MOTORCYCLE DIARY

のがたひろおのバイクな日記

一難去ってまた一難

昨日、ラジカルにのざが来て、ダンロップのα12があんまり良くないという話をしていて、リアのプリロードをかけて、55扁平ぐらいの車高にするといいと言われて、さっそくやってみました。

ついでにフロントも抜いてかなり良くなったんですが、そうしたら低速でフロントが切れ込むようになっちゃったので、フロントのダンパーをいじってみました。

で、試乗がてら、ネイキッド化の相談がてら、黒魔さんのところに行ってきました。

ハンドリングはだいぶいい感じになったし、フロントが下がってリアが上がって見た目にも良くなり、やっぱりネイキッド化しなくてこのままでいいかな・・・なんて思ってしまいました。

それから黒魔さんがライコに行くというので、一緒に行って、そろそろ交換しなくちゃと思っていたグリップを買いました。

progrip

プログリップの安いやつなんですが、この樽型のもっこり感が妙にいい感じで、かなり気に入ったかもしれません。

そして暗くなってきたし、帰路につくことにしました。

黒魔さんとファミレスでドリンクバーをがぶがぶ飲んだせいか、途中でしっこしたくなり、笹目通りのコンビニでしっこして、さあ帰ろうと思ったらセルが回りません・・・

マジですか?

昨日、問題解決!とか言っておきながら・・・

しばらくコンビニで時間をつぶして再度トライしたんですが、バッテリーがあがっててぜんぜんダメです。

仕方がないから押しがけしてみたんですが、フューエルポンプも動いてないみたいでぜんぜんかかりません。

押しがけをトライしながら笹目通りを南下して、いいかげん疲れたので歩道で一休み。

のがた号 立ち往生

そういえば闇金の家の近くなので電話してみました。

「今、家?」

「ジャンプケーブルなんて持ってる?」

闇金はちょうどぼくのブログを見て「直ったんだ~」と思っていた所だったそうで、「なんだ、やっぱダメなんじゃないすか」って感じで、快く助けに来てくれました。

闇金

ケーブルつないだら新品のセルが勢い良く回り、まったく問題なくエンジンはかかりました。

ありがとう闇金!

で、家に帰って調べてみると、新型の隼の話ですが、3,000~4,000rpmで走ってる時にラジエターファンが回るとアンダーチャージでバッテリーがあがるなんて話があって、帰りの川越街道が激混みで、すり抜けでちんたら走っていたらファンが回りっぱなしで、きっとそのせいに違いないと勝手に納得してみました。

スポンサーサイト

問題解決!

のがた号ももうじき12年目ということで、いろいろ問題が出てきていますが、とりあえず早急に何とかしなくてはいけない問題を解消すべく、ラジカルに行ってきました。

家を出る時に恐る恐るエンジンをかけると

むきゅきゅきゅきゅ・・・

ぶぼぼぼぼぼ・・・

セルの回りは悪いですが、とりあえず問題なくかかりました。

甲州街道のガソリンスタンドでガソリンを入れてエンジンをかけると

むきゅ・・・きゅ・・・きゅ・・・

メーターはリセットになるものの、なんとかエンジンはかかりました。

東名に乗って海老名に寄りたい衝動にかられつつも、海老名でかからなくなってしまったら怖いのでそのまま厚木まで。ここまでくれば大丈夫だろうと129の小林屋でお昼のラーメン。

そしてのがた号にまたがりセルを回すと

むきゅ・・・・・・・

もうセルが回りません。

仕方ないのでラジカルまで押して行きました。

そして一休みした後、さっそく作業です。

隼 セルモーター交換

はい、セルモーターの交換です。

隼 セルモーター

外したセルモーターは振るとカタカタ言ってて、いかにも終わってる風。

隼 セルモーター交換

そして新しいセルモーターに交換。

スターターボタンを押すと・・・

キュルルルル ぶぼぼぼぼぼ~!

モーターがダメなんじゃないかという読みは当たり、始動不良は見事直りました!

