MOTORCYCLE DIARY

のがたひろおのバイクな日記

やっと交換

先日久々にエンジンに火を入れて、バッテリーを充電した群馬ですが、今日はせっかく天気もいいので墓参りに行ってきました。

ガンマで墓参り

そう言えば譲り受けた時からスピードメーターの照明が切れていて、交換しなきゃ、交換しなきゃと思っているうちに数年経ってしまったので、帰りに2りんかんに寄って球を買うことにしました。

どんな球か分からないんですが、とりあえずメーター用って書いてある小さい球を買って帰りました。

家に帰ってアッパーカウルを外して

RGV250Γ

メーターを外しました。

RGV250Γ メーター

けっこうめんどくさいです。

裏はこんな感じで、ゴムのカバーを外すと球が交換できるようになってました。

RGV250Γ メーター

これだったらアッパーカウルを外せば、メーターまで外さなくても球を交換できました。

・・・でも球はウェッジ球でした。

買ってきたのは普通の球だったので、あわててオートバックスに買いに行きました。

今度は球を持って行って見比べて買ったんですが、買ったバルブは若干小さかったです。

ちょっとゆるいけどカプラーを挿してチェックしてみたらちゃんと点いたので、そのまま取り付けました。

作業が終わる頃には暗くなってきていたので再度チェックしてみたらタコメーターの方の照明が点きません。

仕方ないのでまたカウルを外してタコメーターの方の照明も交換しました。

ついでに、エンジン始動時に前側は煙がけっこう出るんですが、後ろ側はほとんど出てないのでどっちかに合わせようとパイロットエアスクリューで調整することにしました。

開け始めでスロットルに回転がついてこないので煙の出ない後ろ側を濃くしてみることにしました。

作業が終わりイグニッションをON。

RGV250Γ メーター

写真には写りませんでしたが、ちゃんと照明は点いてます。

で、エンジン始動。

試乗してみるとなんだか濃そうな臭いですが、開け始めのツキは良くなりました。

でも回転の上昇は鈍くなってしまったので、ちょっとだけ薄くしてもいいかもしれません。

あとアッパーカウルを外したついでに今までのソーラムの普通の色のバルブから、手持ちの白っぽいバルブに換えてみました。

RGV250Γ ヘッドライト

どちらも一時期のがた号に付けてたやつですが、こっちの方が今っぽくていい感じです。

スポンサーサイト

シートカウル

今日ハイライトから電話がありました。

「シートカウルの前の方にボルトで留めるためのくぼみがあるじゃない?あれ、使ってないんだったら埋めちゃっていい?あれがあると無理やり付けたみたいで、なんか気持ち悪いじゃない。」とのことでした。

2012-05-17_0002_20130128231625.jpg

はい、確かに気になります。

先日はタンク、今日はシートカウルということで、着々と作業が進んでいるようです。

燃料ホースの問題

のがた号はとりあえず燃料ポンプをタンク内に移設する作業は終わってますが、これはまだタンク側の加工をしただけで、それを機能するようにする作業が残ってます。

99-00はタンクから2本のガソリンホースが出ていて、それが燃料ポンプに繋がっていて、燃料ポンプからスロットルボディに短いホースで繋がっています。

これに対してインタンクはタンク(ポンプ)から1本のホースが出ているだけです。

で、このホース、ただのホースかと思ったら、パーツリストの絵ではただのホースじゃなくて、ジョイントみたいなのが付いています。

インタンク式燃料ポンプ

実際はどんなものかと思って画像検索してみたら、こんなホースでした。

燃料ホース

海外のフォーラムなどを見るとスロットルボディのホース取り出し部分も交換しなくてはいけないと書いてあるので、これもパーツリストで見てみました。

これが99で

99 スロットルボディ

これが01以降。

01 スロットルボディ

確かに違います。

でもホース取り出しの部分を交換しないで、普通のホースじゃダメなんでしょうか?

もしかしたらタンクを持ち上げる時のために、純正のホースはL字のジョイント部が回ったりするんでしょうか?

何年か前にネットで買って、使わずにそのままの耐油耐圧ホースがあるんですが、もし普通のホースでいけるんだったら金額的にもありがたいんですが、どうなんでしょう?

