MOTORCYCLE DIARY

のがたひろおのバイクな日記

エラーコード C42

FIが表示されてエンジンがかからなくなってしまったのがた号ですが、夜になってからディーラースイッチがあるのを思い出しました。

ディーラースイッチ

さっそくこれでつないでイグニッションをON。

スイッチを入れるとディーラーモードになります。

メーターの表示はFIからC42になりました。

ネットで検索すると海外サイトにエラーコードの一覧が出ていて、C42はイグニッションスイッチでした。

そう言えばイグニッションスイッチは前から調子悪くて、引きながらとか押しながらキーを回してみたんですが、相変わらずFIが出てしまいます。

イグニッションスイッチのカプラーを一度抜いて、キッチリ差し直してイグニッションをONにすると、フューエルポンプのウィ~ンという音がしました。

メーターを見てみるとFIは消えてました。

めでたし、めでたし。

スポンサーサイト

トラブル発生!

今日はようやく重い腰を上げてフルカウル化の作業を始めました。

まずはビキニカウルの取り外し。

カウル取り外し

続いて物置から引っ張り出してきたステーを装着。

ステー取り付け

ここまでは良かったんですが、なんとメーターの配線が届きません。

そんな訳で、またしてもこんなことに・・・

配線

移設していたイグニッションをトップブリッジに戻すのと、エアボックス下に無理やり押し込んでいた配線やらカプラーやらをフレームの外に戻します。

それでもメーターの配線がかなりパッツンパッツンです。

とりあえずメーターの配線はそのままにして、転倒センサーを新品に交換。

転倒センサー

エアボックスを付けてイグニッションをONにしてみました。

ん?

F1表示

水温の所にFIと出ています。

ためしにセルを押してみたらセルが回りません。

・・・ヤバイ。

あたりは暗くなってきてますが、とりあえず配線をチェック。

カプラーを2ヶ所接続し忘れてました。

再度イグニッションをON。

まだFIが出てます。

再度各部をチェック。

引っ張ったせいで線が数ヶ所ちぎれていました。

1本は水温センサー。

前からファンが回ったり回らなかったりだったので、これは前から切れていたのかもしれないですが、カプラーの根元で切れているので、これは誰かに泣きつかないと直せません。

あとの2本はヒューズBOXを移設するためにぶった切って延長した部分。リード線を全部同じ色にしてしまったのでどっちがどっちだか分かりませんが、どっちにつなげてもF1は消えません。

う~ん、どうしたものか・・・

とりあえずもう真っ暗なので残っていたリザーバータンクの取り付けだけやって、あとはまた明るい時にじっくりやりたいと思います。

リザーバータンク取り付け



大人のプラモデル作り

小中学生の頃、男の子なら誰でもやったことがあるであろうプラモデル作り。

「物作り日本」「手先の器用な日本人」の原点がここにあるのではないかと思うんですが、ぼくも多くの子供達と同様にプラモデル作りは好きでした。

・・・でも、もともと根気がある方ではないですし、買ったらすぐに組み立てて終わり。部品などは枝からむしりとるように外し、当然デカールなんかは失敗して貼れず、本当に組み立てただけという感じでした。

6年生ぐらいになると塗装は近所の友達に下請けに出したりして、今のぼくのマシン作りに通じるような気がします。

ちなみにぼくの死んだ父もプラモデル作りが好きで帆船なんかを作っていたんですが、父は部品を接着してはクリップなどで留めてしばらく乾かし、継ぎ目は紙やすりで消して、塗装も甲板の1枚1枚丁寧に木目を出して、ひとつのプラモデルを数ヶ月から数年かけて作っていました。

とにかく作り始めたら、手を止めずに作り終えてしまいたいぼくには、そういう作業なんてできるはずもありません。

大人になってヘルメットを自分で缶スプレーで塗っても、乾くまで待つということができずに失敗していて、ぼくにはそんなチマチマと時間をかけて作るという作業はできないと思っていました。

でも人間は年を取ると父がしていたような、時間をかけて作りあげていくスタイルが確立していくのか、のがた号も最近はスローペースになってきました。

またカウルを付けたくなってきたなんて言って、そのまま放置してましたが、ようやく準備を始めてこんな物を買いました。

リザーバータンク

ラジエターのリザーバータンクです。

ネイキッド化する時に捨ててしまったんですが、今のNOSボトルのままだとカウルが付かないので買いました。

まだフロントのウインカーをどうするか考えなくてはいけないんですが、これでとりあえずはカウルを戻すことができます。

あと、先日のエンジンかからない病の原因である転倒センサーも買いました。

転倒センサー


リアサス

CBR400RR

奥さんのCBRですが、奥さんが車検証をしまい込んでしまってなかなか復活させられません。

放置していてエンジンがかからなくなってはいけないので、とりあえずエンジンをかけてホンダ特販に行ってきました。(当局には内緒ということで)

やっぱり低速が調子悪いんですが、エンジンのかかりは良好、アイドリングも安定してて、このあたりはさすがホンダという感じです。

とりあえずなんとかしなくてはいけないリアサスを調べてもらったら、案の定、もう終了していて出てきません。

ヤフオクにたまに出ていますが、年式も年式だし、どうせみんな同じような状態だろうし、どうしたもんでしょう?

