MOTORCYCLE DIARY

のがたひろおのバイクな日記

いろいろ問題

昨日はラジカルに行って、エクステンションに行って、ハイライトに行ってきました。

エクステンションの荒谷氏はアメリカ時代のパーソンズカラーのGSX-Rを知っているので、のがた号を見せに行って、ハイライトおやじには外装を車体に付けた姿をまだ見せてなかったので行ってきました。

のがた号は下がちょっと濃すぎたのか、ババババッはなくなったんですが、ちょっとカブリ気味なのか始動が悪くなりました。

まあそれはまたセッティングすればいいんですが、問題はまたバッテリーです。

のがた号はメインハーネスを02以降のものにしたんですが、そうするとヘッドライトが常時点灯になってしまいます。

99はハンドルスイッチをTLのに換えればボルトオンでヘッドライトがオンオフできるようになるんですが、新しいハーネスはヘッドライトスイッチの線自体がありません。

しかも、以前に書きましたが、今回ヘッドライトを中華HIDの55Wに換えているので消費電力が上がってます。

ライトカバー

この暑さで、一般道を走っているとラジエターファンは回りっぱなし。

おまけにバッテリーは、塗装の間、半年間放置して死にかけていた台湾ユアサ。

エンジンをかけるとライトが消えてしまうことがあるんです。

ヘッドライトスイッチがあればオンオフすれば点くんですが、ないからエンジン切ってまたかけて。おまけにカブリ気味だからなかなかエンジンがかからないと、いろいろ問題が出ています。

一番安いのはHIDを中華の35Wにすることかもしれませんが、やはりバッテリーを換えるのが一番いいような気がします。

そう、またバッテリーです。

群馬と合わせていったい年に何個のバッテリーを買ったか分かりません。

中華や台湾に比べれば高いですが、純正バッテリーよりは安いリチウムバッテリーを入れるべきでしょうか?


ちなみにのがた号は家に帰ってからヘッドライトの光軸合わせたりしているうちに燃料ポンプがちゃんと回らないぐらいまでバッテリーが弱くなってしまいました。



スポンサーサイト

インジェクションセッティング

今日は久々にインジェクションセッティングをしてみました。

昔セテさんが「おれのはキャブにしちゃったから使わね~から」と貸してくれたこのインジェクションコントローラーは、今となっては化石のような製品ですが、32bitのECUにも使えて大変重宝しています。

KENZ インジェクションコントローラー

セッティングと言っても隼とは長い付き合いで、どこをどうするかというのは、もうお決まりのパターンがあるのでそれを変更するだけです。

ちなみに旧ブサの場合は(この呼び方はあんまり好きじゃないんですが)3,000rpm前後と5.000rpmあたりが薄くて、フルエキに換えるとこの辺りが調子悪くなります。

街中や普通に流していればエンジン回転数はだいたい2,500から3,500rpm、高速を走っていればだいたい4,000~5,000rpmと、普通に乗っていると常に調子の悪い所で走っていることになります。

あとスズキの開発の人が言ってましたが、初のオーバー300km/hマシンということでマージンを取りすぎて高回転域が濃いらしいですが、まあこの辺はほとんど使わないからあんまり気になりません。

サブコンがあればこういう調子の悪い所をピンポイントで調整できるんですが、インジェクションコントローラーだと、ツーリングに行ったりすると普段使わない回転域を使って、今度はそっちで不具合が出てきたりします。

まあそれでも概ねいいんじゃないかって最近気が付いたセッティングは、大昔にラジカルでUSヨシムラのインジェクションコントローラーを借りて行き着いたセッティングで、

IAP
目盛りが付いてないから分かりませんが時計の2時ぐらい

TPS
アクセル開度 ~25%:-5%
        50%:+5%
       50%~:-5%

という感じです。

とりあえず低速(IAP)はこれで2,500~3,500rpmのババババ・・・って感じが消えて、トルクも出てきます。

ただこれだと2,500以下でふがふががくがくが若干出てしまうので、なんとかしたいなら、やっぱりサブコンが必要なのかもしれません。

サブコンは昔にパワーコマンダー2を入れててこりごりだったんですが、最近はいろんなのが出てて、ちょっと気になっていたりもします。

oyadi_falcoさんからウィズミーのやつを譲っていただいてはいるんですが、配線を切って繋げるのにちょっと躊躇してるのと、BAZZAZがちょっと気になっているのとで放置しています。

