MOTORCYCLE DIARY

のがたひろおのバイクな日記

心にガンマを持つ人

ハヤブサの方々からは何故ガンマ?と思われていますが、実はこういうことなんです。


1990年代のクラブマン誌の記事より

そういえばあの4気筒ガンマは
いったいどこで息を潜めているのだろう。
ああ~ガンマはいずこへ。

 エンスーなライダーからよく聞かされる話で、一つのバイクのことを好きになったり、嫌いになったりして手放してみたかと思えばまたすぐに買い戻したり、という一種の愛憎物語的パターンがある。
 先日取材した2スト4気筒400Γのオーナー氏は、まさにそれだった。
 父親の仕事の関係で米国西海岸で育ったC君、日本の大学に進学したものの、卒業後6年間ほど日系企業のロス支店で働いていた。
 バイク好き、カスタム好きの彼はカリフォルニアでGSX-R750に乗っていた。GSX-Rが速いバイクだったからC君は乗っていたのだが、バハカリフォルニアまでのツーリングから帰ってくる途中、C君の頭の隅に2ストがほしい!という思いがムクムク湧き上がり始めてきた。
 C君は3年前、日本に帰国したが、帰国するJAL機内でスチュワーデスの制服をみて、半立ちになりながらひらめいたのは「ウォルターウルフカラー('84~'86年の間、全日本ロード500ccクラスを走った水谷勝選手のcミームカラー)のガンマ400!」であった。
 半立ちの思いで2週間後、彼は上野の中古車屋に向かった。するとどうだろう。ガンマ400は店の奥でピカピカに磨かれ、C君を待っていてくれたではありませんか。怪しく笑う呼び込みの男は、低いダミ声で「ガンマかい、安くしとくヨォ」と誘う。もちろんC君が「◎買う」の方にカーソルを進めたのは言うまでもない。日本円に替え忘れたドル紙幣の入った財布を取り出し、契約書にサインをした。
 遂に手に入れた2ストローク4気筒は予想以上に速かった。なにしろカリフォルニアで乗っていたGSX-Rよりも速い。加速に目がついていかないほど速いのだ。
 C君はそのガンマを早速カスタムし始めたのだが、アメリカ生活が長かったせいか足周り、特にタイヤは出来る限り太くした。すると、それまではアクセルを開けるとハンドルがブルブルと震えていたのだが、それは収まりコーナリングもスムーズにクリア出来るようになった。
 そのころ青少年の間では首都高バトルが流行り出していたが、C君はそういう流行に「帰国したばかりだから・・・」(本人談)加わることもせず、一人、峠や深夜のハイスピードライディングを楽しんでいた。
 新しい会社に入って仕事にも慣れた頃、C君はガンマの車検が切れて乗らなくなってしまう。ガンマは速かったが、ハンドリングは悪いし、オイルは食うし、ガス代はかさむし、悪いところばかりに目がいくようになっていたことも確かだった。そしてC君はカリフォルニアを懐かしむようにGSX-Rを再び購入。
 しかし、一たびガンマの悪っぽさを体験してしまった彼が、2ストローク4気筒のことを忘れられる訳がない。アクセルを全開にした時の白煙をバックミラーで見た瞬間、身震いするほどの快感を覚えてしまう彼は、2ストロークジャンキーになってしまった自分を自覚する。
 実際、GSX-Rに乗っていると交通の流れに乗って走れるのに、ガンマに乗ると右手が言うことを聞かなくなる。28歳にもなった彼は、人並みに自分の命を心配するようになったが、ガンマに乗ると、彼は16歳のガキとまったく同じだ。
 でもそれではいいわけがない、ガンマを降りないと社会復帰できないかもしれないという不安感を持つ彼は、また今新しい悩みをかかえている。
 どうしてもガンマを譲って欲しいいう人が現れたのである。
 「ああこれでヤメられる」と思いながらも、何かすっきりしない。もうガンマに乗れなくなるかもしれないと思うと、心が痛む。
 このように好きなんだけどイヤ、イヤだけど好き、でもヤメてしまいたいというような悩みはもしかしたら恋愛以上のものがあるかもしれない。
 これを一般大衆のレベルに変換すると、近郊都市の農家の息子が、庭に建てられたプレハブでするアンパンを今日こそヤメタイと思うに似ていなくもないし、55歳のオバサンが22歳のホストに入れ込むのにも近い。
 しかし中学生が明日はテストだからといって自家発電を中止するのとはワケが違う。
 ともかくそういうように、バイクに対してイヤになったり好きになったりするというのは、C君にとってガンマが、単に上野で買った中古のバイクではなく、ガンマの形をした自分、つまりガンマは自分の身体の一部であるからなのですね。
 そういう意味では心の中にガンマを持つ人は、幸福なエンスージアストなのである。