耐油耐圧ホース

ちなみ内径8mmで1.0MPaまでOKのホースです。

耐油耐圧ホース


火入れ

のがた号がないので群馬の出番のはずなんですが、寒くてぜんぜんバイクに乗る気がしません。

でもいざという時のためにエンジンはかかるようにしておかなくてはとエンジンをかけました。

例によってバッテリーが弱っているので、車からジャンプしてトライしてもぜんぜんエンジンに火が入らず、簡単に外せる前側シリンダーのプラグだけ掃除してやっとエンジンがかかりました。

順番が逆のような気もしますが、それから充電。

RGV250Γ 充電中

充電している間にふと思い立ってLEDブレーキランプを付けることにしました。

LED球

もう用なしのMVアグスタのノーマルテールランプに入っていたLEDテールランプです。

シートカウルとかいろいろ外さなくてはバルブの交換ができなくてめんどくさいんですが、なんとか交換完了。

テールランプ

MVアグスタのテールランプでは暗かったバルブも、群馬に付けたらとっても明るいというか、ノーマルとあんまり変わらない明るさで感激はあまりありません。


塗装について

そういえば今までずいぶん塗装をしてきましたが、数えてみたら14回も塗ってます。

オールペンをする人も少なくなったのか、最近ではあんまり塗装の話をすることがなくなってきました。

そんな訳で今回は塗装の話でもしたいと思います。

まずは今回のがた号に塗るパールです。

パール

パールは塗料に粉を混ぜることによって真珠みたいに光が当たると色の違う光が反射します。元々は文字通り、真珠を粉にしたものを使ってたんだと思いますが、今ではいろんな粉があって、青っぽく反射するものやピンクっぽく反射するものなどいろいろあるようです。

