MOTORCYCLE DIARY

のがたひろおのバイクな日記

たばこやツーリング

先日突然、闇金からメールが来て、急遽ツーリングに行くことになりました。

たばこやツー1

たばこやツー2

場所は2年前に行ったたばこや。

今回は急だったので闇金とのざとぼくの3人でしたが、みんな乗れてなくて、けっこうまったりしたツーリングとなりました。

詳しくWEBで。

スポンサーサイト

計画から妄想へ

さて、ぼくのライフワークとも言える燃料ポンプ問題ですが、先日SBSでポンプ自体が発熱してしまうのが問題だという事を聞いて、そうなると対策は2つにひとつということになってしまいます。

ひとつは外付けのままでポンプだけを換えることです。



こんな風にノーマルの位置に取り付けられるようにセットアップしたものも売ってるようです。

燃料ポンプ

もうひとつは01以降のタンクとポンプを買って、インタンクにしてしまうことです。でもタンクを換えるとなると、せっかく内海さんに加工してもらったタンクが使えなくなってしまうことが悩みどころです。

タンク 1

新しくタンクを買って、同じように加工してもらったとしても、安っすい塗装屋は安いだけあって同じ色が作れないという問題もあります。

そうなるといっそのこと、アルミタンクなんていう手もあります。

アルミタンク

隼のアルミタンクと言えばヨシムラですが、あのヨシムラロゴが誇らしすぎて、どうしても付ける気がしません。でも写真はブライトロジックで、結局、作っているのは同じところなんですが、こちらはロゴも入っていないし、ノーマルのタンクキャップが使えるところがいいです。

で、どうせ塗らなければいけないのなら、いっそのこと全塗装なんて、妄想が膨らんできます。

最近、カウルを取ってネイキッドなんていうのもかっこいいかな、なんて思ったりもしてるんですが、そうすればカウルがない分、安くなるし、なんて妙に貧乏臭い、現実的な妄想になってしまうところが悲しいです。

カウルを取るとこんな感じなんですが、けっこうイケてると思いません?

作業終了

イメージとしてはこんな感じ?

busa

闇金と同じ顔になってしまいますけど、ま、こんなのもありです。

カウルレス 隼

・・・という風に、ポンプの問題からどんどん違う方に妄想が膨らんでしまいます。

こんなことをしているから10年以上も同じ問題で頭を悩めなければいけない羽目になってしまうのかもしれません。

HAYABUSA大全

ネットでこんなのを見つけました。

HAYABUSA大全

いつの間にかなくなってたMr.バイクのWEB版のようです。(画像をクリックすると行けます)

でも中身を見るとNOGACYCLEのハヤブサの歴史のほうが詳しく載ってます。・・・て言うかほぼパクリ?

まあNOGACYCLEのは08モデルまでで更新してないけど。

だって新型は何がどう変わろうと、なんとなく他人事だし・・・


ところで今日、SBSに行ってきました。

先日のスターターギアの件を聞きに。

さすがにもう12年も前のバイクに無償交換はしてないようです。

そもそものがた号なんてピットにも入れてもらえないし。


でも変更前のギアもちゃんと部品で出るようです。

スターターギア

なんとなく隼のことを調べていたら、HOC(隼オーナーズクラブ)の過去ログに気になる記事がありました。

「夏場にセルが回らなくなる」という相談だったんですが、そう言えばこの夏、のがた号もセルが弱くて、それでバッテリーを交換したんですが、それでもセルが回りづらいんです。

安っすいバッテリーを買ったせいだとばっかり思っていたんですが・・・


誰かがその質問にレスを書き込んでました。



うちの00年式も夏場に同様のケースになる時がたまにあります。

稀にしかでないので、まだ対策はしてませんが・・・ いま疑っているのは、セルのギアとアイドラギアの噛み合わせがキツ過ぎるのではないかと疑っています。

セルのギアとアイドラギアが普段からきつく合わさっているため、エンジンがあったまると熱膨張して、セルが回りにくくなるのでは? と・・・

ちなみに、うちのブサでこの症状が出るときは、セルは少しは、まわりますがバッテリーが上がったような感じで、メーターが再起動、時計がリセットされます。



しばらくして相談者からレスがありました。



様々なご意見ありがとうございました。

機能(昨日)RBより連絡があり、どうやらセルモーターのギアとその周辺に問題があるようです。

○○様のご指摘の通りやはりセルのギアとアイドラギアのところが熱膨張できつくなってセルが回りにくくなってこのような症状になったと考えられるとのことでした。

只今、部品を発注しているということで、来週には退院できそうです。



スターターギアとアイドラギアが欠けるという問題があって、2001年にギアが強化品になり、2003年に設計変更が入ったことは知っていましたが、こんな問題もあったんですね。

スターターギヤ

画像はネットで拾ったものですが、こんななってしまうらしいです。

アイドルギア

で、これが対策品の3枚ギア。

熱膨張というのはどうなのか分かりませんが、ギアを交換して直るのなら、そのあたりが問題であることは間違いありません。

ちなみに6万5000円ぐらいだそうでかなりの出費です。



どこかで見たことがあるような

ネットを見ていたらこんなマシンがありました。

旧のがた号もどき

TL-Rのようですが、どこかで見たことがあるような・・・

パターン

あ、昔ののがた号。

パクリですね。

紳士の国

バイクはレーシーが一番と言ってるわりには、最近ちっともレースなんて見てません。

たしか先日、延期になっていたMotoGPがもてぎで開催されたようですが、今、GPに誰が出てるかも知りません。

でもイギリスのスーパーバイクはたまにYouTubeで見ちゃったりなんかします。

紳士の国のスーパーバイクは激しいですな。




ステップ交換&車高調整

先日ヤフオクで落札したBATTLE FACTORYのバックステップを取り付けました。

BATTLE FACTORY

で、毎年恒例の湯河原にある先生の別荘での同窓会は試乗がてらガンマで行きました。

シフトロッドがフレームに干渉しているのと、ブレーキペダルがこれ以上下げられないのが気になりますが、いい感じに窮屈なポジションです。

箱根新道から椿・・・、と思ったんですが、集合時間に遅れそうなので海沿いから行きました。

そのまま泊まって翌日はラジカルに寄ってきました。

せっかくバックステップも付いたことだし、・・・ってバックステップとはぜんぜん関係ないですがケツ上げを行いました。

リアサス取り外し

ガンマの純正サスには車高調が付いているので、生まれて初めて自分でリアサスを外してみました。

リアサス

やればできるもんですな。

ケツ上げ

とりあえず見た目重視で2cmほど伸ばしてみたら、けっこうケツがあがりました。

ちなみに使用前はこちら

使用前

で、使用後がこちら

使用後

う~ん、レーシー。

心配していたハンドリングは、特に気になるほど変わらなかったのでよかったです。