MOTORCYCLE DIARY

のがたひろおのバイクな日記

意外な所に意外な物が・・・

夏に三重に行った時から、そろそろ12SRも換え時なのかな~なんて思っていて、時々Goo netとかカーセンサーとか見てたんですが、どうもこれだという車がありません。

それで車種を限定せずに上限を100万円にして検索してみると、軽自動車とかコンパクトカーに混ざって意外な車がありました。

アウディTTです。

昭和の生まれのぼくにとって外車というのはなんだか遠い存在で、今となっては国産と大差ない値段ですが、それでも庶民は外車なんかに乗っちゃいけないってイメージがあって、今の今まで、考えてもみませんでした。

先日もスイフトスポーツを見にスズキのお店に行って「外車とかは候補に入れないんですか?」と聞かれて、「外車?興味ないです(キッパリ)!」なんて言ったばかりなのに、すっかり候補の最上位に来ちゃいました。

でも安いとは言っても年式が年式だし、手が届きそうなのはかなり走行距離が行ってるし、それでわりとヨーロッパ車に詳しい内海さんに聞いてみました。

すると「え、TT?荒谷んとこにあるよ。中古車屋から預かってるらしいよ。」と。

え、そんな身近に?

・・・ということで早速先週の連休明けに行ってきました。

エクステンション

なんでも、昔ぼくがサーキット走行会を主催していた時に来たこともあるMOTULのK氏が、今は中古車屋をやってて「左ハンの6MT車なんて買うやついね~よ」って、置き場所もないし車検切れるまで乗ってていいよって置いてったらしいんです。

それがこれ。

AUDI TT

AUDI TT

もっとボロいのを想像していたら、さすが外車だけあってきれいだし、ワンオフのチタンマフラーが付いてます。

「あいつ知ってるでしょ?今、電話しといてあげるから、行って直接交渉してきなよ。」って電話してくれたら、近くにいるということで、10分ぐらいで来てくれました。

なんと言うタイミングの良さ。

たまたま内海さんにTTが欲しいって話をしたら、たまたまエクステンションにあって、行ってみたらたまたまK氏が近くに居て・・・。

いつかはまた左ハンのMTに乗りたいと思ってたし、FFでもいいやって思っていたらクワトロだし・・・。

これは出会い以外の何物でもありません。

ヨーロッパの番組とか見ると大して速くないって言ってましたが、試乗させてもらったら、これがけっこう速いんです。

内海さんもヨーロッパ車は10万kmぐらい全然平気だって言ってましたが、この車、9万8,000km走ってるんですが、なんかシャキっとしてるんです。

湾岸ミッドナイトで高木が外車はボディがいいって言ってましたが、確かにそんな感じです。

湾岸ミッドナイト

マフラーが爆音なのが気になりますが、すっかり気に入ってしまって、ほぼ即決状態。

値切ったら「じゃあマフラーはノーマルに戻していい?」って言われて、願ったり叶ったりです。

近日中に代車を用意してくれて、そうしたらまず12SRを売って、それからになるので、納車はまだ先になりそうですが、なんだか棚から牡丹餅的に外車オーナーになってしまいました。


スポンサーサイト

通勤の準備

3連休の初日、人様が遊びに行く時はぼくの仕事の日。

今日は都内の現場だったのでバイク通勤です。

群馬は下を薄くしてたのが、季節が変わって薄すぎになっちゃったので今日はCBRです。

帰る時に気が付いたんですがブレーキランプが点きません。

リアを踏めば点くので球ではなく、コネクターも外れてないし、どうやらブレーキスイッチが壊れているようです。

マスターもあんまり調子よくなさそうなので、そのうち気が向いたらマスターを買うことにして、とりあえず明日は群馬で通勤しなくてはいけないので、帰ってきてからキャブセッティングです。

VJ23 キャブセッティング

パイロットエアスクリューを1/4絞めてみました。

どうせだからとのがた号の作業もすることにしました。

実はHIDがHiにすると暗くなってしまって、昨日、夜のワインディングを走りながらふと思いました。

もしかしてバーナーを上下逆に付けてしまったのでは・・・

上下逆とか表裏逆とかよくやってしまうんですが、見事に的中。本来だったら上下逆になんか付かないはずですが、さすが中華クオリティ。

ちゃんと装着したら見事にハイはハイ、ローはローになりました。

のがた号 HID

ぼくの夜間の作業場は古き良き街灯の下なので、老眼の目では良く見えないですが、ライトの作業はその場で光軸の調整もできるから便利です。

AZのリチウムイオンバッテリーも今の所は問題ないというか、走っても調子よく感じるし、55WのHIDを点けたり消したりの作業でも全然問題ないし、なかなかいいかもしれません。


ステーキ

例によって内海さんが「ステーキ食べに行こうよ~」と言い出したので行ってきました。

今日は環八がやたらと混んでいたのでまずは海老名で休憩。

のがた号@海老名

3時半頃にラジカルに到着して、よっぽどステーキが食べたかったのか内海さんはさっさと店じまい。4時にはラジカルを出発しました。

まずは国府津で休憩。

国府津

ふとのがた号を見ると、あ゛~っ!