続いてマイカ。

マイカ

国産車などでよく使われていて、これも塗料に粉を混ぜるんですが、パールとの区別がイマイチ曖昧なようです。

どちらも光の当たり方や見る角度から違った印象を与える塗装で、これの発展したものがマジョーラなんじゃないかと思います。

ちなみにぼくはマジョーラは色がきれいでないのであんまり好きじゃありません。

そしてメタリック。

メタリック

これは塗料に金属の粉を混ぜることでメタルっぽい仕上がりになります。

混ぜる粉がもっと粗くなるとフレーク塗装とかラメ塗装とか言われるものになります。

フレーク

より金属っぽい仕上がりを望むなら、最近ではメッキ塗装というものもあります。

メッキ塗装はメッキ屋がやるのか塗装屋がやるのか知りませんが、銀メッキだけではなく写真のような色の付いたメッキ塗装もあります。

クローム

次はキャンディカラー、文字通り飴色の塗装です。

キャンディ

ベースに銀を塗るのが基本で、その上からクリア色を吹く塗り方で、ベースに模様をつければそれが透けて見えるのでいろいろ面白い表現ができます。

塗装の厚みで色が変わってくるので失敗が許されない分値段も高くなります。傷がついたからタッチアップという訳にもいかないのが難点です。

そしてつや消し。

昔は素人が缶スプレーで自家塗装するとつや消しになってしまって、つや消し=貧乏 みたいなイメージでしたが、今は逆に高級車などに採用されていたりします。

つや消し

ボロい車両をつや消しにするとボロさが増しますが、高級車だとかっこ良く見える不思議な効果があります。

同じ赤でもいろんな色の赤があるように、ここで紹介したように塗り方や塗料の種類などによってもいろんな赤になります。

そういうことを踏まえて、自分のマシンをどんな色にしたいかを考えると面白いと思います。


タンク加工 詳細

今日はラジカルに行ってきました。

話が前後してしまいますが、これがヤフオクで買ったタンクです。

03 隼 タンク

錆や腐食は一切なく、凹んでいる以外はかなり程度がいいタンクです。

で裏側はこの通り。

タンク 燃料ポンプ周辺切り取り

バックリ切り取ってあります。

中に見える配管がタンクキャップ部からつながっているもので、1本がエア抜き用、1本がタンクキャップ部のドレンです。

ポンプを移植する99のタンクはポンプがこの配管に当たってしまうので、ドレン用の1本を潔く切り取って穴を埋めたそうです。

だから今後は雨の日にキャップ部分から水が浸入しないように気をつけることが必要です。

そしてこれはタンクのヒンジです。

タンク ヒンジ

ぼくの99のヒンジは錆も出てるし、こっちはまるで新品のようなのでこれも移植します。

そんなこんなしていたらハイライトから電話がありました。

タンクに錆も出ているし、叩いて絞ったニーグリップ部分が微妙に波打っているから塗装を全部剥がしてパテできれいに修正したいとのことでした。

ぼくは面が波打ってるなんて気が付きもしませんでしたが、さすが厳しいプロの目は違います。

こういう部分が安い塗装屋と高い塗装屋の違いです。


・・・ということでラジカルを後にし、ハイライトに向かいました。

99 隼 タンク

これがラジカルから届いたタンクで、給油口の所はサンドブラストをかける為にすでにマスキングされてます。

で、ポンプを移植した裏面はこんな感じ。

燃料ポンプ移植

こちらもマスキングしてありますが、こんな感じできれいに溶接されてます。

以前、プラスミューの本橋さんがこれだけきれいに溶接できる人は何人もいないんじゃないかって言ってましたが、職人技が光ります。

ラジカルではタンクを加工した後はタンクを満タンにして48時間ぐらい放置して漏れがないか念入りに最終チェックするので、加工後の燃料漏れの心配はありません。

ようやく作業開始かと思ったら、ハイライトおやじは製作中のキングジョーのフィギュアを2月のイベントに間に合わせるためにバタバタ忙しそうにしていたので、ぼくは早々にタンクの写真だけ撮って帰ってきました。


塗装案

塗装に出して早2ヶ月、お正月を挟み、さらにタンクの加工で急遽中断したこともあって、のがた号はまだ手付かずでピンクのままハイライトに置いてあります。

タンクの加工も終わり、無事に燃料ポンプのインタンク化できて、これでやっと仕切り直しです。

あんまり引っ張っても何ですし、そろそろネタバレなんですが、今回はパーソンズカラーで行こうと思います。

persons.jpg

黄色い頃ののがた号のデザインはこれをパクったものでしたが、実はアメリカに居た頃にGSX-R750をこのカラーリングにしていた、いわばぼくのカスタムの原点みたいなカラーリングなんです。

これは86年の全日本GP500に参戦していた斉藤仁選手のRGBで、四輪では実績があるものの、アパレルメーカーが二輪をスポンサードするということで話題を呼び、ワークスチームでもないのにスズキからパーソンズカラーのスクーターまで発売されちゃいました。

8600026B3012081200200.jpg

当時は赤とか青とか黄色とか原色のマシンが多かった中、パステルカラー、しかも秀逸なデザイン。さすが当時一世を風靡していたアパレルメーカーという感じで、レプリカカラーって人の真似をするみたいで嫌だったぼくもすっかりやられちゃいました。

青春の1ページを思い出すように、再度このカラーリングにする訳ですが、いくら秀逸なデザインと言っても30年近く前のもの。

塗る側からしても当時のままというのも芸がないということで、ハイライトおやじから、白い所、青い所、ピンクの所それぞれに違う色のパールを入れたいという提案があって、それでいくことになりました。