はい、取材を受けたC君とはぼくのことです。

ちなみにその時の上野で買った中古車がコレです。

400ガンマ

その後も愛憎物語は続き、今度は500ガンマを手に入れました。
それがコレです。

500ガンマ

スポンサーサイト

チェーン・スプロケ問題 2

もうサンスターのスプロケを買ってしまったのでとりあえずは必用ないですが、AFAMから鉄スプロケとチェーンをセットにしたキットがありました。



アマゾンって本だけかと思ったら、バイクのパーツまで売ってるんですね。

ちなみにパーツリストまであります。



Hubless Wheel

チェーン&スプロケ問題

さて、相変わらず不景気の真っ只中、いい加減にチェーンとスプロケを何とかしなくてはいけません。

内海さんに相談するとヤフオクとかで安いの買ってくれば?と言ってくれるんですが、やっぱりいつもお世話になっているし、ラジカルで買いたいところですが、とりあえずヤフオクをチェックしてみました。

RK、DID、EKはかなり安いです。

本当は内海さんお勧めのREGINAを使ってみたい気もしますが、ヤフオクで買うんなら必然的に上記の3つからの選択になりますが、今までずっとRKだし、無難なところでRKになるのかな~って感じです。

マシンなりの推奨チェーンだとGV530X-XWということになりますが、値段から言うと今使ってるGV530R-XWも魅力です。

ちなみにRは軽量・低フリクションが売りのSS向けチェーンで、いいことはいいんですが多少伸びは早いような気がします。

あとは値段が多少上がりますが、BL530-XWという黒いやつもあります。

メーカーのホームページを見ると、どのチェーンも低フリクション!耐久性UP!と書かれているので、モデルごとの違いがイマイチよくわかりません。

ネットで実際に使ってる人の声を聞いてみようと思って検索してみても、「今までのヤレたチェーンと比較すれば格段に軽くなった」とか「ぼくには違いは分かりません」とかいうのばかりなのであまり参考になりません。

まあ確かにぼくだってそんなインプレしか書かないし、しばらくしたらチェーンを換えたことなんて忘れちゃうし、チェーンのインプレなんてそんなものでしょう。

結局、答えも出ないまま、また例によって奥さんの送り迎えを頼まれて家を出たんですが、時間つぶしに量販店に寄ってチェーン・スプロケ売り場を覗いてみました。

すると・・・

サンスターのマグ鍛用、サイズもぼくがほしい41tの「開封済 傷・汚れアリ」というのが大特価で売ってました。

これは出逢い以外の何ものでもありません。

バイクの神様がぼくに「スプロケを買いなさい!」と言ってるとしか思えません。

スプロケ

・・・という訳で買ってしまいました。


チェーンをどうするかは、これからじっくり考えます。

謎のレーシングマシン

YouTubeでしばしば見かけて気になっていたマシンがあります。

FIATにバイクのエンジンを載せたやつなんですが、関連動画で次から次へと出てくるんです。

なんでわざわざそんなへんてこりんなマシン?と思っていたら、イタリアではこういうマシンが最強な競技があるんです。

その競技というのがコレ



はい、ジムカーナです。

さらにオートスラロームという不思議なレースもあって、これは峠で行われるレースなんですが、ところどころにパイロンでシケインが作られてるんです。





なんとも不思議なレースですが、たしかにちっちゃいFIATに加速の鋭いバイクのエンジンというのは利にかなっているような気がします。

でもコレを見るとFIATの部分なんてひとつもないんですが、このマシンを果たしてFIATと呼んでいいんでしょうか?



