MOTORCYCLE DIARY

のがたひろおのバイクな日記

のがた号ネイキッド化 2

本日のお買い物。

ハリケーン ミラー


なんと左右で2730円!


ひょっとして値段の付け間違い? ラッキー!!


・・・と思ったら。


ハリケーン ミラー


帰って開けてみたら、とってもチープな樹脂製。

それでもこの値段はよく頑張りました。


ミラーよりもこの状態を早くなんとかしろって感じですが、ヘッドライトをどうするか決めないことには先に進めません。

のがた号


今、いいなと思っているのは新型V-maxのヘッドライトなんですが・・・


vmxparts2.jpg

vmxparts.jpg


え、全部で7万2000円?


2730円のミラーを買ってる人間がヘッドライトごときに7万円なんて払えるはずないじゃないですか!


う~ん、どうしよう・・・・


スポンサーサイト

ネイキッドレース

以前にRoadster Cupという海外のネイキッドバイクのレースを紹介しましたが、他にもっとないのか naked race で画像検索してみました。



すると出てくるわ、出てくるわ




SNN0713XX-380_525396a.jpg


こんなのばっか。


しかもほとんどが前から写してるので、ご紹介できません。



さすが欧米人。




気を取り直して naked bike race で検索してみました。




World_Naked_Bike_Ride__London_04_(537451263).jpg



あ、やっぱり・・・



というわけで来年もよろしくお願いします。



のがた号ネイキッド化 1

昨日、私用で日の出町まで行ってきた帰りに、通りがかったライコランド多摩でブレンボ用のミラーホルダーを買いました。

それから田無のドライバースタンドでブレーキマスター側のミラーホルダーを買いました。

とりあえずネイキッド化への第一歩です。

ミラーホルダー

家に帰って撮影したんですが、なんか変です。

このブレンボ用、ひょっとしてブレーキマスター用?

ネットで調べてみると、POSHのブレンボ用ミラーホルダーはクラッチ側もブレーキ側も同じ品番です。

確かにクラッチ用って書いてある所から取ってきたと思ったんですが・・・

そんな訳で今日、交換してもらうためにまた行ってきました。

売り場を見るとクラッチ用と書いてある所もブレーキ用と書いてある所も、両方混ざって置いてあって、そのためにこんな遠くまで来たっていうのに「あ、すいません」だけ。

まあ、交換してくれたからいいですけど、もう少し対応の仕方があるんじゃないかと怒りに震えました。

で、家に帰ってさっそく装着。

ミラーホルダー

ついでにカウルも外して物置に入れてしまいました。

気持ち的に、もう後戻りできません。

のがた号

どうしよう・・・

ネイキッド化を考える 2

ネイキッド化するにあたって、まったくのネイキッドにするか、ビキニカウルにするか悩みどころなんですが、なんとアジアの国にビキニカウルの宝庫がありました。

blue-vi.jpg

R0010888s.jpg

タイホンダのソニックというマシン、俗に言うタイカブです。

これがまたいろんなバリエーションがあって、ストリートファイター御用達って感じなんですが、難点はどこで買えばいいのか分からないことと、かっこはいいけどヘッドライトは25Wのウインカーの玉みたいなことです。

ビキニカウルは諦めてヘッドライトむき出しだと、ヨーロッパで一番人気のMT-03あたりでしょうか?

503857055_tp.jpg

闇金が付けてるやつなんですが、これがイタリアヤマハなもんで、輸入すると6万円ぐらいかかっちゃうのが難点です。

そうなると国内でも売ってるグラディウスあたりで妥協するのもアリかもしれません。

402727556_o.jpg

・・・なんて思っていたら、なかなかいい感じのビキニカウルがありました。

xt660z.jpg

XT660Zというオフ車のカウルです。

う~ん、これはいい感じ・・・と思ったら、これもなんとイタリアヤマハ。

どうしたもんか・・・


ネイキッド化を考える

言い出してからずいぶん経ちますが、相変わらず、のがた号のネイキッド化を考えております。

最近はイタリアかどこかで、ROADSTER CUPなんてネイキッドバイクのレースがあったりなんかして、ネイキッドもけっこうレーシーだったりします。

ROADSTER CUP

ストリートファイター系やエクストリーム系より、やっぱりレーシーがいいな、なんて思ったりして、ちなみに日本のこういうのもけっこう好きなんです。

GSFレーサー

もともとは日本で流行ったものですが、最近では外国もあなどれません。これはSPONDONのZ1000Jで、ものすごく、スゴイって訳ではないんですが、なかなかマネのできないセンスです。


SPONDON


ストリートマシンで最近注目なのはRADICAL DUCATIです。

RADICAL DUCATI

以前、内海さんに教えてもらったんですが、ラジカルとはぜんぜん関係ない外国のチューナーです。

ストリートマシンと言えば、こんなのをみつけたんですが、これって普通に考えるとすごくかっこ悪くなりそうなのに、どういう訳かかっこよく仕上がってて、かっこいいとかっこ悪いの境界線って微妙なんですね。

GSX-R1000 RETRO

・・・ということで、のがた号のネイキッド化の妄想はまだまだ続きます。


ラジツー

今週末は恒例のラジツーでした。

CA3H0054_20111211224705.jpg

CIMG4730.jpg

CA3H0064.jpg

詳しくはWEBで。

驚愕のマシン

Googleで画像検索をしていたら、こんなマシンがありました。

GSX-R

ヨシムラジャパンが86年にAMAスーパーバイクに出た時のマシンなんですが、ブログを見るとマシン製作について書かれているんですが、どうも個人でやっているようなんです。

でも何か様子が違うんですがこれってプラモデル?

でもGSX-R750のプラモデルなんて出てましたっけ?

GSX-R

GSX-R

なんとびっくりなんですが、この人、すべてワンオフで作ってるんです。

その驚愕の制作日記はこちら


電気

先週、バッテリーが上がって、このままのがた号を捨ててしまいたい衝動に駆られましたが、そうも言ってられないので見てみました。

やっぱり気になるのはここ。

レギュレーターの線

なんだか先週、ラジカルで見た時よりも焼けてる感じです。

コネクターは焼き付いてるのか全然取れないし、根元から切ってつないでみました。

レギュレーターの線

ついでにアーシングを作ってみました。

アーシング

普通、アーシングってすごい太い線を使ってますが、あんなに太い必要あるのか?ということで、普通の線で作ってみました。ちなみにヘッドカバーのあたりと、クラッチカバーのあたりと、スロットルボディとフレームから持ってきました。

これで費用は数100円。

まだまだバッテリーの充電が終わるまで時間があるので、ゼッケンをはがしてみたら・・・

塗装がはがれちゃいました。

仕方がないので少し大きめにゼッケンを作って、もう一度貼りました。

ゼッケン

まだバッテリーはフル充電ではないですが、暗くなってきたし、もういいやって積んでしまいました。

ここで秘密兵器登場!

線とか金具とか買った時にホームセンターで一緒に買ったテスターです。

テスター

とりあえずイグニッションオフの状態で13.2V。

エンジンをかけてたら14.5~6V。ライトを点けて14.3V。

とりあえず大丈夫そうです。