MOTORCYCLE DIARY

のがたひろおのバイクな日記

エンジンかかりました

今週末は休みなので今日は朝からのがた号のチェックです。

FI表示が出てないので何にも出てこないと思いますが、とりあえずディーラーモードで診断。

隼 ディーラースイッチ

ディーラースイッチを診断カプラーに差し込んでスイッチON。

ディーラーモード

やっぱりエラーコードは出てきません。

感じとしては燃料っぽい気がするので、とりあえず外付けしてあるフューエルフィルターを交換してみました。

フューエルフィルター交換

それでもエンジンはぜんぜんかかりません。

配線やカプラー、ヒューズをチェックしても問題ありそうな所はありません。

内海さんに電話したら「まずは火が飛んでるかチェックしてみなきゃ」と言われ、とりあえずプラグを抜いてセルを回してみました。

点火チェック

シュッポシュッポシュッポ ブロロロ・・・

あ、かかっちゃった。

どうもバッテリーが弱いとセルはちゃんと回ってもエンジンに火が入らないようで、バッテリーを充電しながら作業していたのでかかるようになったみたいです。

ECUを32bitのに交換してからエンジンのかかりが悪く、キュルキュルキュルキュルキュル・・・ボフォ~って感じで、もしかしたら01以降のインタンクの燃料ポンプじゃないとこういう症状が出るのかもしれません。

とりあえずエンジンがかかるようになったので、引き続きバッテリーを充電しながら新しいHIDを取り付けました。

HID交換

今回イグナイターはダクトの所に設置してみました。

それから開けたついでにスロットルボディの清掃をして、ついでにエアクリーナーエレメントも掃除しました。

K&N エアクリーナー清掃

作業が終了してイグニッションをON。

セルを回すと、相変わらずかかりが遅いですがエンジンは無事始動。

エンジン始動

そしてHIDをON。

HID点灯

今回は4300kにしてみたんですが、ちなみにこちらは以前の6000k。

HID

変わったような変わってないような・・・

ハイローの切り替えも問題ないですが、切り替えてから明るくなるまでに多少の時間がかかるので、スライド式と比べて一長一短という感じです。

でも調子に乗ってパコパコ切り替えていたら消灯してしまい、こちらも電圧が足りないとダメなようです。

一度ライトスイッチを切って入れなおせば点灯するので、まあ、問題はないでしょう。

光軸やグレアは走ってみないとなんとも言えないので、これは今度実走して見てみます。

スポンサーサイト

HID交換の前に

HIDを入れ替えるにあたって、今日は前から気になっていた部分を直すために黒魔邸に向かう予定だったんですが、またしてものがた号のエンジンに火が入りません。

仕方がないのでカウルを外して持っていくことにしました。

カウルを外したのがた号

マーチの後ろに積み込みました。

マーチに積み込み

前から気になっていたというのはヘッドライトの角度で、いっぱいいっぱいまで上げても、もうちょっと上げたい感じで、最悪、ヘッドライトの穴の部分を作り直す覚悟でした。

くろまさん作業中

でもいろいろやってみると、ヘッドライトを一番前まで持ってくればもう少し上げられそうだったので、ヘッドライト調整用の長穴を長くするだけで済みました。

2012-11-28_0003.jpg

この方がむしろかっこいいし、とりあえずめでたしめでたしということで家に帰ってきたんですが、相変わらずエンジンがかからず、バッテリーも弱くなってきたし、すっかり暗くなってしまったし、とりあえず日没終了。

来週末のラジカルツーリングにはのがた号でいけるんでしょうか?