クイックファスナーが

クイックファスナーが1個ありません。

が~ん、家を出る時はあったのに・・・


気を取り直して出発。

今日は箱根新道を上がって伊豆スカ通るルート。

今度は亀石で休憩。

亀石

平日の夕方だから人っ子一人いません。

そして冷川から冷川峠を通って伊東に向かうんですが、冷川峠を通る頃にはあたりは暗く、細くてくねくねしている上に路肩には枯れ葉で、いつもの事と言えばいつもの事ですが、萎えました。

そしてCOWBOYSに到着。

COWBOYS

例によってステーキの写真を撮るのを忘れて、がっついて食ってしまいました。

帰りは海沿いを通って小田厚→東名で一気に帰ってきました。

隼V8エンジン

今日マツダディーラーに12SRの定期点検に行ったらライダーズクラブが置いてあったので見てたら、青木 宣篤と宮城 光が隼の対談をしてて、青木選手の愛車(初期型の隼)はフルノーマルなのかと思ったら、インテークバルブとクランクを新型の隼の物に換えてあるって言ってました。

それで「あれ、新型の隼ってストロークアップで排気量が上がってるんだっけ?」と思って「ハヤブサ ボア ストローク」で検索したらこんなのが出てきました。

存在自体はずいぶん昔から知ってたんですが、隼のエンジンをニコイチにして四輪用のV8を作ったところがあって、今では普通に市販しているようです。

HARTLEY ENTERPRISES

2.6リッターNAで400PSぐらい出てるそうです。

hayabusa v8

たまたま検索に引っかかったブログでは「極めて軽量コンパクトでありながらパワーと耐久性を備える、ある意味最強の選択肢。3リッター未満ではライバルは存在しないと言えるほどの優秀さです。」と言ってます。

バイクに乗っていると麻痺して分かりませんが、四輪しかしらない人にとっては、恐ろしく軽量コンパクト(2.6のV8でL28の半分以下の重量)で、10,000rpm回って、しかも壊れないというのは驚愕のエンジンみたいです。


で、話は戻るんですが、青木選手のそのチューニングメニュー、なかなかマニアックでけっこう気になります。


台風一家

大型の台風18号も三陸沖の海上に抜けたようで、うちの方は奥多摩の方を通過していたお昼ごろには雨も止んでいたし、関東直撃!っていうほどの感じでもありませんでした。

夕方には台風一過の夕焼けで、せっかくだから我が家の台風一家に火でも入れてやるかと外に出ました。

のがた号は先日の雨乞いツーリングに行ったし、この前バッテリーを交換してちょこっと乗ったけど、群馬とCBRは三重に行く前に通勤で乗ったきりなので2ヶ月近く放置プレー。

