MOTORCYCLE DIARY

のがたひろおのバイクな日記

隼のクラッチ 2

昨日のブログの続き

08以降の隼はスリッパークラッチになってるらしいということで、それだったらのがた号にも流用できないかな~と思って調べてみました。

海外のサイトを見てみると、新型の隼は Hydraulically Actuated Slipper Clutch を採用したとスズキのサイトにも書いてありました。

なるほど。

本当にスリッパークラッチが入っているようです。

でも油圧で作動するスリッパークラッチってどんなのなんでしょう?

クラッチの説明の所にはこんな図がありました。

隼 油圧スリッパークラッチ

ん?

これってもしかしてクラッチレリーズ?

この Hydraulically Actuated というのは、どうも油圧式のクラッチのことを指してるようです。

ぼくも昔は某H社の海外向けカタログとかを作っていたのでなんとなく分かるんですが、翻訳者やコピーライターがメカのことをあんまり知らないとこういうことが起きてしまうんです。

V-○ECの説明の所でカムホルダーが新しい鋳造技術で作られているってことを大きく取り上げちゃって、まあ、その時は研究所のチェックで「これって私たちにとってはすごい技術なんですが、そんなの車を買う人にとってはどうでもいいことなんで、それだったらむしろメッキシリンダーのことを書いてください。」と指摘を受けたんですが、たぶんそういうことなんじゃないかと思います。

そうなると、この Slipper Clutch というのもなんだか怪しく思えてきます。

・・・ということでネットでパーツリストを見てみました。

まずこれが99-01。

隼 99-01クラッチ

そしてこれが02-07。

隼 02-07クラッチ

何が変わったかというと、昨日のブログにも書いた通り、クラッチレリーズが径の違うものになったのと、昔のスズキ車のクラッチにも入ってた2本のリングが追加になって、その分、その隣に来るクラッチ板の形状が変わってます。

ちなみに99-01のクラッチスプリングとスプリングサポートとボルトは廃盤になって、02以降と共通になってます。

そして問題の08。

隼 08クラッチ

見た所、あんまり変わってないんですが・・・

パーツ番号を調べてみると、07から更に変わっている所って、その2本のリングと変更になったクラッチ板が更に変わったのと、クラッチレリーズが変わってダストシールがゴムからネジ留めのプレートに変わっただけ。

そうなんです。ハブとかクラッチ板とか、ほとんどの部品が99と同じなんです。

なんだかがっかりしたような、ホッとしたような、不思議な気持ちです。

そんな訳で、のがた号は02以降仕様にするか、フンパツして社外のスリッパークラッチにするかというチョイスになりました。


スポンサーサイト

隼のクラッチ

初期の隼って回転を上げてクラッチをミートするとストールしちゃって、当時、隼で草レースとかに出る人ってけっこういて、これがけっこうみんなの悩みの種でした。

だからレースのスタート時でも街乗りみたいに、2~3,000回転でクラッチを繋いでから全開にするんですが、どうしても焦って回転を上げちゃって、結局ストールして最後尾スタートというのが定番でした。

1年ほどすると海外で「これは隼のバックトルクリミッターが原因でバックトルクリミッターを殺しちゃえばいいだ」ということが分かって、簡単にバックトルクリミッターを殺せるパーツがいろんな所から出てきました。

それでぼくも海外から取り寄せてヤフオクで売ってたんですが、どうも日本人には付いてる機能を殺すというのが受け入れられないのか、細々としか売れませんでした。

バックトルクリミッター キャンセル

これを入れると半クラも使いやすくなるし、加速感もダイレクトになるし、けっこういいパーツだなと思って、ぼくはずっと使ってたんですが、これを入れるとクラッチのミートポイントが近くなっちゃって、クラッチレバーをものすごく遠くにしなくちゃいけなくなるのと、強化クラッチスプリングのため、クラッチが重くなってしまいます。

そんなある時、何年からかは忘れましたが後期の隼はクラッチレリーズにダストシールが付いてるという情報を聞いて、さっそくレリーズを後期のものに換えました。

・・・というのも、初期の隼はしばらく乗ってるとクラッチレリーズの裏側にチェーングリスや汚れがこってり溜まって、最悪、クラッチが切れなくなってしまうというトラブルがあったんです。

それで交換してみるとクラッチがますます重くなって、スズキもこっそりストール対策でクラッチ関係はいろいろ対策パーツに変えてて、どうやらレリーズも径が変わっているようでした。