HID

のがた号のハイビームが点かなくなって、まあ、ハイビームなんてめったに使わないしと思っていたんですが、新しいHIDを買ってしまいました。

HID

もちろんヤフオクの中華です。

中身はこんな感じ。

HID

HIDも日進月歩でこれはヘッドライトのコネクターに挿すだけでバッテリーに繋がなくていいタイプ。

バラストにはカプラーで接続されてるのが便利そうです。

そしてバーナーはこんな感じ。

HID

HID

そう。今回はひとつのバーナーにハイ・ローそれぞれ独立した発光点を持つデュアルバーナーです。

シェードもしっかりしてるし、なかなか良さげ。


でも一番感激したのがこの箱。

HID

ふたの中に磁石が仕込んであるようで、ベロもついてないのにパコッと閉まります。

これはびっくり。

ヒューマノイドスリーピングバッグ

別に地球環境を考えているわけではないんですが、自室では冷暖房をいれずに頑張っています。

今年の冬も暖房なしで乗り切るつもりですが、年のせいか、寒さが身にしみるようになってきました。

そんなわけで、今年はなぜか外より寒い部屋で冬を乗り切るために、こんな強い味方を購入しました。



もちろん色はピンクです。

本日届いてさっそく着てみたんですが、これはなかなか暖かくて、これなら冬を乗り切れそうです。

でも宅急便とか来た時にこれで出てしまったら変な人だと思われそう・・・

GSX-Rの作り方


ヒートテックタイツ

最近、仕事でショッピングセンターに行くことが多いのでユニクロなんて行っちゃったりしています。

そんなわけで冬の装備としてヒートテックタイツなんて買ってみたんですが、袋から出してみて大きな疑問が生じました。

これってパンツの代わりに履くのか、パンツの上に履くのか?

股間の所はグンゼパンツみたいになっていて、昔、銭湯に行くとおっさん達が履いていた猿股みたいな形をしてるんです。

形から言うと猿股のように直に履くように思えるんですが、タイツというネーミングから言うとパンツの上に履くように思えます。

いったいどっちなんでしょうか?

一番うまい牛串

SAに寄るたびにいろいろな串物を食べてますが、たぶん今まで食べた牛串の中ではここが一番美味しいです。

那須高原SA

場所は東北道下りの那須高原SA。

これがその牛串。

牛串

肉は日本一に輝いたとちぎ和牛なんですが、ここは鮎の塩焼きも売ってるので炭火を使ってて、肉も焼置きせずに注文が入ってから生の肉を焼いてくれます。

焼き方は中がほんのり赤いミディアムウエルダンな焼加減。味付けは塩コショウのみ。

難を言えば小さいことで、もう1本食べたくなるんですが、1本800円と気軽に食べられる値段ではないので我慢するしかありません。


オイル交換&ウインカーステー製作

今日はラジカルに行ってきました。

道はそれほど混んでいませんでしたが、都内では何度かファンが回ってました。

平型端子で接続してもちゃんと作動してホッとしました。


ラジカルに着いて、まずはオイルはいつものFUCHSです。

FUCHSは5,000~6,000km走っちゃっても全然ヘタらないから好きです。

そして今回のメインの作業であるウインカーステーの製作です。

ステー製作中

のがた号はウインカーのやり場がなくて、とりあえずネイキッドの時のウインカーをビニールテープでミラーに付けてたんですが、これがけっこうお気に入りでここに付けることにしたんです。

フロントウインカー

これが使用前。

そしてこれが使用後。

ウインカーステー

携帯の写真なので見えにくいと思いますが、ミラー本体とラバーの間に挟み込んで共締めにするようにしてあります。

当然ミラーの台座の形に合わせてあるので目立たないんですが、ヤフオクの激安LEDウインカーを付けるのはもったいないお値段になってしまいました。

一難去ってまた一難

昨日燃料計が表示されなくなって壊れたかも

・・・なんて言ってましたが、無事に直りました。

のがた号コクピット

昨日ネットで武川の燃料計の接続図と隼の配線図をゲットして、接続の確認をしていたら・・・

単に一本抜けてただけでした。

メーターのコネクターの根元の部分から取ってあった線なので見逃してました。

これで解決・・・と思ったら、今度はハイビームが点灯しません。

写真のようにHiにするとインジケーターは点くんですがHiに切り替わらずにライトが消えます。

もしかして電力が足りないのかもと思って(ちゃんとHIDが点灯しているんだから訳はないんですが)試しにエンジンをかけてみようとしたら、セルは回るもののエンジンに火が入りません。