たまにはエンジンかけないと腐ってしまうし、またバッテリーが死んでしまったら年間バッテリー購入記録を更新することになってしまいます。

まずはCBR。

恐る恐るイグニッションをONにするとインジケーターは点くけどライトは点きません。

・・・あ、CBRはヘッドライトスイッチが付いてたんでした。

そしてチョークを引いてセルボタンを押すとセルは元気に回り、数回のトライでエンジンがかかりました。

CBR400RR

何年も前に1,000円で買った無名の中華バッテリーですが、なんかこのバッテリーが一番優秀なような気がします。

ガラ空きの環七をちょこっと走って帰ってきました。

なんとなく中低速の吹けが悪いような気もしますが、こんなもんだったんじゃないって言われれば、そうだったかなって程度。

続いて群馬。

こちらもセル数回でエンジンに火が入りました。

RGV250Γ

下を薄くしてあるから暖まるまで走らないんですが、こちらもなかなか走れません。

でも濃くするとバラバラいい出すからどうしたもんかと思いつつ、こちらも環七をちょこっと走ってきました。

低速はともかく、上はフロントが浮きそうな勢いで加速して、調子はそんなに悪くないです。

・・・ということで今日のバイクライフは終了。

ほとんど動態保存で、なんのために3台も持っているのか分かりません。


【中止】関東東北コラボMT

以前に一度参加させてもらった関東東北コラボMT。

早いものでもう第8回なんだそうですが、今年も9月の3連休にあるというので参加することにしました。

2010コラボMT

前回は直接現地に行ったんですが、今回はみんなで集団走行もいいかなと思って集合場所に行くことにしました。

朝7時に上河内SA集合は早いので、宇都宮のビジネスホテルを予約して前泊で行くという気合の入りよう。

なのに・・・

台風

台風18号も小笠原沖からMTに参加表明。

ということでMTは早々に中止が決定。

この3連休はMTのために仕事も取らなかったのに・・・

なんだかとってもブルーです。


AZ リチウムイオンバッテリー

前の記事で隼のバッテリーも換える決心がついたと書きましたが、実は12SRのバッテリーを交換した足で買いに行ってしまってました。

AZリチウムイオン

8月に死ぬほど働いたのでフンパツしてリチウムバッテリーを買ってしまいました。

AZバッテリーは以前に鉛バッテリーを買って半年でダメになった苦い経験があるんですが、これはBMS(バッテリーマネジメントシステム)という回路がバッテリー本体に内蔵されてる賢いバッテリーなので普通の充電器が使えるというメリットがあります。

まあ、充電をしなきゃいけないという時点で「話が違うじゃないかよ」って感じなんですけど。

BMSのおかげかどうか知りませんが、このAZバッテリーはリチウムバッテリーの弱点である寒冷時の始動性が他よりもいいらしいです。

・・・が、今はこの暑さで、寒い時の心配など考えることすらできません。


そんなAZリチウムバッテリーですが、取り付ける前にまずは弱くなった今のバッテリーの電圧を計ってみました。

古いバッテリーの電圧

昨日充電したばっかりなのに少し低いです。


バッテリーを外して新旧比較です。

比較

付属の下駄を履かせると大きさはほぼ同じです。

でもリチウムバッテリーは嘘みたいに軽いです。

量販店で手に取った時に、携帯電話みたいにサンプルの偽物が展示してあるのかと思ったぐらいです。

バッテリーレベルのインジケーターが付いているので一応押してみるとフル充電です。

インジケーター


たぶんこんなインジケーターでチェックするのは最初で最後だと思いますが、さっそく取り付け。

軽いから作業が楽です。

リチウムバッテリーの電圧

電圧を計ってみると13.2と良好です。

イグニッションをONにすると燃料ポンプとHIDは問題なく作動。

この前ちょっと濃くしすぎたみたいだから、インジェクションコントローラーで少し薄くしたり、時計をセットしたりして、それからエンジン始動。

HID

気持ちいいぐらい瞬時にかかりました。

リチウムバッテリー、いいかも。


それから始めたついでにもうひとつ作業をしました。

のがた号はネイキッドの時にイグニッションをサイドに移設していましたが、フルカウルに戻す時にまたトップブリッジに戻しました。

以前はカラーが入っていたんですが、その時にカラーを入れ忘れていたせいでイグニッションが飛び出していて、それが気になっていたのでカラーを入れました。

イグニッション スペーサー

これでビレットキーカバーを付けた鍵でもOKです。

キー

ちなみにカラーを入れ忘れていた状態の写真は撮り忘れましたが、写真を撮るためだけにまたカラーを取るのは面倒なので、使用前のかっこ悪い状態はお見せできません。


バッテリー交換

昨日、出かけようと思ってエンジンをかけたら

んきゅ・・・きゅ・・・きゅきゅ・・・ぶぉ~~とバッテリーがヤバイ感じでした。



いえ、のがた号ではなく、12SRです。

だいぶ前からディーラーでバッテリーそろそろ交換したほうがいいですよって言われてたんですが、その時はまだまだ大丈夫だったし、もうバッテリー交換って聞いただけでうんざりな感じだったので放置してました。

そしたら7月ぐらいからたびたび始動困難な時があって、いい加減、限界かと思ってバッテリーを交換しましたよ。

12SR バッテリー

MFじゃない普通の安っすいやつ。

ここ数年でいったいいくつバッテリー買ってんだって感じで、もううんざりです。


・・・でも帰り道でびっくりしました。

吹けが良くなってるんです。

エアコン付けててもちゃんと加速するし。

アーシングとか蓄電のやつとかの電気系のパーツで、トルクアップとか加速力アップとか言ってて「ホントかよ!」と思ってたんですが、電気って侮れません。

1500ccぐらいになっちゃったみたいです。

・・・って、2000cc以下の車に乗ったのってこの12SRが初めてだからよく分かんないんですけどね。


ということでのがた号のバッテリーも換える決心がつきました。


FC2Ad