BAZZAZは点火時期の調整とオートシフターとトラクションコントロール機能が付いた上級グレードもあるんですが、とりあえず燃調だけできればいいので安いタイプでいいかなと思います。

BAZZAZ

で、なんでBAZZAZかというとこれです。

Z-AFM

別売りのZ-AFMを付けるとセルフマッピング機能が加わって、目標の空燃比を設定すると自動でセッティングをしてくれちゃう優れものです。



でも自動とは言っても走らなくてはいけないので、実走で4~6速の高回転のセッティングをしたければFISCOに行くしか手はないし、ほとんど使わない部分をセッティングする必要があるのかという疑問もあり、そんなことに本体とZ-AFM合わせて10万円も支出するのはどうなのかなと思って、なかなか気になっているというレベルから抜け出せません。

今日、都内を1時間ぐらい走って特に問題はなかったので、しばらくはこのままでいいかなという結論になってしまいました。


ちなみにこのインジェクションコントローラーでのセッティングは、ECU内のフラッシュメモリーに書き込まれるので、電源が落ちると消えてしまいます。

だからバッテリーが上がってしまったり、外した後は再度セッティングを書き込まなくてはいけません。

昔はそれを知らなくて、燃調がリセットされてしまったのに「この前は調子良かったのに・・・」と、違うセッティングを試したりしてドツボにはまっていました。

それさえ知っていればこれでいいのかなという気になります。



14年目にようやく購入

1999年に隼が登場した時からずっと買おう買おうと思っていた物があります。

隼のオプションパーツのスズキ純正品で、購入の時にSBSでアクセサリーカタログを見せてもらった時から欲しかったものなんですが、ないと困るものでもないし、なんかの機会にと思っているうちに14年経ってしまいました。

それがこれ。

スズキ純正ヒートガード

熱くなったフレームから内ももを守るフレームヒートガードです。

装着はぺたっと貼るだけなのでさっそく貼ってみました。

スズキ純正ヒートガード

ここは信号待ちなどで足を出していると必ず触れる部分で、わりと厚みがあるから邪魔に感じるかなと思ったら、ぜんぜん違和感ありません。

フレームが銀だった頃は躊躇していたんですが、今は黒だから目立たなくていいし、片側1500円程度と、ただのゴムに糊が付いているだけの物と考えると高いですが、効果を考えるとぜんぜん高くありません。


雨乞いツーリング

今回は仕事で恒例の夏ツーに行けなかったので、ひとり旅に行ってきました。

ぼくは雨男だけに、東京の水がめを救うべく、八木沢ダムに雨乞いツーリングに行ってきました。

まずはダムに行く前にこんな所に寄ってきました。

GSX1300R 隼 のがた号 パーソンズ

ここにあるのは地底に続く階段です。

土合駅

そして八木沢ダム

GSX1300R 隼 のがた号 @八木沢ダム

それからこんな所

GSX1300R 隼 のがた号 @ゆき藤


詳しくはWEB


ケビン・シュワンツ

そう言えば今年の鈴鹿8耐はケビン・シュワンツが出場するって話題になってましたが、チーム・カガヤマは3位入賞だったんですね。

レースリザルトよりも、シュワンツが老けておじいちゃんみたいな顔になってたのにびっくりしました。

シュワンツ

最初にシュワンツを見たのはぼくがアメリカに居た頃、ラグナセカまでAMAスーパーバイクを観に行った時で、ちょうどレイニーと熾烈なバトルを繰り広げてた頃です。

まだ生意気な若造みたいなイメージでしたが

シュワンツ

シュワンツ

・・・ていうことは、案外、年は近いのかもと思ってウィキで調べてみました。



「ケビン・シュワンツ(1964年6月19日)テキサス州ヒューストン出身・・・」



げげっ、同い年じゃん。


・・・ていうことは、ぼくもはたから見れば十分じじいなんでしょうか?