冷や汗がダーと出てきました。

なんどかやってみてエンジンに火は入ってもアクセルを開けてなくては止まってしまいます。


ん?まてよ、この症状は・・・

エアBOXのチューブを指し忘れるとこんなになるのでタンクを上げてみました。

ちゃんと差さってます。


ん?もしかしたら・・・

そのチューブの根元の方が抜けてました。

再度セルを回すとちゃんとエンジンはかかりました。

・・・でもHiビームにはなりません。

暗闇の中、懐中電灯で照らしながらチェックしていると、HIDのコネクターがしっかり奥まではまってません。

ん、これか?

ぐっと押してみると入りません。

抜いて見てみると2本の端子のうち1本が折れてます。

心も折れました。

原因はこれのようなんですが、コネクターを買って来て、カウルを外してという直す気力がありません。

どうせハイビームなんてめったに使わないし、コネクターを買うのも中華HIDを買い直すのもそれほど変わらなかったりするので、とりあえず原因が分かった(・・・と思う)のでこれで良しとします。


細かなもろもろ

アンダーカウルも付けて、とりあえず完成なんですが、細かな所でいろいろやり残した所があります。

GSX1300R 隼 のがた号

まずはこれ。

水温センサー

水温センサーの線が根元からちぎれてます。

冬だからだいじょうぶだろうと思っていたら、昨日、黒魔さんとこに行った帰りに水温上昇が止まらず、120℃で水温のランプが点いてしまいました。

このカプラーはメインハーネスから直接出ているので交換は無理だし、悩んだ結果・・・

水温センサー修理1

水温センサー修理2

ギボシで直接センサーに差しました。

あとはフロントのウインカー。

フロントウインカー

とりあえず今まで付いていたのをビニールテープでミラーに固定。

案外悪くないので今度内海さんにステーを作ってもらおうと思います。

そして・・・

昨日までちゃんと動いていた燃料計が・・・

燃料計

配線に問題はなさそうだし、振るとカラカラ音がするし、もしかしたら壊れたのかもしれません。


フルカウル化完了

昨日の夜に、確か外して取ってあった物を探してみたらありました。

配線をフレームの所に固定するやつ。

2012-11-0200_02.jpg

さっそく付けてみると、これだけでずいぶん先が見えたような気がします。

今回は極太のスパイラルチューブを使ってみました。

2012-11-03_0004.jpg

そしてようやくカウル装着。

前はどのあたりに配線をまとめてたかよく覚えてなかったので、カウルを付けては外し、配線をまとめ直してを繰り返し、やっとカウルが付きました。

のがた号

ダクトがはまらなかったり、ミラーが穴が合わなかったりで区労しましたが、まあ、一度はまれば馴染んでくるでしょう。

エンジン始動

イグニッションをON。

エンジンも無事にかかり、HIDもちゃんと点灯しました。

あとはウィンカーをどうするか考えなくてはいけません。


今日はここまで

今日は午後遅めからの作業だったので、まだ完成に至りません。

こっち側から見るとあとはカウルを付けるだけみたいですが・・・

2012-11-02_0001.jpg

反対側はまだまだ配線がこんな感じ。

2012-11-02_0000.jpg

とりあえず作業終了の確認にイグニッションをON。

・・・またFIが出てます。

もしかしたらと思って、昨日ちぎれていた2本を逆に繋いでみたら直りました。

こんなこともあろうとギボシでつないで分かりやすい所に出しておいてよかったです。

問題だったのはイグニッションスイッチじゃなかったみたいです。


・・・でもだったらなんで昨日はエンジンがかかったんでしょう?