それから何年かして、なんとなくバックトルクリミッターをキャンセルするリングだけを取ったらどうなるのかな~と、ふと気になって取ってみました。

ちなみにクラッチスプリングはそのままなんですが、同梱のスプリングはこんなに長いんです。

MPS バルブスプリング

スプリングはそのままだと回転を上げ気味でクラッチミートさせてもストールはしないんですが、レバーは相変わらず遠くしてないとダメでした。

それで最近このレバーの遠さが気になって、後期のパーツを使ってノーマルに戻すかな~なんて思ってるんですが、新型はスリッパークラッチになってるって話もあるし、新型のクラッチでも入れてみようかな~と悩んでます。

でも、旧型でさえバックトルクリミッターじゃなくてスリッパークラッチだと言ってる人もいるぐらいだし、本当にスリッパークラッチになってるんでしょうか?

・・・ということで調べてみました。


続く


お祓いMT

今週末は仕事がなかったので、隼方面で毎年恒例のお祓いMTに行ってきました。

ぼくは初詣は地元の氷川神社、酉の市は新宿の花園神社、あとは年に数回の富士山金運神社と、神頼みはあっちこっちでしているのでお祓いはパスして、お祓いの後の2りんかんだけ参加してきました。

2りんかんMT

2りんかんMT

でもなんか今年は台数が少ないです。

うろうろしてるとごっちさんのX-1がありました。

X-1

その隣はなぜかバイク便みたいな箱を付けたヨシムラカラーの隼がありました。

ヨシムラカラー 隼

このバイクでバイク便をしてるのかと思ったら、愛犬を乗せてきているようです。

ちなみにこの外装は6万円の中華だそうで、タンクは純正に被せるだけなんだそうです。

こちらは浜松の時は黒銀だったR1000テールの隼。

ピンクの隼

オーナーは女性のようです。


あんまり参加者もいないし、そろそろ帰ろうかと思っていたらアメリカンな派手派手軍団がやってきました。

こちらはMTでちょくちょく見かける黒人さんのマシン。

CIMG0009.jpg

CIMG0010.jpg

随所にルイヴィトンのモノグラムが。

あとはこんなのとか

CIMG0011.jpg

こんなのとか

CIMG0012.jpg

こんなのとか

CIMG0013.jpg

こんなのとか

CIMG0015.jpg

最近っぽいのを見るとこういうのはなんとなく前時代的な感じがしてきます。

のがた号

ロードレースっぽいのはもう時代じゃないのかもしれません。


元旦ツーリング

去年はあんまりバイクに乗らなかったので、今年は心を入れ替えるべく、元旦早々ツーリングに参加してきました。

トンボさん企画で毎年恒例のツーリングらしいんですが、ぼくは今回初めて参加しました。

行き先は九十九里の方らしいですが、初日の出を見るんじゃないので9時に京葉道の幕張PAに集合なので7時半頃に家を出ました。

京葉道に入ると後ろから赤いMINIがえらいスピードで抜いて行ったので、今回はMINIだし、と思って直線で抜いたんですが、その先のコーナーで抜かれて、新年早々ちぎられました。

京葉道なんて道を知らないし、8時すぎとはいえ路面温度は低いからコーナーは怖いし、と心の中で言い訳してみました。

2014-01-01_0003.jpg

そんなわけで幕張には早く着きすぎちゃったんですが、すでに夕焼けさんととうしろうさんが来てました。

そしてまったりしていると次々に集まってきました。

このメンバーは元々は隼に乗ってた人たちなんですが、何年かぶりで会ったらBMWとかドカッティになってました。

当時ニンジャに乗ってた人が08隼に乗り換えて、かろうじて隼は3台になりました。

しばらくまったりした後、目的地に向かいました。

2014-01-01_0014_2014010118560553b.jpg

とりあえずはとっくに日が昇った海岸に行きました。

2014-01-01_0009.jpg

ここでは日の出前に餅つきをするそうで、巨大な鏡餅が供えられてました。

2014-01-01_0005.jpg

脇を見ると新年の抱負を書くボードが立てられてたんですが、こんな切実な願いもありました。

2014-01-01_0007.jpg

そして道を挟んだ「まるに」という食堂に行きました。

2014-01-01_0011.jpg

ここは焼き蛤が名物のようで、みんな焼き蛤定食にしてました。

2014-01-01_0013.jpg

12時には食事も終わり、京葉道のPAで解散。

2014-01-01_0014.jpg

2時ぐらいには家に帰ってこれました。

皆さんおつかれさまでした。

FC2Ad