小尻

以前にも書きましたが、最近のバイクは小尻が流行です。

でもハヤブサを小尻にすると、どうも顔が大きく見えてバランス的にイマイチな気がします。

ところが小尻にしてもそれほど顔が大きく見えないハヤブサを見つけました。

anniversary2.jpg
anniversary3.jpg
anniversary4.jpg

これはハヤブサの10周年を記念してアメリカのショップが作ったカスタムマシンなんですが、これなら小尻も悪くないな~と思えます。

でもなんで顔の大きさが気にならないのかわかりません。

R1000のテールを使ったよくあるパターンなんですが、尻の上がり具合がいいのか、やや後ろにセットしているのがいいのか、はたまたカラーリングがいいのか、バイクのデザインというのは実に微妙なんですね。


ところでアメリカではラグナセカでハヤブサ10周年のイベントが行なわれたそうですが、日本では10周年記念イベントってやりました?

SAMCO

なんとSAMCOのホースでピンクがあるんですね!


SAMCO


しかもハヤブサ用もあります。

ぼくのために作ってくれたんでしょうか?

パワーチェック

今日は隼のMTがあるということで府中の2りんかんまで行ってきました、ガンマで。

カスタムピープル誌が取材に来ると言っていましたが、のがた号はスプロケがヤバイということもありますが、ミーティング参加者は500円でパワーチェックできるということで、どのぐらいパワーがあるのかチェックするためです。

MTは1時からですが、混雑するといけないので11時すぎには現地に着いて、さっそく申し込んできました。

ガンマ パワーチェック

待ってる間は2ストだけに焼き付いちゃったらどうしようとか、ぜんぜんパワーが出てなかったら悲しいしとか、けっこう不安なものです。

ガンマ パワーチェック


外から見てるとちゃんときっちり吹けてるし、焼き付きもしなかったし、とりあえずひと安心。

・・・で、結果は

ガンマ パワーチェック

後輪で48.6HP/12,217rpm(後軸)クランクで53.2HPです!

トルクは2.9kg/10,424rpm(後輪)と、けっこうフラットに出てます。

一応レッドゾーンの12,500rpm MAXで計ってもらったんですが、13,000オーバーまで回わるので、もっと回せばもっと出そうなカーブです。

メインをもう少し薄くして、ノーマルの番手にしたほうがいいかもしれませんが、まあ、2ストだし濃いめのこんなもんでいいのかもしれません。

隼MT

それから続々と隼がやってきて50台ぐらいになりました。

今日はお店がメーカーさんから景品を用意してくれて、最後のじゃんけん大会で欲しかったタンクパッドをいただき、さっそく貼ってみました。

タンクパッド

危うく上下逆に貼るところでしたが、ラフジョブさんに「え、それ逆さまじゃない?」って言われて気がつきました。

危ない、危ない。

二輪の将来

二輪の限界なのか、新たな可能性なのか、最近三輪バイクを目にすることが多くなってきました。

三輪車は二輪免許なのか普通自動車免許なのか検証するなんてニュースもありましたが、こんな三輪車もあります。

inline

まあ、これはフランス人デザイナーによるコンセプトバイクで、実走はできないらしいですが、似たような乗り物でこんなのもあります。

baal

これもコンセプトバイクではありますが、こっちのほうが実用的かもしれません。

コンセプトバイクと言えばこんなのもあります。

icare

バットマンに出てきたバイクみたいですが、これはGL1800のエンジンを使ってるそうです。

似たような形でこんなのもあります。

boxer

隼のエンジンを積んだ四輪というのはYouTubeなどで見かけますが、これはインプレッサのエンジンを積んだバイクです。

そのうち二輪と四輪というカテゴリーでは、だんだん別けられない時代がやってくるのかもしれません。

moto2

YouTubeのおすすめ動画に見慣れないマシンがありました。



なんだこれ?

