MOTORCYCLE DIARY

のがたひろおのバイクな日記

キャブセッティング

今日は奥さんの実家に行って、帰ってからキャブセッティングです。

まずニードルのクリップを一段濃いほうにして乗ってみると6,000ぐらいからバラバラいってしまいます。

薄いのかと思ったら濃かったようです。

でも薄くすると3,000までがスカスカになってしまうし、悩みどころです。

でもそれ以前に、アイドリングでエンストしてしまいます。


まずはクリップは昨日の状態に戻してエアスクリューを調整してみることにしました。

タンクを外して、エアクリーナーボックスを外して、ドライバーが入るスペースがないので、ラチェットドライバーの頭だけを使って調整します。

またエアクリーナーボックスを付けて、タンクを載せてエンジンをかけてみると回転数は3,000jから落ちません。アイドリングスクリューを回しても3,000から落ちないし、アクセル煽っても回転が落ちません。

もう一度タンクを外してエアクリーナーボックスを外して、今度は濃い方に振ってみました。

今度はアイドリングが500ぐらいまで落ちてしまいます。

でもなんか様子がおかしいのでチャンバーを触ってみると、前側シリンダーに火が入ってないようで冷たいです。

う~ん・・・

とりあえず前側のプラグを外してみるとびしょびしょに濡れてます。

パーツクリーナーで掃除してもう一度エンジンをかけると、今度は火が入りました。

でもまたすぐにカブっちゃいます。



どうしたらいいんでしょう・・・



ん、ちょっと待てよ・・・と思ってノーマルのセッティングを見てみると、後ろは1と1/2戻し、前は1と7/8戻し。今まで前後同じ分だけ回してましたが、前だけ薄くすればいいのかもしれません。

でもその時すでに12時前だったので、今日はこの辺にして続きはまた次回ということで。

スポンサーサイト

群馬で山梨

今日は隼乗りのけろちゃんのお誘いで山梨まで行く予定だったので、昨日の晩にカワサキのタナハシを呼びつけてメインジェットの交換を手伝ってもらいました。

・・・というのもガンマのキャブを外すのに、ものすご~く長い六角レンチがないとインシュレーターのバンドが外せないんです。

キャブ

このようにフレームの隙間からレンチを入れてバンドのネジを緩めます。

ちなみに純正のメインジェットは#150と#147.5なんですが、群馬には#160と#155が入ってて、ノーマルチャンバーでは10,000rpmまでしか回らず、スガヤにしても3速以上は12,000手前までしか回りませんでした。

ということでノーマルの5番アップの#155と#152.5にしてみました。


朝、エンジンをかけたらアイドリングが低くなってるので嫌な予感はしたんですが、低速トルクがぜんぜんなくなってます。

2ストってメインジェットの影響が低速まで出ちゃうんですね。

街中は信号発進がけっこう辛いんですが、群馬はETCが付いてないので甲州街道から行くことにしました。

・・・でも道がけっこう混んでいたので国立府中から中央高速に乗っちゃいました。

相模湖を過ぎたあたりからようやく空いてきて、さっそく恒例の最高速チャレンジです。

上り坂だと6速8,000rpmで加速しなくなってしまいます。
真ん中も薄いようです。

でも9,000から上は前よりぜんぜん良くて、メーター読み180までちゃんと加速します。

リミッターが効く手前でアクセルを戻しちゃいましたが、メインはいい感じです。


釈迦堂でケロちゃんと待ち合わせで、そのまま甲府南で降りて、目的地の「みたまの湯」に到着。

みたまの湯

こんな感じの非常に眺めのいい露天風呂がありますが、今日はあいにくの空模様でした。

結局夕方までバイク談義に花を咲かせ、出発する頃には真っ暗です。

山梨

ケロちゃんにはお世話になりっぱなしで、ホント、ありがとうございました。


帰りの高速は、渋滞は予想していたんですが途中から雨が降ってきて、けっこう本降りになってしまったので談合坂で休憩することにしました。


ほうとうを頼んで出来上がるのを待っていると、後ろから誰かがポンポンと肩を叩きます。

ん?と振り返ると・・・

あ~~ん?やっぱり!

