのように網だかスポンジだかが入ってるんですね。

続いてこれ。

Oリング

キャブとエアクリーナーボックスの間に入るOリング。

今までのはゆるゆるのガバガバだったんですが、新しいのに換えたらエアクリーナーボックスがギュッとはまるんですね。

それからこれ。

アイドリングアジャスター

アイドリングアジャスターのねじ山が潰れかけてたので新しくしようと思ったら、これはもう廃盤になってました。

でもパーツリストを見ていたら本来あるべきバネがないことに気が付いたので、とりあえずバネだけは注文して入れました。ちなみにさっきのOリングはこの写真に写ってるOリングです。

それから先日、いろいろな方にアドバイスをいただいたインシュレーターのバンドを再度チェック。

ゆるくてエアを吸っていたのではなく、きつく締めすぎてインシュレーターが波打っていた所からエアを吸っていたようで、バンドのネジを緩めたらちゃんと回転がアイドリングに落ちるようになりました。


ハヤブサ本

先日のがた号が取材されたハヤブサ本が本日発売されました。

↓ 興味のある方はこちらからamazonのページにリンクしてます。



ちなみに定価1300円 + 税 というのはひょっとして1300ccだから?

とりあえず買いましたが、1300円出す価値があるかと聞かれると・・・、う~ん。

でものがた号の写真はきれいだからいいや。

えい出版 SUZUKI HAYABUSA

それから後ろの方のページでハヤブサ乗り集合!っていうページがあるんですが、そこでこんな隼を発見。

パクリ

なんか見覚えのあるデザイン・・・

今、ore-summerの手に渡った黄色バージョンを参考にしたんでしょうな。

ちなみにあの黄色バージョンはore-summerの他にもう1台、ハイライトでまったく同じに塗ったやつがあるらしいです。


のがた号 動画

最近のがた号ネタがあんまりないので動画を作ってみました。




インシュレーターのバンド

昨日、群馬の回転が3,000rpmぐらいから落ちないということを書いたら、コメントでアナベル加藤さんという方がエアを吸っているっぽいと教えてくれました。

ということでさっそくインシュレーターのバンドを締めました。

でもVJ23のインシュレーターのバンドって、本来はどうやって締めるものなんでしょう?

VJ23 インシュレーター バンド

アナベルさんに言われたように締めてから無理やりキャブを突っ込みましたが、これって本来の締め方じゃないですよね?

初めて群馬のメインジェットを換えた時も、このバンドの締め方が分からなくてタナハシに来てもらいましたが、タナハシは自作の50cmぐらいある長~い六角レンチを持ってきてました。

腐ってもレーサーレプリカ。こんなに整備性が悪くていいんでしょうか?


群馬のセッティング後

先週、セッティングしていい感じになったと思った群馬ですが、アクセルをあんまり開けないで走ってると信号待ちなどでアイドリングが3,000rpmから落ちなくなってしまいました。

まあ、前からたまにその症状は出てたので、あんまり気にしないことにしました。




都内オートバイ駐車場 MAP 2014

用事があって区役所に行ったらこんなものがありました。

都内オートバイ駐車場 MAP 2014

都内オートバイ駐車場 MAP 2014

A6サイズで普通に地図としても使えてなかなか便利そうです。

都内オートバイ駐車場 MAP 2014

でも持って帰ってきてよく見ると、池袋、新宿、渋谷、六本木などの大都市部を除くほとんどが見開きページに1ヵ所か2ヶ所しかなくて、こんなたいそうな地図にする意味はあるのだろうか?と思ってしまいます。

CIMG0290.jpg

しかも最初の方にはこんなページが。

CIMG0291.jpg

「1回の反則金は駐車場利用の約100回分に当たるので、お金を払って駐車場を利用することは決して損ではありません。」なんてグラフまで使って訴求していますが、見開き1ページで駐車場が1ヶ所しかないような状況で単純に金額だけを比較するのはどうなんでしょう?