懲りずにまた・・・

フルカウルに戻そうと思ったらメーターの配線が短くて、無理やり付ければ付くんですが、線を延長することにしました。

ネイキッド化の時にヒューズボックスを移設で苦労した経験から学び、今回は元の長さに戻せるようにギボシで線を延長することにしました。

まずはそのジョイントを製作。

2012-11-01_0001.jpg

15本も線があるのでこれを作るだけでも結構な労力です。

2012-11-01_0000.jpg

半分ぐらいやった所であたりは暗くなってきました。

最近、老眼で暗くなると細かいものが見えないので、とりあえずここで作業は中断しました。

暗いところでやってもいいことがないというのも過去の経験から。

あとはまた明日です。


ハーレー試乗

以前に仕事で仙台に行った時に同じ所でハーレーのイベントをやってて、入場無料なかわりに住所・氏名・連絡先を書かなければいけなくて、それ以来、定期的にハーレーディーラーから電話が来るようになりました。

それで先日、試乗の案内をもらって、歩いて行ける距離にあるので行ってきました。

ハーレーダビッドソン中野

もともとスバルディーラーだった所だったので、かなり広いお店で、店内にはバイクだけではなくグッズやアパレルなんかもあって、いかにも「ショールーム」って感じ。

そんな訳でさっそく試乗です。

スポーツスター

まずはスポーツスター。

スポーツスターメーターまわり

メーターまわりはかなりシンプル。

軽快そうに見えても車重は隼と同じぐらいあるんですが、両足べったりなアメリカンなため緊張感はあまりありません。

でもアップハン、て言うかチョッパースタイルのハンドルがそもそも未体験ゾーンで、どうやって乗っていいか分かりません。

たぶんこのハンドルのせいだと思うんですが、なんだかフロントがフラフラする感じ。

でも慣れてくるとハーレーも悪くないかなと思えます。

で、ハーレーの何がすごいかって言うと、信号で止まっていると不思議な優越感があります。ぼくはハーレーが偉いなんて思ったことは一度もないんですが、それでもなんだか優越感があります。

偉そうなポジションが余計にそんな気にさせるのかもしれません。

ガラスに映る自分を見ると、妙に似合ってるような気がするんですが、やはりおっさん映えするバイクです。

試乗中

最初のうちはどのぐらいパワーがあるんだろう、ハンドリングはどうなんだろうといろいろ試してみたんですが、これはそもそもそういう乗り物ではないことが分かりました。

跨って、エンジンかけて、乗ってどこかに行く、以上って感じ。

それが分かると妙に心地いいんです。ハーレーの人気の秘密はその辺じゃないかと思います。

ちなみにウィンカーは左右それぞれ別なんですが、オートキャンセルも付いてて、これがなかなかよかったです。

ウィンカー


続いてダイナです。

ダイナ

ダイナ メーターまわり

こちらはスポーツスターより排気量もあるし、車重もあるし、跨るとちょっと緊張感が走ります。

走り出してみても鬼のような直進安定性で、なんだか曲がらない感じ。

エンジンはスポーツスターの方が元気がいいんですが、慣れてくるとフラットで高揚感のない特性なのに、あれ、こっちのほうがいいかな?って思えてきます。

曲がらないのも、ハンドルを切って曲がれば曲がるし、悪くないです。

高速使ってツーリングなんか行くのには、こういうバイクの方がいいのかなって気になってきます。


今までハーレーは食わず嫌いで、あえて避けて通ってきた感じですが、今回、初めて乗ってみてかなり衝撃が走りました。

まったく進化のないバイクだと思っていたら、変えないところは変えてないけど、新しいところは新しくて、使い勝手などは日本車も見習うべき所があるなとしみじみ思いました。


・・・でも買うかと言われれば、買わないですけど。



FC2Ad