冬支度

ドライバースタンドがイエローハットに買収されたそうで、2りんかんからポイントカードの切り替えの案内が来ていました。

一緒に500円の優待券が入ってて、期限が10月28日までなので行ってきました。

優待券

よく見ると3,000円以上買わないと使えないとあったので、店内をウロウロ見て回ったんですが、どうも欲しい物がありません。

仕方なく選んだのがコレ。

ハンドルカバー

ハンドルカバーです。

出前のカブとかによく付いてるやつの、ちょっとおしゃれバージョン。

実は以前から欲しかったんです。

・・・というのも、ぼくは手がでかくてウィンターグローブ選びは相当苦労するんです。

ウィンターグローブはただでさえ厚手で操作感が悪いのに、オールシーズン用に比べて需要がないのか、サイズがあまり豊富じゃなく、よく闇金に「いくつXがついてるんですか」なんてネタにされるんですが、XXXLなんてほとんど売ってません。

そんなわけで値段も丁度いいし、ハンドルカバーをレジに持っていって、優待券を出して「ポイントカードの切り替えしたいんですけど」って言うと、2りんかんのカードは今までどおり使えて、イエローハットのカードに切り替えると、逆に使えない2りんかんもあるそうなんです。

そんな訳でカードの切り替えはやめたんですが、そうそると優待券が使えません。

でも店員が「わざわざそのために来てくれたんでしょうから」と500円引いてくれました。

ナイス、2りんかん!

カウル

一時はヤフオクで売ってしまってもいいかなとさえ思っていたフルカウルですが、まだ物置の奥に眠っております。

隼 カウル

寒いとカウルが恋しくなるんですが、寒いと作業したくありません。

とりあえず今日はカウルが無事なのを確認しただけでおしまい。


スクープ!隼250R登場?

1999年のデビュー時から「中型免許で乗れる隼が出れば、もっと隼女子が増え、ツーリングやミーティングも華やかになるのに・・・」と、おっさん比率の高い隼オーナーの悲痛な叫びが聞こえていましたが、そんな声にようやくスズキが応えてくれたようです。

vanishing_busa.jpg

スペックや発売時期は不明ですが、かなりコンパクトな仕上がりのようです。

なぜか旧モデルのデザインを踏襲していますが、ディテールまで拘った、1300と遜色のない仕上がりのようです。


地図にない道

今日は黒魔さんにお昼を誘われたので群馬で行ってきました。

メインジェットを交換してから近所をちょこっと乗ったきりでしたが、エンジンが暖まるまでぜんぜん走らないので、パイロットスクリューを回して濃くしてみました。

今度はちょっと濃いかもしれないですが、まあ、気になるほどではないのでそのまま出発。

笹目通りを北上していると、以前は工事をしていた道が開通していたので行ってみました。

P1000656.jpg

でも新しい道にありがちですが、先の方で道が狭くなってて、とりあえず右に曲がってみたら何故かまた笹目通りに出てしまいました。

ちなみに群馬はとっても快調で、6,000rpmぐらいからパァ~ンと弾けるような音になって、やっぱり2ストっていいな~と思いました。

でもブレーキは効かないし、フォークは思いっきり沈み込んじゃうし、その辺もなんとかしなくちゃいけません。

頭痛いと思いながらも、こういうことを考えていると顔がニンマリしてしまいます。

でももっと頭の痛いCBRもあるし、それを思い出すと、ニンマリ転じて苦悩の悶絶顔って感じです。


湯河原で同窓会と伊東でステーキ

昨日は湯河原にある中学時代の恩師の別荘に同級生が集まるという毎年恒例の行事があったので、のがた号で行ってきました。

小田厚から箱根新道で山越えルートで行ったんですが、大観山は貸切のイベントがあるということで入れませんでした。

近くにいる人に聞いたら、トヨタの86のイベントがあるそうです。

大観山

仕方なくそのまま椿を下って行くことにしたんですが、バイクも少なく、天気のいい週末とは思えない閑散とした感じで、まったり走ってきました。

でもタイトなコーナーの連続に、なんだか車酔いしたみたいで気持ち悪くなってきました。年は取りたくないものです。


一夜明けて、今日は内海さんと伊東にステーキを食べに行くことになっていたので、とりあえず夕方まで時間をつぶさなくてはいけません。

まずはロープウェイに乗って熱海城を見てきました。

熱海城

熱海と言えば秘宝館ですが、ひとりで1500円も払って見るのもなんだし、そのまままたロープウェイで下りました。

まだ時間があるので後楽園ホテルに行って温泉に入って、休憩室でごろ寝して時間をつぶして内海さんと合流しました。

P1000654.jpg

そして久々に伊東のCOWBOY'Sです。

COWBOY

他にお客さんがいなかったせいか、店のおやじは「もやし大盛りにする?」「ご飯はおかわりしてよ」「脂身好きだったら多くするよ」と、相変わらず下田のかつ一の店主と兄弟なんでは?と思わせる勧めっぷりでした。


LEDスライダー

ヤフオクにこんなのがありました。

LEDスライダーです。



ナイスアイデア!