シュワンツのように顔はおじいちゃんでも鈴鹿を2分10秒台で走れればかっこいいですが、なんかとってもショックを受けました。


ディスクローター

群馬はブレーキをかけるとハンドルにガガガッとキックバックがきます。

キャリパーとマスターを換えても変わりないので、これはもう原因はローターしかありません。

でもVJ23のローターってサンスターからも出てなくて、チョイスは純正しかありません。

リマインダーをセットして、ずっとヤフオクをチェックしていたんですが、ようやく出てきました。

VJ23ローター

説明によると振れなども出てないようですが、さすがに需要が多いようで、入札は残り1日ですでに63もあり、100円スタートがすでに6000円超えてます。

ダメモトで一応入札してみましたが、たぶんダメだと思います。

ヤフオクの中古だけに、落札できたらできたでそれもちょっと微妙なんですが・・・


本日のステッカーチューン

本日も昨日に引き続きステッカーチューンなんですが、ステッカーをどこに貼ろうかいろんな所をまじまじと見ていたら・・・

オイル漏れ

オイルが漏れているのを発見しちゃいました。

どこから漏れているのかよくわかりませんが、この辺りは昔からオイルが出てたような気がするので、とりあえずパーツクリーナーを吹いて、ネジが緩んでないか増し締めしてみました。

そして本日のステッカーチューン。

ちょっと今風に、こんな所にPERSON'Sのステッカーを貼ってみました。

PERSON'S

案外、悪くありません。

それからこれは前に貼ったんですが、Finのステッカー。

Fin

斉藤仁さんがPERSON'Sで全日本に出てた年に坂田選手と組んで8耐に出た時のスポンサーです。

斉藤仁 8耐

昔、SPYのステッカーを貼っていたらラボ・カロッツェリアの人に「うちはBlack Flyってサングラスも扱ってるから、オーリンズのステッカーと一緒に貼っちゃダメ(笑)」って言われたこともあるし、レーサーレプリカブーム全盛の頃を経験していると、スポンサーのバッティングって案外気になっちゃうんですが、まあ、PERSON'S RACING TEAMでエントリーしててこのスポンサーが付いているんなら問題ないと思って貼ってみました。

それからこれ。

アメリカのステッカー

先日横田基地横のステッカー屋さんで買ったステッカー。

ECUが32bitになって200mphはもう出ませんが、とりあえず貼ってみました。


それからこれ。

ヨシムラ

前にヤフオクで買ってあったやつなんですが、貼るとしたらこの辺がいいかなと思うんですが・・・

ヨシムラ

内海さんに「あ、ヨシムラなんか貼ってる!」と言われそうだし、なんとなく中途半端な大きさだし、貼るのを躊躇してます。

ヨシムラのカムが入っているから貼っても問題ないんですが、あんまりメインの所に貼りたくないし・・・

ということで、こんな所にこっそり違うヨシムラステッカーを貼ってみました。

ヨシムラ

どちらかというとアンチ・ヨシムラなんですが、なぜかしっかり新作のステッカーを買ってあったりします。

のがた号

だいぶステッカーだらけになってきましたが、上の方の広大な白いスペースは相変わらずで、まあ、ゼッケンの赤い所にPERSON'Sを貼ったら、だいぶ間抜けな雰囲気がなくなったので、後は気長にいこうと思います。


ステッカーチューン

暦の上では秋なのに、相変わらずの厳しい暑さでちっともバイクに乗る気がしません。

そんなわけで今日は夕方から手持ちのステッカーでステッカーチューンでもしようとのがた号を出してみました。

手持ちと言っても2Cさんに作ってもらったり、新たに買ってきたりしたやつなんですが、最近、これだというステッカーがなくて困っています。

のがた号

ラジカルのロゴから上の広大なスペースがなんとなく物足りなくて、この部分にステッカーを貼りたいんですが、これが実に難しくて、貼ってははがしの繰り返しで、数千円分のステッカーを無駄にして、結局貼らないままになっています。