ちなみに発行は公益財団法人 東京都道路整備保全公社という所。

最近あんまり騒がれないですけど、きっと国土交通省とか警察とかの天下り先なんでしょうね。


トライアンフ




皮ツナギ

そういえば何年も着てないけどどうなったかなと思って、物置から皮ツナギを引っ張り出してきました。

もう何年も着てないから皮が縮んでしまうという、おっさんライダーを襲う怪現象で、もしかしたら着れなくなっているんじゃないかと心配でした。

隼 もてぎ

ツナギを出してみるとだいぶカビ臭くて、皮もカサカサしてるような気がします。

足を入れてみると「え、上まで上がらない?」って感じでしたが、入ってしまえばそんなにきつい感じでもありません。

そして問題の上半身。

「え、もしかして前が閉まらない?」って感じでしたが、これもなんとかクリア。

セクレテール

いや、確かにきつくはなってるんですが、フルオーダーで作っただけあって体型に合ってるから、着てしまえばぜんぜん普通です。

ちなみに胸の辺りに比べると腹の辺りはチャックが引っ張られて見えるとか、そういう突っ込みはなしでお願いします。


雑誌の取材

なんでもライダースクラブのエイ出版社がハヤブサ本を出すそうで、今日はのがた号の取材でラジカルに行ってきました。

ラジカルはアクスルシャフトの取材なんですが、その前にぼくと雑誌屋さんはのがた号の写真を撮りに河原に向かいました。

でも出るときに内海さんが「アクスルシャフトが錆びてるから交換しよう!」と、新しいのに付け替えました。

ちゃちゃっと交換して河原に向かったんですが、乗った感じがちょっと違って、乗り味も固くなった感じがしました。

後で聞いてみると、ぼくの付けてたアクスルシャフトは試作品で、メッキ加工もしてないし、焼き入れも熱処理屋じゃなくて内海さんが適当にやったものだから硬度が違うみたいです。

製品版は加工業者がちゃんと設定した硬度になるように厳密にやっているそうなので、これが本来のクロモリアクスルシャフトの性能みたいです。

で、取材はこんな感じ。

撮影から取材までひとりでやらなきゃいけないそうで、雑誌屋さんも大変です。

のがた号 取材

ちなみにおんなじ所からぼくが撮った写真はこんな感じ。

のがた号 取材

続いてバイクの向きを変えて。

のがた号 取材

写真はこんな感じ。

のがた号 取材

後はいろいろ細部の写真を撮っておしまい。

のがた号 取材

後はラジカルでアクスルシャフトの取材なんですが、今日は1日空いてるし、結局、最後まで見学しちゃいました。

雑誌は今月末には発売されるそうなので、みんな買ってね。


恩を仇で返されました

昨日から何度もタンクを外してエアクリーナーBOXを外してキャブを見て、エアクリーナーBOXを付けて、前後のキャブのスロットルバルブの開きを合わせて、タンクを付けて・・・の繰り返しをしていますが、一向に調子が良くなりません。

キャブにエアクリーナーBOXを固定するネジを完全に締めるとスロットルの戻りが悪くなってしまいます。

VJ23A キャブセッティング

でもエアクリーナーBOXを付けちゃうとキャブが見えないのでどういう状況で動きが悪くなっちゃうのか分かりませんが、前後のキャブを連結させてるリンクに何かが干渉してるみたいです。

VJ23A キャブセッティング

キャブをグリグリとインシュレーターに押し込んでみたり、ネジをちょっとずつ締めてみたり、いろいろやってみて、最後にようやく原因が分かりました。

おとといツーリングから帰ってきてキャブを見た時に、ガソリンホースがエンジンに触れちゃってていいのかな~と思って他のホースの上に回してみたんですが、そのせいでガソリンホースがリンクに触れてたみたいで、ホースを元に戻したらちゃんとスロットルが戻るようになりました。

これでひと安心と思ってタンクを付けてたら、スタンドが外れて群馬がこっちに倒れてきて、運悪くステップが足の甲に当たる感じで倒れてしまいました。

おとといから3日も費やして調子よくしてあげようとしているのに、なんたる仕打ち!

けっこう痛かったんですが、見てみたらひどいことになってると怖いので、そのまま我慢して作業して試乗して、パイロットエアスクリューの調整をしてまた試乗して、夕方に部屋に帰ってきて、特に靴下に血や膿が滲んでる様子もないので恐る恐る靴下を脱いでみると・・・

CIMG0237.jpg

・・・多少腫れてるだけで外傷や内出血はなく、足の指も普通に動かせるので骨は大丈夫そうです。

写真だとものすごく腫れてるみたいに見えますが、左足と比べてみたら、ちょっと腫れてる程度です。

群馬は結局、セッティング的にはニードルのクリップを一段下げて濃くして、パイロットエアスクリューを1/2回転ほど絞った感じで、フケは多少重くなりましたが、トルクはちゃんと6,000rpmぐらいから出るようになりました。



