MOTORCYCLE DIARY

のがたひろおのバイクな日記

ヤレ込んできてます

今日、エンジンをかけようとセルを回したところ、

キュキュキュキュキュキュ・・・

あれ?

その後セルスイッチを押してもうんともすんとも言いません。

またクラッチスイッチの配線が抜けたかと思って見てみるとちゃんと差さってます。

念のために一度抜いてもう一度差し直してもうんともすんとも言いません。

配線を抜いて端子と端子を合わせてみたらかかりました。

どうやら油圧スイッチが壊れたようです。

まあ8~9年使ってますから、そろそろ壊れてもおかしくないですが、エンジンをかけるたびに端子と端子を合わせてセルを回すのはとってもめんどくさいです。

でもあのスイッチ、けっこう高かったので、この際直結でもいいかと悩み中です。

で、今日はナンバー灯を買おうとNAP'Sに行ったら品切れだったので、そのまま環八から東名に乗ってラジカルに向かいました。

でもなんかセッティングが薄い感じで、そういえば油圧スイッチがパンクした時、メーターがリセットされちゃったんですが、ついでにセッティングもリセットされちゃったようです。

で、ラジカルの近所の南海部品に寄ってナンバー灯をゲットしようと思ったら、ここにもありません。次にスーパーオートバックスに行ったら四輪用はノーマルのバルブと交換するだけのタイプばっかりで、汎用のLEDって売ってないんですね。

仕方ないので一度ラジカルに行って、そしたら厚木の方に2りんかんがあるって言うから、そっちに行って、ようやくLEDをゲットしました。

LED

LEDってナンバーのすぐ近くに付けると光が強すぎてぜんぜんナンバーが見えないので、今回はこのあたりに両面テープで貼り付けてみました。

LED

前のやつほど明るくないんですが、まあ変に明るすぎるよりいいでしょう。

これでK察が後ろにいても安心です。
いや、ナンバー灯以前にいろんなところで安心じゃないかもしれませんが・・・

あと先日苦労して取り付けたグリップがやっぱりいまひとつなので、2りんかんに行ったついでに違うのを買ってきてしまいました。

グリップ

古き良きスーパーバイクグリップです。

ちょっとピンクが眩しすぎますが、まあそのうち汚れて目立たなくなるでしょう。

スポンサーサイト

NOGACYCLE更新

PINK REPORTにラジカル タンク加工をUPしました。

最高速

以前は毎年のようにあったのに、最近ちっとも隼が世界最高速記録を樹立したなんてニュースを聞きません。

最高速チャレンジはいまでもあっちこっちでやってるみたいですが、どうもパッとした記録が出てないだけのようです。

ちなみに隼で最高速と言えばJohn Noonanですが、2007年のボンネビルに久々にエントリーしていたそうです。

noonan

以前のマシンは売ってしまい、あらたにネットオークションで買った隼でのチャレンジでしたが、自己ベストには至らなかったそうです。

なんかパッとしません。

ちなみに地上で最も速い乗り物はこちらのThrustSSCのマシンだそうです。

thrustSSC

ジェットエンジン2基搭載、28,000馬力、最高速は1,228kmで音速超えてますが、果たしてこれを車と呼んでいいものかどうかという疑問もあります。

一般的に地上で一番速い乗り物と言われているF-1はどうなの?って言ったら、なんと2006年のボンネビルにホンダのF-1が出てたそうです。

HONDA F-1

HONDA F-1

記録は354.975km/hでJohn Noonanの隼の方が速いんですね。

ちょっとがっかり。

曙が総合格闘技に出た時のようながっかり感です。


ところで最高速チャレンジってオーストラリアでもやってるんですね?オーストラリアにもソルトレイクがあるんだ!って感じですが、そもそも何で最高速チャレンジって塩の上でやるんですか?

gs1000

gs1000

なんかかっこいいGS1000です。スーパーチャージャーついてます。

busa

隼も当然います。

john noonan

え、John Noonanオーストラリア遠征ですか?

LSR

LSR

LSR

こんなかっこいいのもいます。
なんかオーストラリアのマシンってアメリカとかとも違った雰囲気があってかっこいいですね。


NOGACYCLE更新

ホームページを更新しました。

PINK REPORTにGSX-R750メーター & SP武川燃料計を追加しました。

膝スリUSA

最近日本ではあんまり話題になりませんが、アメリカでもこっそり膝スリの練習をする人っているようです。

ここまで大掛かりやるあたりが、さすがハリウッド映画を生んだ国です。



バカバカしいと思いつつ、わたくしもやってみたいです。
結局彼は膝が擦れるようになったんでしょうか?


ちなみにタイトルのDeals Gapというのはテネシーかどこかのワインディングで、アメリカの箱根みたいな所みたいです。↓





インナーバッフルのテスト

今日はラジカルに行きがてらインナーバッフルのテストをしてみました。



トラックに行く手を阻まれたり、けっこう車が多かったりで全開走行は断念しましたが、バッフル全閉でもちゃんと上まで回りますが、実際に乗ってると風切り音のほうがうるさくて排気音が聞こえません。

これではちょっと物足りないのでラジカルに行ってバッフルを半開にしました。

NOGACYCLE更新

昨日に引き続きホームページを更新しました。PINK REPORTにGSX-R1000テールランプ & 黒魔テック テールライトポッドを追加しました。

NOGACYCLE更新

超久しぶりに更新しました。PINK REPORTにGSX-R1000 K6 フロントフォークを追加しました。

KIJIMA コマンダーグリップ

今度ラジカルで付けようなんて言ってて、やっぱりすぐに付けたくなってグリップを装着することにしました。

グリップ

ところでこれってどっちが前に来るんでしょう?