HID グレア対策 その後

以前にHIDのグレア対策としてシェードにリングを入れてみましたが、光が何ヶ所かに集中してしまうようになってしまいました。

マルチリフレクターって微妙なんですね。

・・・という訳でリングを外してみました。

HIDグレア対策


あの人は今・・・

ネットで画像検索していたらこんな隼が出てきました。

8502585B3012100700400.jpg

セテさんのです。

隼降りちゃったんでしょうか?

またひとり99隼乗りが減ったと思うと寂しい限りです。

久々に行ってきました

おととい、悪い虫がウズウズと・・・なんて言ってましたが、早速こんな所に行ってきてしまいました。

ハイライト

外観からは何だか分かりませんが、中に入るとこんな物が・・・

ウルトラマン

ウルトラマンの生首がゴロゴロしてます。

そして更に奥にははこんな物が・・・

TZ

TZ500だか750だか2スト4気筒、鉄フレームのマシンが無造作に置かれています。

そう、ここは夢工房ハイライトです。

黒魔さんとこといい、アーチストの作業場というのは出来上がってくる作品からは想像を絶する所が多いようです。

「実は塗装したいな~なんて思ってるんだけど・・・」

「ぶっちゃけ、いくらなら塗っちゃう?」

「○万円・・・」

「ぶっ・・・、そりゃあ無理だ!」

なんてお話をして帰ってきました。


悪い虫がウズウズと

最近、やや放置気味の隼ですが、涼しくなってきたせいなのか、またフルカウルが恋しくなってきました。

昔付き合ってた女性をふと思い出して、なんだか無性に恋しくなるような、まるで愛憎物語のようです。

まあ、昔の彼女と違って、カウルの場合は元に戻せばいいだけの話なんですが、散々、内海さんと黒魔さんに苦労をかけて、1年も経たないうちに元に戻すのも忍びないし。

GSX1300R 隼 ネイキッド

GSX1300R 隼

ネイキッドとフルカウル、どちらも捨てがたい。

・・・でも、悪い虫というのはそれだけじゃないんです。

どうせフルカウルに戻すんなら塗り直し・・・

シートカウルはいずれはやり直さなきゃいけないし・・・

なんて考えちゃうんです。

どうしたもんでしょう。

CBRの洗車

今日は以前ヤフオクで落札してあったサイドカウルを付けました。

ヤフオクのカウル

入手してから1年も経ってました。

あと同じく傷だらけのエアダクトを黒く塗ろうかと思っていたんですが、奥さんが銀じゃなきゃ嫌だと言うので仕方なく傷だらけのまま装着しました。

ダクト

それから洗車。

CBR400RR

パッと見はきれいなんですが、各部ボロボロです。

サイレンサー

BEETのナサートらしきマフラーはアルミサイレンサーなのにエンドは鉄なのか錆でこんなになってます。

これではせっかくのチタンマフラーも霞んで見えてしまうので、なんとかしたいところです。

エキパイもせっかくガルアームなのに普通の位置から出ているからステップ下がスカスカで、ここもなんとかしたいところです。

でも昔は保土ヶ谷のランプでステップを擦って走ってたという奥さんの過激な走りできれいに焼けたエキパイを換えるのももったいないし、どうしたもんでしょう・・・?






ホンダ特販

キャブを掃除してもエンジンがかからないCBR400RRですが、プラグをどうやって交換すればいいかも分からないし、タンクの中で腐ってるガソリンも処分してもらいたいし、バイク屋に持っていくことにしました。

ホンダ特販

ここはぼくが高校生の時によく行ったホンダの店で、当時は中野にあったんですが、今は引っ越してうちからかろうじて徒歩圏内なので、タイヤの空気も抜けてやたらと重いCBRを押していきました。

昔はじいさんと息子でやっていたんですが、今はその息子がじいさんになってて、店内には今はじいさんになった息子が当時新車で買ったCBXがまだありました。

ホンダ特販

ここに来るのは30年ぶりなんですが、こんなバイクもあって、なんだか当時にそのままタイムスリップした、みたいです。

ホンダ特販

で、その日は置いて帰って、プラグを換えたらわりとすんなりエンジンはかかったらしいんですが、いたる所からガソリンが流れ出して、結局、ゴム類やらストレーナーやらいろいろ交換しなくてはいけなくて、持っていって正解でした。

そして今日、取りに行ってきました。

隼 RGV250Γ CBR400RR

車検はまだですが、とりあえず走れるようになった記念に3台並べて記念撮影。見事に全車90年代です。