オリジナルのRGBのようにナックルガード部の塗り分けをしとけばよかったかな~と今更、ちょっと後悔しています。

860511_500_12rg_jin.jpg

でもこの部分はどうしても隼のカウル形状と合わなくて、塗り分けしてたらしてたで、前から見るとカラフルな日章旗みたいになっちゃって後悔していたと思います。

やっぱりステッカーでごまかすしかないんでしょう。


↓ こういう環境がうらやましいです。




NISMO S

前々から感じてはいたんですが、ぼくの12SRって激遅なんです。

先日の三重出張の時も新東名を使ったんですが、あそこって平坦なようでけっこう勾配があるのか、エアコンを付けているとどんどんスピードが落ちていくんです。

4速で走っていると、うるさいし、壊れちゃいそうだし、電気自動車とかにもバンバン抜かれちゃうんです。

12SR

それでもまあ気に入ってはいるんですが、もう11万kmオーバーだし、そろそろ考えた方がいいのかな~・・・なんて思いながら帰ってきました。


そしたらなんと新型マーチのNISMOバージョンが予約開始になってるんですね。

発売は12月で、スポーツタイプのNISMO Sはエンジンが1500ccで5MTのみの設定と、これが実質上の12SRの後継車となるんでしょう。

NISMO S

でもスペックみたら116馬力しかなくて、今の12SRと大差ないし、ベースになってるK-13マーチがそもそもかっこ悪いし、よくよく考えてみたら、ぼくはもともと12SRが大好きというわけでもないし、あんまり興味がわきません。

でも、そろそろ次の車のことを考えておいたほうがいいかもしれません。


その手は桑名の

わたくし長島スパーランドの隣のアウトレット勤務だったんですが

長島スパーランド

ジャズドリーム長島

宿泊は桑名のビジネスホテルでした。

ホテルに帰ると10時過ぎだったので夕食のチョイスがあんまりなかったんですが、駅の近くで美味い焼肉屋を発見しました。

二代目成香園という所なんですが、黒毛和牛でめちゃくちゃ美味い肉をたらふく食べて3000円ちょっとというリーズナブルさで滞在中に3回も行ってしまいました。

二代目成香園

そして勤務が終わり、そのまま夜のうちに帰るのは体力的に無理だし、自腹でもう一泊して桑名観光をしてから帰りました。

まずはこれ。

バイトのJKに聞いて行ってみたんですが、三岐鉄道北勢線です。

日本に3路線しか残ってないナローゲージの電車で、線路はこんなに狭いんです。

三岐鉄道北勢線

電車はこんな感じでおもちゃみたいでかわいいです。

三岐鉄道北勢線

中もこんな感じでとっても狭いです。

三岐鉄道北勢線

「よくマニアの人にいい撮影ポイント知らないかって聞かれるんですけどぉ、そんなのマニアなら知っとけって感じだしぃ、うちらにしてみれば1時間に1本しかないしぃ、やたらと揺れるしぃ、ただのボロい電車?って感じなんですけどぉ~」とJKは言ってました。

そして桑名に言ったらやっぱり焼き蛤を食べなきゃいけないので、こんな所に行ってきました。

はまぐり食堂

そのまんまなネーミングですが、とりあえずはまぐり御膳を頼みました。

CA3H0072.jpg

蛤のお吸い物と蛤のフライと焼蛤、そして蛤の佃煮みたいなのが入ったご飯。

ひつまぶし方式で、半分食べたら出汁をかけてお茶漬けにして食べるそうです。

またしてもご飯をちょっと食べてから撮影しました。

蛤ってあんまり食べたことなかったですが、美味しかったです。

名古屋観光

しばらくブログは放置でしたが、7月末から三重県の長島に行ってました。

猛暑の中屋外で1日13時間、20日で休みはたったの2日という激務でガリガリに痩せて帰ってきました(当社比)。

貴重な休みの1日は名古屋の知人に会って観光をしてきました。

まずはとり五鐵という店で名古屋コーチンの親子丼ときしめんのセット。

とり五鐵

写真は食べるのに夢中で撮り忘れたのでネットで拾ったものです。


続いて大須観音に行って、商店街を俳諧。

小倉トースト

おやつはコメダで小倉トースト。

半分食べたところで写真を撮ってなかったことを思い出し、慌てて撮りました。


続いて納屋橋饅頭。

暑さと小倉トーストのせいで饅頭を食べる気がしなかったのでアイス最中にしました。

納屋橋饅頭

これもひと口かじってから知人に言われて思い出し、慌てて撮りました。

納屋橋饅頭そのまんまの味らしいんですが、饅頭を食べたことがないのでなんとも言えません。

そしてまた名古屋に戻ってラストは味噌煮込みうどん。

猛暑日に味噌煮込みうどんなんて・・・と思っていたんですが、これが意外にも疲れが取れてよかったです。

味噌煮込みうどん

写真はやっぱり食べ初めてから言われて慌てて撮りました。

誰もいない街



ライディングよりも他に車も人もぜんぜんいないのがすごい。

ちなみにぼくは知ってる人がぜんぜんいない三重県にいます。