KIJIMAのホームページを見るとグリップ単体の写真と 「ライダーがマシンを操る」という発想から生まれたデザイン。3層構造を採用し積極的なライディングを演出します。 としか書いてありません。

2りんかんに展示してあった時はコブがこっち側を向いていたので、とりあえずそっち向きにしてみました。

展示の物を握ってみた時は「おー、これはけっこういいかも!」って思ったんですが、マシンに着けてみるとなんかイマイチしっくりきません。

いや、これは逆なのかもしれないとひっくり返してみました。

こっちの方が利にかなっているような気がしますが、でも掌が当たる部分が薄いというのも何か変な気がします。


そこで部屋に戻って検索してみました。

グリップ

え、やっぱりこっち向きなんですか?

グリップ

それともこっち向き?

グリップ

やっぱりこっち?

グリップ

う~ん・・・

と、悩んでいたら「コブの部分はジェルなんとかなので、掌に伝わる振動を吸収してくれる・・・」みたいな説明が書いてあるブログを発見!・・・でもその人は紹介してるだけで装着してません。

グリップ

散々悩んだあげく、こっち向きにしました。確かにコブはプニプニだし、反対側は指4本っぽい感じで色が違ってるし、きっとこっちが正しいのでしょう。

ところでグリップを入れる際にパーツクリーナーを吹いて入れるとすんなり入って、その後すぐに蒸発するからいいって書いてあったのでやってみたんですが、向きで悩んでグリグリ回しているうちにパーツクリーナーが乾いてしまって、スイッチホルダーごと回してしまってストッパーを折ってしまいました。

また内海さんに「も~!ろくなことしないんだから!」と言われそうです。


- 追記 -

夜になって乗ってみたら、乗った感じは新感覚という感じです。

コブの厚みの分だけレバーが遠く感じますが、いままでのグリップが特に固かったせいもあり、非常に柔らかで、案外いい感じでした。

インジェクションセッティング 2

今日は天気もいいので昨日の続きと思っていたんですが、環七の方からひっきりなしに白バイのサイレンが聞こえてるので、ちょっと萎え気味で、とりあえず洗濯して、スズメにお米あげて、洗車して、でもやっぱり出かけました。

どうせ極低速のセッティングだし、車の後ろについてゆっくり走ってたんですが、いや~、久々の晴天だからあっちこっちで取締りしてます。

K察は天気のいい日に気持ちよく仕事ができていいですな。

今日は環七、中仙道、戸田橋、笹目橋、笹目通りと大きく一周してきたんですが、途中、リアのウインカーがはがれてぶら~んとしちゃってたので、2りんかんに寄ってマジックテープを買って貼り足してみました。

ついでに今のALCANHANDSのi GRIPはどうも固くて疲れちゃうので、グリップを衝動買いしてしまいました。

グリップ

なんか楕円断面で握りやすそうです。

とりあえず今度ラジカルに行った時に着けてみましょう。

・・・で、肝心のセッティングなんですが、アクセル1/8か1/16開けぐらいの2,500~3,000回転ぐらいでバラバラってなるのが気になってるんですが、この辺りって車の後ろに着いて走ってるとけっこう使うんです。

だからツーリングに行ったりする時はまったく気にならないんですが、都内を走ってるとどうも気になるんです。

で、濃くしたり薄くしたりいろいろ試してみたんですが、けっこう低速のセッティングって微妙で、ちょっとダイヤルを回しただけでもけっこう変わっちゃうんです。

0でもいいんですけど、せっかくだから多少は変えたいっていうのもあって、けっきょくこんな微妙な感じで落ち着きました。

インジェクションコントローラー

インジェクションコントローラーの低速側のダイヤルって、目盛りもなければカチカチっともならないので、こんなほとんど誤差ぐらいしか回してなくてもセッティングって変わっているのか疑問です。

でもまあ気持ち的に満足できたので、これでよしとしました。

インジェクションセッティング

週末はセテさんからお借りしているインジェクションコントローラーでセッティング!と思っていたら、あいにくの天気です。

まあ、今日は朝に奥さんを送って、その足で会社に忘れ物を取りに行って、奥さんを迎えに行って、仕事に行って、また奥さんを迎えに行ってとハードスケジュールなんで、天気が良くてもどの道ダメなんですけど。

でも仕事から比較的早く上がれて、奥さんを迎えに行くまで1時間ほどあったので、ちょこっといじってみようかと、のがた号を出してみました。

ヨシムラ、KENZ、KENSOのインジェクションコントローラーは基本的に同じ物で、ECUのフラッシュメモリーに書き込まれるんですが、これってバッテリーを外すと消えちゃうんです。

だからとりあえず昨日のうちにバッテリーを一度外してメモリーをクリアしておいて、とりあえずノーマル状態で乗ってみることにしました。

ん?

特に不具合ありません。

ひょっとしてこのままでOK?

でもせっかくなので一番気になるIAPのマップ(アイドリングとアクセルオフと言われてる領域)をいじってみることにしました。

インジェクションコントローラー

いつも濃い方に振ってるので、今日は薄い方に振ってみました。

ん?

濃くした時と同じような症状が出ます。

じゃあ、と言うことで今度はヨシムラのインジェクションコントローラーでやってた時と同じぐらい濃くしてみました。

げっ!調子悪い・・・

低速がギクシャクしてアウターファイヤーだけじゃなくバックファイヤーまで出ます。

これは一体・・・

なんでヨシムラのコントローラーではそれほど顕著に調子悪くならなくて、KENZのコントローラーでは調子悪くなるんでしょう?

家に帰ってもう一度説明書を見て解決しました。

ヨシムラのはIダイヤルを左に回すと濃くなるんですが、KENZのは左に回すと薄くなるんでした。

FC2Ad