MOTORCYCLE DIARY

のがたひろおのバイクな日記

長い3日間

仕事でもラスト1時間て妙に長く感じるんですが、今、まさにその状態です。

内海さんから「ハイライトおやじが外装持ってきたよ~」て電話くれたんですが、今日は人と会う予定があって、明日、明後日は仕事。

一応、月曜日にはラジカルに行く予定なんですが、もう、待ち遠しくて待ち遠しくて。

「外装触りたくないからシャーシダイナモの上に置いてあるから自分で付けてね」ということなんですが、ぼくも怖くて触れません。

スポンサーサイト

塗装完了!!

先週「来週の半ばぐらいには」とのことだったのでどんな感じかハイライトに行ってきました。

塗装完了

約束どおり塗装は完了。

あとは今日、明日で仕上げの磨きを行って終了。今週末にはラジカルに届けてくれるそうです。

ハイライトおやじも「いまどきパステルカラーで、しかもスパッと大胆なデザインが逆に新鮮」と気に入ってるようです。

最後の色であるブルーは光が当たってないとただの水色なんですが、フロントフェンダーを出してきてくれたら、メタリックのような、キャンディのような、なんとも言えないいい色でした。

早く車体に組み付けたいです。


SRに見るカスタムの多様性

なんとなくCustom Burningという雑誌を買ってしまいました。

実はTWのカスタムが流行った頃から、こういうストリート系カスタムって興味はあるんですが、今回はSRの特集で、中を見たらもうびっくり。

クラシカルあり、チョッパーあり、カフェレーサーあり、レーシーありと、同一車種とは思えない多様なカスタムがあって、ロードライダーとかカスタムピープルでは見ることのできない新しい世界です。

s-59.jpg

sKuma20SR40020006.jpg

SR5001.jpg

019.jpg

b0076232_13271639.jpg

e0185515_21343727.jpg

img639_1_20130626114541.jpg

昭和の時代に青春時代を送った人間にとっては、カスタムってやっぱりパフォーマンスなわけで、パーツを付けるにしても、いちいち能書きが必要なんですが、平成の時代に青春時代を送っている若者にとっては、カスタムって完全に見た目なんだと思います。