びろく~ん・・・

なんとキクチくんでした。

最近はポケバイを買って息子に乗らせてるらしいですが、VFはもう5年もエンジンかけてなくて、土に返る寸前で、でもまだいつかは乗ろうと思っているようです。

キクチくんと別れて群馬のところに戻ると、近くに少年が2人いました。

「あ、シビック来たよ!EK-9かっこいいな~」とか言ってて、なんかほほえましいです。

そしたらひとりが「すんません、バイクの写真撮っていいですか?」って写真撮ってました。

「おれ、大学決まったら免許取りに行こうと思ってるんすよ!」

「今は原チャリなんすけど、友達とかは中免取ってるのもいるんですけど、俺、野球部だから免許取りに行けないんすよ!免許取ったらこういうのに乗りたいで・・・。アメリカンとかってやっぱ違うと思うんすよ。」と熱く語っていました。

でも高校生だとさすがにガンマなんて知らないようで、これ、塗装したんすか?」なんて聞いてるから「アールジーブイ グンマ」って言うんだよ」と教えてあげたら「へ~、グンマっすか!」って感激してました。

なんだかとっても新鮮でした。


そんなこんなで雨もいっこうに止まないので、全身ずぶ濡れになって帰ってきました。

ラジカルに行ってきました

今日は群馬で甲州街道→調布から中央道→相模湖ルートでラジカルに行ってきました。

またまた高速で全開チェック。

先日キャブセッティングをして真ん中を濃くしましたが、やはり薄くしたほうがいいような気がします。

でもそれよりも、1~3速は12,000rpmまで回りますが、4速から上は12,000手前でフケなくなるのが気になります。アクセルを少し戻すと回るのでメインが濃いんでしょう。

ワインディングはまだ様子見なんですが、ま~、なんて軽いこと軽いこと。

とっても楽しいです。


ラジカルに着いて、今日はいくつか作業をしてきました。

まずはチャンバーのステー。

これは内海さんにお願いしてちゃちゃっと作ってもらいました。

ステー

本当はタンデムステップを取って根元から作りたいところですが、それはお金に余裕ができてからということで・・・

ちなみに反対側はけっこうしっかりしてるのでステーはナシです。

次にフェンダーレス。

・・・と言ってもノーマルのフェンダーを切っただけなんですけど、内海さんに何で切ればいいか聞いたらカッターナイフを渡されました。

どうもぼくがカッターで切っていると、とっても危なげで、みんな半径1m以内に近づいてくれませんでした。

フェンダーを切り落として、小物入れの出っ張りの所にウインカーとナンバーを移設したんですが、ナンバーベースは端材を頂いて、それをカットして作りました。

デタラメにやろうとしていたらやもちんが採寸してくれて、それを内海さんがカットして穴を開けてくれたので、結局ぼくは何にもしてないんですけど、とりあえずできあがりました。

フェンダーレス

ちなみにフェンダーをカットしてリフレクターが付けられないので、いらんことで警察に止められないようにと、とりあえずナンバーに直接両面テープで貼り付けました。

ツーリングの季節に

ツーリングの季節ですが、こんなのはいかがでしょうか?

