MOTORCYCLE DIARY

のがたひろおのバイクな日記

CX500

先日ビラーゴがカフェレーサーのベースに人気だということを書きましたが、他にも「え、こんなバイクが?」というのをみつけました。

ホンダのCX500です。

CX500とはGL400の輸出モデルですが、アメリカンバイクのGL400カスタムじゃなく、ヨーロピアンバイクのGL400です。

GL400カスタムがかっこいいと前にブログに書いたことがありますが、ヨーロピアンの方は当時からどうしてもかっこよく見えませんでした。

ちなみにこんなのです。

GL400

でもこれって実にホンダらしいバイクで、縦置きVツインなんですが、キャブがライダーの膝のあたりに来て邪魔にならないようにシリンダーを捻ってキャブをタンク下に収めてるんです。

だからカムチェーンで駆動させられなくなっちゃったものだからOHVにせざるを得なかったんですが、高回転が苦手なOHVを10,000回転まで回せるようにしちゃったんです。

ホンダはインテグラの開発の時にアコードの2.2リッターエンジンをベースにしたら、ロングストロークエンジンになっちゃって、それを無理やり回せるようにしたらピストンスピードが当時のF-1並になっちゃったなんて話もあって、そういう町工場的な行き当たりバッタリな開発姿勢は昔から変わってないようです。

で、前置きが長くなっちゃったんですが、そんなGL400の輸出モデルのCX500をカフェレーサーにすると、こんなにかっこよくなっちゃうんです。

CX500カフェレーサー

CX500カフェレーサー

CX500カフェレーサー

次にバイクを作るとしたら絶対カフェレーサーだなと思ってしまいます。


スポンサーサイト

天気がいいから

今日は天気がいいから墓参りに行ってきました。

と、その前に・・・

ラジカル インナーバッフル

突然思い立ってインナーバッフルを入れました。

これ、調整式なんですが、元々かなりうるさいマフラーなので、全閉にしてもうるさいんですが、それでも角が取れて丸くなるというか、耳障りな雑味が消える感じになります。


で、これはいい感じの並木道のようですが、両側はお墓が並んでいます。

GSX1300R 隼 のがた号

お墓はいい季節になってきたものだから、雑草が生えまくっていて、雑草抜いて花を供えて、線香あげてきました。

墓地には似合わないマシンですが、少しは静かにしてきたので大目に見てください > じいちゃん、ばあちゃん。


外し方が分からない

最近すっかりのがた号を放置プレーなので、先日の群馬に引き続きキャリパーの掃除をすることにしました。

まずはリアから。

が、しかし・・・

パッドピンが外れません。

ブレンボ リアキャリパー

Cリングが入っているのか、頭の部分が取れるようになっているのかよく分かんないんですが、パッドピンの外し方が分かりません。

そういう場合は見なかったことにして、そのまま戻してやり慣れてるフロントをやることにしました。

まずは清掃。

最近新しく切り替え式のホースヘッドを買って、シャワーにするとめちゃくちゃクリーミーに泡立ちます。

キャリパーメンテナンス

泡立ちすぎるとむしろ掃除しにくいんですけど・・・

そしてピストン揉み。

キャリパーメンテナンス

ダストシールの入ってないデカブレンボの頃はこれをやるといい具合になったんですが、ストリート用だとやってもあんまり変わりません。

パッドをチェックしてみたら、サーキットを走ってないからパッドがちっとも減ってないです。

昔はパッドの減りに泣かされていましたが、減らなきゃ減らないで、これもまたつまらないもので、何年か前にメタリカのパッドを買ったのに、いまだに交換できなくて悲しいです。


ビラーゴ

なんでも今度のツーリングで、のざはオフ車がラストランだそうです。

トライアンフも近々売りに出しちゃうらしく、なんか新しいの買うのって聞いたら、いや、もうあるんです、ビラーゴが。って言うんです。

ビラーゴってこれでしょ?

XV750 Virago

思わず「え?」って言っちゃいました。

でもビラーゴって外国ではカフェレーサーのベース車に人気で、こんなにかっこ良くなっちゃったりするんで、実は以前からこういうのもいいな~って思ってたんです。

ビラーゴ カフェレーサー

ビラーゴ カフェレーサー

ビラーゴ カフェレーサー

でもビラーゴってシャフトドライブだからホイールの選択がほとんどなくて、同じようなバイクでTR-1っていうのがあって、こっちだとチェーンドライブだからホイールの選択肢は広がります。

TR-1

でも結局みんな似たようなのを作っちゃうみたいですけど。

TR-1 カフェレーサー

TR-1 カフェレーサー

果たしてのざのビラーゴはどんなになるんでしょうか?


群馬 キャリパーメンテ

以前から群馬を押すとリアからキコキコ音がしていたので、せっかくローターも換えたことだし、キャリパーのメンテナンスをすることにしました。

片押しのキャリパーなんてどうなってるのかよく分からないんですが、とりあえず外してみると、おそらく新車の時から一度もメンテをしていないんじゃないかって感じです。

VJ23A リアキャリパー 清掃

とりあえずドブ漬けして、歯ブラシでゴシゴシ洗いました。

VJ23A リアキャリパー 清掃

乾かしている間に、ついでだからフロントもやりました。

フロントはほぼ未使用のダエグのキャリパーなので、それほど汚れてませんがとりあえずドブ漬け。

VJ23A フロントキャリパー 清掃

フロントの掃除が終わったら乾かしてる間にリアのキャリパーです。

可動部にグリスを塗って、ピストンはメタルラバーを吹いてピストンを揉みます。

VJ23A ピストン揉み

あんまり考えずにバラしたのでパッドピンとかどこにどう入れるのかよく分からなかったんですが、なんとか組みあがりました。

フロントも同様にピストン揉んで終了。

通常だとパッドスプリングなんて外しちゃうんですけど、群馬でサーキットを走るのは諦めてないので、とりあえず付けておきました。

リアがキコキコ言うのも直って作業終了です。


群馬 ローター交換 2

今日はプラスミューに行ってきました。

プラスミュー

実は以前、プラスミューの本橋さんにローターが歪んでるっぽいんだけど・・・って聞いたら、ノーマルのかしめを外してフローティングピンに交換するといいらしいと教えてくれたので、それで先週、落札したローターを持っていったんです。

できあがったローターはこんな感じ。

プラスミュー フローティングピン

本橋さんは車体が赤だから赤がいいんじゃないかって言ってたんですが、チェーン引きやフォークのトップと合わせて紫にしました。

ちなみにガンマのローターは4mm厚ですぐに歪んじゃうんですが、ピンをフローティングに換えるとかなり改善されると、最近閉店したらしいガンマのスペシャリストのモトガレージヨコヤマからよく注文が来てたらしいんです。

それでものは試しにやってみたんですが、フローティングピンて1個600円でも左右で18個もあるから、えらく高い中古ローターになってしまいました。

使用前がこんな感じで

VJ23A ローター加工前

使用後がこんな感じ。

VJ23A ローター加工後

だいぶスペシャルパーツっぽくなりました。

乗ってみるとブレーキをかけた時のブルブルや、停車の時の効きムラはなくなりました。


FC2Ad