リアブレーキ関連いろいろ

外し方が分からなくて放置していたリアキャリパーのパッドピンですが、圧入されてるらしいことが分かったのでハンマーで叩き出して外しました。

ブレンボ 新カニ パッドピン

リアはパッドピンが外れたらパッドがそのまま下に落ちてしまうから、外れないようにするのは分かるんですが、けっこうめんどくさいのでこんなのを買っておきました。

KOKEN パッドピン

最近ブレンボ関連商品を色々出してるKOHKENのパッドピンです。

どうもこのバブル社長的な金色があんまり好きではないんですが、安かったのでこれにしました。

・・・ということで、ようやくやり残していたリアキャリパーの掃除とピストン揉みができました。

キャリパーメンテナンス

パッドピンは装着するとこんな感じ。

KOHKEN パッドピン

あともうひとつ、通販で送料無料にするために買ったものがあります。

オオノスピード リアマスターリターンスプリング

リアマスターのリターンスプリングです。

リアブレーキのスカスカなタッチが気になってて前から欲しかったんですが、これはオオノスピードのものです。

カラーとかは同梱されてないないので、とりあえず手持ちにサイズが合うのがこんな分厚いアルミカラーしかなかったので、とりあえずこれを入れてみました。

これでだいぶ節度のある踏み応えになったんですが、昔ブレンボの4POTキャリパーを買った時にkikkawaおじゃじに「リアブレーキ使わないくせにこんないい物入れてどうすんの!」って言われたことを思い出しました。

いいんです。使わなくてもいい状態にはしておきたいんです。



ツーリングの反省

たばこやツーリングは砂だらけの峠道ばっかりで、隼じゃなくて良かったなんて思ってましたが、軽くて足つきもいい群馬でも怖いことには変わりありません。

でもこの動画を観たら、路面の砂ぐらいでびびってちゃいけないなと思いました。



重たいハーレーでダートトラックを走れるんだから、軽いマシンだったらこのぐらいはやらなきゃいけないのかもしれません。




群馬 キャブセッティング

ツーリングで中低速の力がなくて上りのヘアピンとか失速しちゃったので、昨日帰ってすぐにキャブセッティングをしました。

でもニードルの段数を変えただけなのに、なぜかエンジンがかからなくなっちゃって、何度かやってるうちにニードルのバネが落ちちゃって、やっと見つけた頃には夕方になっていたので、とりあえず今日に持ち越すことにしました。

VJ23A キャブセッティング

とりあえずニードルは元の位置に戻してエンジンをかけると、今度は回転が落ちなくなっちゃいました。

エアクリーナーBOXを付けるとアクセルの戻りが悪くなっちゃうのが原因のようで、セッティングはなんとなく終わったんですが、アクセルの戻りが悪いのは結局直りません。

どうしたらいいんでしょう?


たばこやツーリング

恒例のGWツーリングに行ってきました。

2014-05-04_0020.jpg

今回はのざと闇金とぼくの3人だけになってしまいました。

2014-05-05_0039.jpg

道中、どこを通っても冬の間に使われて滑り止めの砂が残っていて、とてもワインディングを楽しめる状態ではありませんでしたが、それなりに楽しいツーリングでした。

2014-05-04_0008.jpg


詳しくはWEB

ピンチ

今日、仕事から帰ってきたらアウディとのがた号と群馬とCBRの税金と、群馬の自賠責が切れるって案内が来てました。

全部払うとかなりの出費です。

奥さんに言うと「ふ~ん」とCBRの税金すら他人事のようなんですが、突然「ここ2~3日、突然RRちんに乗りたい気分なんだよな~」と言い出しましました。

ドキッ!!

無断で交換してしまったこれや

ライトカバー

これや

NC29 ノーマルステップ

どうしよう・・・

「タイヤって今どうなってんだ?」

「え、お前がGPRがいいっていうからGPRの新しいのに交換してあるぞ、リアは160にしちゃったけど。」

「次は純正サイズに交換しろよ。」

「はい・・・」

タイヤを同銘柄で1サイズ太くしただけでこれですから、バックステップに交換したなんて、ましてやあの市松模様のマスクも交換したなんて言ったら・・・

どうしよう・・・

ブルブルブル・・・・

FC2Ad