トレーラー

http://www.thirdwheeltrailers.com/

群馬三昧

昨日はまたまたタナハシの所に行ってキャブセッティングです。

前のセッティングがかなり濃かったために、ニードルのクリップ位置を真ん中にしてみたらなかなか良かったんですが、タナハシがプラグを見て、「まだ真ん中濃いですよ」ってことでもう一段上にしてみました。

するとけっこういい感じになったんですが、今度は低速が発進できないほど細くなってしまいました。

もともと低速は薄いような気がしてたのでパイロットエアスクリューで調整してみました。

その足で今度はNAP'Sへ。

セールやってるので清水の舞台から飛び降りてタイヤを買いました、カード分割払いで。

160

ダンロップのGPRα10です。

リアはワンサイズ太い160。
これにしたのは単純に一番太いから。
160でも幅は166mmあります。

偶然NAP'Sで闇金と会って、フロントのウインカーが折れてるからと、貼り付けタイプのウインカーをくれました。

帰って付けてみると点きません。

なんとバルブが入っていませんでした。


今日は朝からバルブを買いに行ってウインカーを取り付けして、でもやっぱり中低速が気になるのでニードルを真ん中に戻してみました。

キャブ

それからステッカーチューン。

昨日タナハシに話したら「え、昔、それ貼るとコケるってジンクスあったじゃないですか・・・」と言っていた縦型のダンロップステッカーを迷った末に貼りました。

コケないことを願います。

地べたに寝そべってアンダーカウルにステッカーを貼っていると向かいのマンションからエロの声が聞こえてきました。

ステッカーも貼り終わって、向かいの人も絶頂を迎えて、ぼくは時間切れでセッティングの調子をみないまま、奥さんをバイト先まで迎えに行きました。


スガヤチャンバー

乗ってみたらメインが濃すぎて上まで回らないことが判明した群馬ですが・・・

スガヤ

実はガンマ、いや、ガマンできずにサイレンサーをゲットしてしまいました。


パッと見、チャンバーの交換はそれほど大変じゃなさそうですが、作業の途中で「こんな長い工具持ってないよ~」とか「あ、ネジなめちゃった・・・」とかいうことになるといけないので、またまたタナハシの所に行ってきました。


スガヤ

とりあえず装着してエンジンをかけてみると・・・

バリバリバリバリ・・・・

めちゃくちゃ排気漏れしてます。

ガスケットは新品にせずに再利用したんですが、タナハシがノーマルチャンバーを見て、「ガスケット、片方、こっちに残ってますよ。」って。

そりゃガスケットが入ってなければ排気漏れもします。

チャンバー外してガスケットを入れて、エンジンをかけたらだいじょうぶでした。

スガヤ

こんな感じでエキセントリックな後姿です。

ちなみにステーがないので、これは今度内海さんに泣きつこうと思っています。


エンジンをかけるとパラパラパラパラといかにもチャンバーって音になっててなかなかいい感じです。

しかし真ん中から上が回りません。

そう言えばわたるタソがガバッと開けるとちゃんと回るけど、普通に開けると回らないって言ってました。


水温が上がってきたところで開けてみると

ぶびびびびび・・・が、ぱゎ~~んって音になってちゃんと上まで回ります。

アクセル半開以上にすればなかなかいい感じですが、これは要セッティングです。


・・・でもニードルをいじるにはスロットルのリンクを外さなくてはいけないし、スロットルのリンクを外したら同調も取らなきゃいけないし、これはまたタナハシに泣きつくしかないようです。