MORIWAKI MD600?

おお、これが噂のMoto2マシンですか!

かっこいいじゃないですか!

検索してみるとモリワキのほかにテクスポも参入するみたいですが、でも、なんだかどれも似たりよったりで、検索していくにつれて最初の新鮮さはすでになくなってきてしまいました。

moto2

moto2

moto2

moto2

でもなにげにアサヒナレーシングもMoto2マシンを作ってて・・・

moto2

いい、悪いは別として、こういう遊び心みたいなのはこの荒んだ時代に必要なものなのかもしれません。

昔のレース

最近YouTubeで昔のレースの動画を観ています。

じじいだから昔のものが懐かしく思えるというのもありますが、なんだか昔のレースの方が面白かったような気がします。

82年 デイトナ スーパーバイク
ローソン、スペンサー、ボールドウィン、クーリーなんかが出てます。

http://www.youtube.com/watch?v=pJijMnwP6cY

83年 日本GP 鈴鹿 フレディ・スペンサーがぶっちぎりのポール to フィニッシュで世界の壁を見せつけられたレース

http://www.youtube.com/watch?v=45wLGVnEi0s

85年 筑波フェスティバル 平忠彦が250で国内のレースに出場したレース。
ぼくの好きな塩森選手も大活躍!

http://www.youtube.com/watch?v=yb6nwOltRzI

86年 全日本GP500 筑波 八代と水谷のバトル
ぼくがGSX-RでパクったパーソンズカラーのRGB(斉藤仁)も出てます。

http://www.youtube.com/watch?v=ybMDsfpDoAg

86年 AMA SUPERBIKE シュワンツとレイニーのバトルで有名な86年シーズンです。
VFR、FZ、GSX-Rなど第二世代スーパーバイクの好きな人は必見!

http://www.youtube.com/watch?v=Hk7zuk14S5o

90年 全日本GP500最終戦 筑波 宮城光が500cc初優勝したレース

http://www.youtube.com/watch?v=9Q8KdkTf6ro

92年 MTV バンス&ハインズの特集
このカラーリングは今見てもかっこいいです。

http://www.youtube.com/watch?v=pDIISsdAOa4

おまけ 昔の峠の映像
OW01、GSX-R750RK、ZXR750RR、RC45など、スーパーバイクホモロゲマシーンのけっこういかれた走りです。

http://www.youtube.com/watch?v=ZBneHUi80h8

HID

先日黒魔さんの所から帰ってくる時に、どうもライトの向きがイマイチで、下げると近すぎて上げると上を照らしてしまって、Hi/Lo切り替え式のHIDにありがちな光漏れかなとも思ってその夜はそのまましまっちゃいました。

でもふと気になって、今日、暗くなってよく観察してみると、どうもロービームの時にキッチリ遮光されてないようです。

のがた号の中華HIDは台座からバーナーが外れるタイプなんですが、どうもそこがちゃんとはまってなかったようです。

組み直してライトを点けてみると多少は良くなりました。

ハイビームにしてみると・・・

あれ?

ハイビームになりません。

のがた号はノーマルの2灯式からH4の1灯に変えたり、メーター変えたり、なんだかんだでカウルの中の配線がけっこうごちゃごちゃしてて、メーターの脇から手を突っ込んでゴソゴソやってたから、ギボシが外れたのかもしれません。

マグライトで照らして探してみると1本抜けてる配線がありました。

ギボシ

でも抜けた先が見当たりません。

ようやく見つかってギボシを差し込むと入りません。

よく見たら中に配線の抜けたギボシが差さってます。

ギボシ

こっちはウインカーの配線で、手を突っ込んでゴソゴソやってるうちにちぎっちゃったみたいです。

不精してカウルを外さないでやるからこんなことになってしまうんですが、まあ明日にでも明るい所でやることにして、今日の作業は終了にしました。