ちなみに品番が変わっているので、2000年だったか2001年だったかに出た対策品です。


作業したついでにネイキッド化の検証をしてみました。

のがた号 ハーフカウル仕様

まずはハーフカウル仕様。

これもなかなか捨てがたいです。

カウルをとっぱらうとこんな感じ。

のがた号 ネイキッド化の検証

ライトをどんな風にするかが悩みどころですが、メインハーネスやリレーをどこに隠すか、HIDのユニットをどこに付けるかなどは内海さんに悩んでもらうとして、あとはラジエターホースの取り回しなんかもなんとかしたいところです。

ウインカーもなんとかしなくてはいけないし。

とりあえずいろいろ妄想を膨らませてみるということで、またカウルを付けました。



なんだかかっこいい



ものすごいカスタムってわけでもないのに、なんだかとってもかっこいいです。

R/Rフェスタ

今日は早く家を出ようと思っていたんですが、陽が差してきたので、まず洗濯をしました。

それからのがた号を出して、軽く拭いて、エンジンスタート!

むきゅ・・・きゅ・・・きゅ・・・きゅ・・・・

かかりません。

仕方ないのでマーチからジャンプしてかけました。

すっかり遅くなってしまいましたが、お台場の会場に着くと・・・

RRフェスタ

なんと入口まで長蛇の列。

1時間ほど待ってやっと中に入ると着ぐるみがお出迎え。

頭を取ると中から見覚えのあるロン毛とロン顔。

編集長のつっきーでした。

RRフェスタ

晴天祈願のてるてる坊主の着ぐるみだそうですが、顔はどう見ても雪だるまです。

RRフェスタ

停めた所のすぐそばでグッドルッキンの撮影会もしてましたが、とりあえず今回はパスして会場をうろうろして、クラスフォーのブースでちょこっと横田さんと話しをして帰ってきました。

カスタムバイクコンテストもやっていましたが、どうもイマイチ。

RRフェスタ

しいて言えば外人がいっぱいいるブースにあったZらしきマシンがかっこよかったかなという感じです。

RRフェスタ


R/Rフェスタ

明日はお台場でR/Rフェスタなるものがあるらしい。

RRフェスタ

最近はバイク雑誌も買わないし、レースも行かないし、ツーリングも細くてくねくねした所ばっかりで、世の中の動向もすっかり分からなくなっているので、行ってこようかと思います。

ターボ スポーク



「Hey! 君の自転車でこんなかっこいい音を出したくないかい?」

アメリカのR1

アメリカではR1にショートマフラーが流行ってるんでしょうか?



つや消し黒だとけっこうかっこいいかも。

フューエルポンプ移設計画

今日はお歳暮にハムを送るために御殿場の二の岡フーヅに行って、箱根の山越えをしてラジカルに行って、もろもろの相談をしてきました。

GSX1300R 隼 のがた号

まずはのがた号ネイキッド計画。

隼はカウルの中にごちゃごちゃいろんな物が入ってないから割と楽にできるそうです。

まあこれはまだまだ妄想の域だし、なんだかんだ言っても、この隼のスタイルは捨てがたいし、まだまだ先の話です。

で、現実問題としてはチェーンとスターターとフューエルポンプ。

チェーンは買い換えればいいだけの話。

スターターは10年以上も問題なく使えてたから、先日話したスターターギアの問題はまあだいじょうでしょう。安っすいバッテリーの可能性もなくもないですが、モーターなんていうものは消耗品ですから、スターターモーターをまず換えてみるのがよいということで話がまとまりました。

・・・でもまだ注文してないですけど。

同じモーター駆動ということで、止まっちゃうのは別として、低速でガクガクしたり、街中で調子悪かったりするのは燃料ポンプが弱ってきていて燃圧が安定してないのかもしれません。

どうせならアフターマーケットの燃料ポンプと思っていたんですが、いまどき外付けのインラインポンプなんて日本ではほとんど見ないし、海外通販で買いたくてもぼくはクレジットカードが持てない人になってしまったので無理だし。

すると消去法で純正のインタンク式しか残りません。

インタンク式の何が問題かというと・・・

隼00タンク

これが99-00のタンクの裏側。

隼05タンク

そしてこれが01以降のタンクの裏側。

外から見ると同じでも裏側は全然別物。今のタンクを加工して取り付けるのはかなり大変・・・

と思っていたら、内海さんが01以降のタンクの裏側を切り取って、それを今のタンクに溶接しちゃえばいいかもって。

それなら今のタンクが使えるから塗装の心配はしなくていいし、コストもかなり抑えられます。

これはいいかも・・・

2012 GSX-R1000

2012年のR1000が出ました。