回転の落ちも悪くなったから、ひょっとしたらパイロット系もいじったほうがいいかもしれません。


う~ん・・・

群馬で箱根

今日は岡山の隼乗りoyadi_falcoさんが伊豆に来ているということで、大観山で会う約束をしていたので群馬(ガンマをそう命名しました)で行きました。

東名に乗ったらさっそく最高速チャレンジ。

10,000rpmまでしか回らないので160kmまでしか出ません。

しかもミラーを見るとめちゃくちゃ煙が出てて、非常に迷惑なマシンです。

でもフレームがしっかりしているので多少サスが柔らかくても不安はありませんでした。


大観山には箱根新道から行ったんですが、路面はところどころウェットで、カチカチに硬化した古のGPR-70では怖いのでツーリングスピードです。

でも輝かしいレーサーレプリカの片鱗はなんとなく見えたような気がします。


SLK

大観山に到着して間もなくoyadi_falcoさんがやってきました。

隼が99年に出た頃から会いたいって言ってて、ようやく実現でき、短い時間でしたが楽しいひと時を過ごせました。

相変わらず大観山では高級外車が多いのですが、じじいのぼくにとって一番かっこよかったのはコレかもしれません。

E4

とってもレアなE4なんですが、使ってるパーツがこれまたレアなものばっかり。

ヨシムラの下にタイコのついてるレーシング管とかマグっぽいTMRキャブとか、Sマークの入ったレーシングタコメーターとか、超かっこよかったです。

群馬

でもラッキーストライクカラーって目立ちますね。

のがた号より注目浴びるかもしれません。

帰りは新道→西湘→ラジカル経由だったんですが、西湘でブボボボボと吹けなくなったと思ったらガス欠です。

慌ててリザーブにしましたが、ラジカルに到着する頃には走行距離160kmでガソリンはほぼ使いきっていました。

ガンマ初乗り!

高円寺のカワサキまで歩いてガンマを取りに行ってきました。

自賠責が3年も切れているので、とりあえずカワサキで1年分だけ自賠責に入って、いよいよ初乗りです。

セル一発であっけなくエンジンはかかり、ベロベロベロ~と発車。


・・・50mほど進んだ所でエンジンが止まりました。

ガソリンが2リットルしか入ってなかったのでガス欠のようです。

コックをリザーブに入れるとエンジンはかかりました。

最寄のガソリンスタンドで給油して、再スタート。

6,000rpm以下はベロベロベロ~って感じなので、なんだか調子いいんだか悪いんだかよくわかりません。最終型とはいえ2ストだからこんなもんなんでしょうか?

で、慣れてきたところで全開にしてみました。

6,000ぐらいからベロベロベロはベーーーっと連続音に変わり8,000から急激に加速します。

・・・でもレッドは12,500からなのに10,000までしか回りません。

アクセル半開で回すとなんとか12,000まで回るのでメインが濃いようです。たぶんスガヤのチャンバー用にセッティングして、セッティングをそのままでノーマルチャンバーに戻したからじゃないかと思います。

キャブを外すのはものすご~く長いドライバーがいるし、ものすご~くめんどくさいので、早くサイレンサーをゲットしてスガヤチャンバーを入れたいです。

・・・でも入れたら入れたでまたセッティングがいるかもしれないですけど。

ガンマ

家に帰ってさっそく洗車。

折れたフロントウインカーと剥がれかけてるラッキーストライクステッカーは着くかどうかわかりませんが、とりあえずボンドで着けてみました。

ガンマ始動!

あとはよろしくとカワサキ店のタナハシに無責任に押し付けてきたガンマですが、腐ったジェットや劣化してヒビヒビで、向こうが見えるインシュレーターも交換が終わり、とりあえずエンジンはかかりました。

ガンマのキャブ

エアクリーナーボックスを取り付け、タンクを載せて「これでよし!」とセルを回すとジャラジャラと乾式クラッチの音がけっこううるさいです。

でもうるさいだけでエンジンはぜんぜんかかりません。


焼き付くと怖いからとオイルを入れすぎてカブってました。

プラグを焼いて再度挑戦する前に、古いガソリンを捨てたほうがいいかもと、ガソリンを抜いてみました。

ガソリン

便所の写真じゃありません。

なんと大量の水が入ってます。

タンク内は一部サビも出てます。

う~ん・・・


とりあえず水抜き剤があるとのことで、それを入れて新しいガソリンを入れて、再度挑戦。

ガンマ エンジン始動

かかりました!

ノーマルチャンバーはいかにも抜けの悪い音で、早くサイレンサーをゲットしてスガヤチャンバーを入れたいです。

・・・でもその前にタイヤも必要だし、フォークのオーバーホールも必要だし、サスもけっこうフカフカだし、問題山積です。


とりあえず車で行ったので、のちほど歩いて引き取りに行ってきます。


FC2Ad