完成はまだ先になると思いますが、できあがるのが楽しみです。


燃料ポンプ移植作業

ヤフオクで買った2004年式のタンクと燃料ポンプは無事にラジカルに到着し、さっそく底を切り取って今のタンクに移植する作業が開始しました。

でも開けてみたら01以降のタンクは形こそ同じですが、全然別物で、エアベントの位置も違っているそうです。

そのため今のタンクのエアベントはひとつ潰さなくては燃料ポンプが入らず、思ったよりも大掛かりな作業のようです。

ぼくは明日からまた仙台なので、出来上がりを見ることもなく、タンクはハイライトに送られる予定です。


通行止めで

3連休は例によって仕事で仙台。

2日目は仙台在住の隼乗りのふていさんが遊びに来てくれました。

差し入れありがとうございます。

3日目は大雪。

三井アウトレットパーク仙台港

撤収も終わって「さあ帰ろうか」って時に搬入の運ちゃん達が「東北道、ところどころ通行止めだよ」って。

そんな訳で仕方なくもう一泊。

やっと帰ってきたんですが、金曜日にはまた仙台に向けて出発。

夏ぐらいから土日休日はほとんど仙台で、向こうに住んじゃったほうがいいんじゃないかって感じです。

テールランプ&タンク

今日は先日届いたテールランプを持ってハイライトに行ってきました。

のがた号は運よくまだ何にも手を付けていませんでした。

さっそく装着してみると形はピッタリですが、やっぱりスモークレンズはイマイチ。

黒いマシンならいいんですけどね。

隼 MVアグスタLEDテールランプ

でも問題は明るい所で見えるかどうかです。

ではテールランプを点灯。

テールランプ

ちゃんと見えます!

ではブレーキランプ点灯。

ブレーキランプ

ブレーキランプ

これなら問題ありません。

そしてもうひとつ。

これも何も手を付けてなかったことが幸いしてるんですが、タンクを外してラジカルに持っていきました。

タンク

ヤフオクのタンクとポンプが届き次第、ポンプの移植作業の開始です。

ついでに何かと不安なメインハーネスも01以降の新品に換える予定なので、のがた号はこれで超リフレッシュです。

燃料ポンプ

先日のヤフオクの燃料ポンプ。

まあ入札だけはしておこうと思ったら落札できちゃいました。

しかも同じ所が凹んだタンクも出していて、それも落札できちゃいました。

MVアグスタ LEDテールランプ

MVアグスタのテールランプは日中に見たら点いているのかいないのか分からないほど暗いので、海外通販でLEDテールランプを注文しました。

今日、ポストを開けるとこんなものがありました。

小包

27日に注文して、もう来ました。

税関って年末年始もやってるんですね?

さっそく開けてみると・・・

MVアグスタ LEDテールランプ

注文したのはクリアレンズなのにスモークレンズが届きました。

返品して交換してもらうのもめんどくさいので先方に「間違ってスモークレンズが来たけど、めんどくさいから使ってやんよ」とメールして、これを使うことにしました。

裏側はこんな感じ。

MVアグスタ LEDテールランプ

電球のソケットにこれを挿してソケットをはめればいいようにできているようです。

ビルトインのウィンカーは使わないので線は切ってしまう予定です。

テールランプを明るくするのが主な目的なので、バッテリー充電器を使って点灯テストをしてみました。

これがテールランプ。

テールランプ

明るい部屋で写してもこんなに暗く写ってしまうほどの光量です。

これがブレーキランプ。

ブレーキランプ

これだけ明るければスモークレンズでも問題ないですが、テールカウルに取り付けて明るいかどうかが問題です。

ちなみに上から見るとこんな感じ。

ブレーキランプ

カプラーの加工もいらないし、ほんとにボルトオンで付いてしまいますが、実車に付けた感じはどんなもんか早く見てみたいです。

来週あたりハイライトに行ってみようと思います。


インタンク燃料ポンプ

ヤフオクにインタンクの燃料ポンプが100円スタートで出品されてるのを見つけました。

600x450-2012123005555.jpg

入札しちゃおうかな~なんて悩んでるんですけど、もし落札できても、それからが大変なんです。

まずはタンクの加工。

以前こちらに書きましたが、01以降のタンクを入手して、裏側を切り取って、それを今のタンクに溶接するという大手術が必要です。

更に、当然01以降の燃料ホースがいるし、インジェクター側も01以降のフューエルレールに換装しなくちゃいけないみたいだし、配線も加工しなきゃいけないみたいです。

今はポンプ本体を新品にしてから夏でも止まらなくなったし、ECUを換えてからエンジンのかかりは悪くなりましたが、それほど大きな問題でもないし、どうしたもんかと悩んでます。


あけましておめでとうございます。

nenga.jpg

今年はのがた号もリニューアル。

「老兵は死なず」で、まだまだ隼ライフは続きます。

FC2Ad