昔の人間にしてみれば「こんなのいいの?」って思いますが、「どうせ街中しか乗らないし、バカみたいに飛ばさないし、かっこよければいいじゃん」って感じなんでしょう。

実際かっこいいし。

で、Custom Burningを見ると、かなりのページが小物やファッションアイテムだったりして、ライダーもトータルにおしゃれなわけ。

ちょっとうらやましいんですが、おっさんには入り込めない世界だなと、ちょっと悲しくなったりもしました。


タンクバッグ買いました

以前から探していたタンクバッグ。

最近はシートバッグが主流なので、なかなかいいのがありません。

そんなわけでヤフオクで安いのを買ってみました。

ヤフオク タンクバッグ

タンクバッグ、手さげバッグ、リュックの3ウェイに使えるらしいんですが、ベルトがかな~り安っぽくて貧弱です。

ヤフオク タンクバッグ

そんな訳でリュックのベルトを外そうと思ったら・・・

なかなか取れません。

どうなってんだ?と思って見てみたら・・・

ヤフオクタンクバッグ

これでどうやって外すんだ!?という作りになってました。

無理やり外したら本体のDリングが折れました。


それでさっそくバイクに付けてみました。

ヤフオク タンクバッグ

マグネットの入ったベロが小さいから、ちょっと不安を感じて手持ちの磁石も仕込んであります。

色はCBRにも群馬にものがた号にも合わないですが、形は悪くないし、けっこうでかいわりに跨ってみても邪魔じゃなくていいです。

容量はこんな感じで、コンパクトにならなくて困るカッパを入れてもまだまだぜんぜん余裕です。

ヤフオク タンクバッグ

これなら毎年恒例の夏の2泊ツーリングも余裕でしょう。


ヘルメット

けっこう前からヘルメットを新しくしようか悩んでるんですが、けっこう前ってどれぐらい前かというと去年の4月。

強風にあおられてヘルメットを落としてしまってからです。

それでけっこう具体的に悩み始めたのは、のがた号を塗装に出した1月ぐらいから。

安いネット通販ショップやヤフオクで、クリックしちゃおうかな、どうしようかなってところまで来てます。


ちなみに何にしようか悩んでいるかと言うと、OGKカブトです。

OGKと言えば、最近ではエアロブレードなんですが、

15-1.jpg

やっぱりレーシーにFF-5Vがいいななんて思ったりもします。

d0747ecffabfa28aa6f69a0c2ffb5266.jpg

でも量販店なんかじゃFF-5Vは置いてなくて、試着していないのがイマイチ決め切れない理由です。

ちなみに値段はFF-5Vが2万5~6千円で、エアロブレードが2万円前後という超適正価格。

アライとかショウエイの5~6万なんて、どう考えても異常です。

この値段だったら少しフンパツして柄物でもいいかななんて思っちゃいます。

エアロブレードだったらリネアの白黒、

ogk_aero_linea.jpg

FF-5Vだったらワークスなんですが、

kabuto-ff5vworks_1.jpg

黒系のヘルメットは今まで買ったことないし、NEWのがた号に合うのかな~っていう問題があります。

同じ黒系だったらエアロブレードのカーボンもヤフオクで新古が4万円ぐらいで出てます。

avan.jpg

まあ、いくらカーボンで激軽でも4万円は手が出ないんですけど。


スズキ MotoGPマシン




3色目塗装完了

またまたハイライト詣。

今回は3色目のピンクが塗り上がってました。

タンク パールピンク

今まで好んで使っていた濃いピンクじゃなくて、女子のマニキュアとか化粧品の箱とかにありそうな薄いピンクです。

パールが入っているので光によって違う表情を見せます。


完成予定は来週の中頃とのことで、多少遅れても来週末にはできあがるのでは・・・という感じです。


すげ~




ロゴ

のがた号の塗装も着々と進行中なんですが、ここでひとつ問題が・・・。

パーソンズのロゴがありません。

ネットで検索しても今は新しいロゴになっちゃってるし、ましてやPERSON'S RACING TEAMのロゴなんて全然ありません。

しょうがなくてヤフオクで欲しくもないパーソンズのグラスセットなんか落札しちゃいました、ロゴのためだけに。

パーソンズのグラスセット

でも先方から取引連絡が来たら、入金確認後3日後に発送しますとか言ってます。しかも土日は含まず。

ロゴを入れるのは最後だから時間的はだいじょうぶかもしれないですけど、こんなことでまた作業が遅れてしまうとやだな~と思いながら、用事で中野に出かけました。

帰りにふと見ると・・・

ビルにでっかいPERSON'Sのロゴが!

なんとパーソンズの管理本部とパーソンズエンジニアリングという会社が中野にあるんですね。

でも近くにあったからと言って「すいません、おたくのロゴをパクってバイクをパーソンズカラーに塗りたいのでロゴください。」ってわけにもいきません。

この管理本部はブランドライセンスを統括している所ですし。

すごすごと帰路についたんですが、途中、新井薬師に向かう商店街でふと見ると自動車・バイクのカタログの専門店というマニアックなお店がありました。

「もしかしたら!」と思って店内を探すと、バイクなんかはメーカーごとに排気量別に整理されててすぐに見つかりました。

Hi PERSON'S

ジャーン!!

Hi PERSON'Sのカタログです。

生まれたときからハイセンスですよ!

そんなわけでさっそくうちに帰ってスキャナーで読み込んで、フォトショップとイラストレーターを駆使して作りました。

persons_racing_team.jpg
ジャーン!!

これをハイライトおやじに送って一件落着です。

それにしてもぼくのこのパーソンズに対する情熱は何なんでしょう・・・

この情熱を買って採用してくれないかな、パーソンズ。


2色目塗装完了

恒例のハイライト詣に行くと、2色目の塗装が終わって次の色の準備がされてました。

アンダーカウルはこんな感じ。

アンダーカウル

シートカウルはこんな感じ。

テールカウル

タンクはこんな感じ。

タンク

アッパーカウルはこんな感じ。

アッパーカウル

このままだとなんだかヤマハかビモータみたい。

着々と進んでいます。


中華HID 55W

本当は今週末は泊まりでツーリングの予定でしたが、塾長は車検切れ&金欠、やもちんは消防団、闇金は父兄参観、おまけに台風接近中ということで中止となりました。

そんなわけで浮いたお金で、また買ってしまいました・・・、HID。

前回買ったものはツインバーナーという、ひとつのバーナーにハイ・ロー2つの発光部があるやつなんですが、ハイビームに切り替えると光が安定するまでかなり暗いのと、バラストの取り付け場所のせいかもしれませんが、たまにメーターが変な動きになってしまうという問題があったもので。

で、今回は最近増えてきた55Wのものを買ってみました。


箱はこんな感じ。

ヤフオクHID

中はこんな感じ。

ヤフオクHID

のがた号が手元にないから眺めることしかできないので、とりあえず前回のバーナーと比較してみました。

左がデュアルバーナーで、右が今回の55W。

若干コンパクトで、台座等はつや消し黒で、なんとなく高級感があります。中華だからぜんぜん高級じゃないんですけど。

デュアルバーナーとの比較

そしてハロゲンランプとの比較。

ハロゲンバルブとの比較

台座から発光点までの距離は3つともほぼ一緒なので、光軸の問題はたぶん大丈夫?

そして55Wのバーナーを下から見ると

アルミカバー

アルミの遮光管が付いていて、最初からグレア対策が施してあります。

横から見るとこんな感じ。

シェード

55Wの威力はどんなもんか、試せるのはいつになるのでしょうか・・・

ドナドナ

のがた号はライン決めも終わり、とりあえず車体は必要なくなったので、作業のためにラジカルに移送することになりました。

ハヤブサ移送

塗装が長引いて、内海さんにしわ寄せが行くと悪いからということだったんですが、内海さんも今は手一杯みたいで置き場所もないので、しばらくはシャーシダイナモに載せとくと言ってました。

なんだか厄介者みたいで不憫なのがた号です。


白ブサになりました

明日は車体を先にラジカルに持っていくことになっているので、今日あたり、ライン決めをやっているんではと思ってハイライトに行ってきました。

予想は的中で、ちょうどベースカラーを塗り終わった外装を車体に組み付けてライン決めの作業を始めるところで、のがた号は白ブサになっていました。

白ブサ

ベースカラーはパールホワイトなんですが、普通のパールは色が黄色っぽく見えるので、外国の老舗メーカーの銀っぽく見えるパールにしたそうです。

問題のクイックファスナーも無事装着され、ほぼ全面改修したカウルはチリ段差も少なくなってピッタリはまってます。

カウルの合わせ目

外装がセットされたところでライン決めです。

最初に持っていったデザイン見本を元に、マスキングテープで位置決めをします。

ハイライトおやじ作業中

ハイライトおやじ作業中

昔アメリカでGSX-Rを同じ色に塗った時も、アメリカの塗装屋が左右を合わせんのが大変と言ってましたが、後付のFRPカウルですから、左右がずいぶん違ってたりしてますます大変そうでした。

ぼくも人間レーシングスタンドになってお手伝いして、ラインもだいたい決まりました。

ライン決め完了

ハイライトおやじは「うん、これで先が見えた」としきりに言ってました。


FC2Ad