MOTORCYCLE DIARY

のがたひろおのバイクな日記

燃料警告灯

メーテー


先日、無事メーター等の点灯式を行いましたが、そう言えばR1000のメーターって何が表示されるんだろうと思い、ネットで検索してみました。

するとGS1200SSにR1000のメーターを流用すると燃料警告灯が作動しないみたいなことが書かれているのを発見しました。そう言えば燃料警告灯が点いていたので、確認のために燃料レベルセンサーをつないでみました。

フロートをどの位置に動かしても燃料警告灯が消えません。

まあ直結させて燃料警告灯を消してしまえばいいんですが、燃料計がなくなった上に警告灯までなくなってしまうのは、小心者のわたくしとしては気分よくないのでフロートごとR1000にしてしまったらどうかな~と内海さんに聞いてみました。

でもそれはぜんぜん無理でした。

フロート


外付けポンプタイプの隼の燃料レベルセンサーはこのようになっていますが、

フロート


R1000や後期の隼はこのようにフューエルポンプと一体になっているので交換は無理です。

しかも配線図をチェックしてみると隼とR1000の燃料レベルセンサーはシステム自体が根本的に違っていました。

配線図


隼の場合、センサーの電源はメーターから来ているんですが、

配線図


R1000の場合はリレーだかスイッチだかからメーターとセンサーに分岐しているんです。電気のことはよくわかりませんが、直列と並列の違いみたいなものなのでしょうか?電気に詳しい、回路なんかも作れちゃう人だったらなんとかできるかもしれませんが、たかだか燃料警告灯にそこまで大掛かりな変更はできません。

でも普段は燃費がよくても回して走るとみるみる燃料が減ってく隼だけに、やっぱり燃料計は欲しいところです。

・・・ということでまたまたネットで検索してみると

燃料計


こんな便利なものがありました。

武川が出してる汎用の燃料計です。各メーカー対応だそうで説明にも「メーターを交換して燃料計がなくなってしまった車両に最適!」みたいなことが書かれていて、値段も安くはないですが、燃料計をあきらめるほど高くもなく、さっそく注文してもらいました。
スポンサーサイト

ラジカル

本日は隼の世界では有名なFRP職人、くろまさんとラジカルに行ってきました。

くろまさんはそのうちスイングアームを作りたくて一度ラジカルに行ってみたいと言っていて、ラジカルではカーボンのシートカウルの補修を頼める所を探していて、ちょうどいいタイミングでした。

まあ仲介料ということでくろまさんに3,000円でシートカウルを補修をやっていただき、ラジカルには10万円ぐらい請求して、ラジカルに2万円ぐらいでスイングアームを作ってもらって、くろまさんには20万円ぐらい請求することになりました。(うそ)

そんなこんなしているとぶぉぉ~と大型車の音がして、何が来たのかと思ったらディーラーくんでした。

ディーラーくん


それから闇金が来てやもちんが来て、最後はいつものようにバーミヤンでご飯を食べて帰ってきました。

ステッカー

ステッカー


本日注文してあったステッカーが届きました。

最近のワークスマシンなどはあんまり貼ってありませんが、レーサーのようにスポンサーステッカーをいっぱい貼るとなるとけっこうな金額になってしまいます。

スポンサーステッカーといいつつ、ぜんぜんスポンサーでもなく勝手に貼ってて、しかもお金を払って広告しているというのも微妙です。

ちなみに写真のもの以外に家にもコツコツ集めたステッカーがいっぱいあります。子供の頃にハリハリ仮面やビックリマンチョコのシールを集めたのと同じようなもので、いいおっさんが何やってるんだろうな~と時々思います。

点灯式

きのうから泊まりでラジカルの新年会に行って、帰りはその足でラジカルに行ってきました。

トップブリッジ


トップブリッジとカウルステーはアルマイトから上がってきていて、「ね~ね~、テールランプ点灯させてみようよ~」とお願いするとさっそく作業に取りかかってくれました。

で、バッテリーをつないでみてもR1000メーターがうんともすんともいいません。それもそのはず、コネクターが同じでも配線の位置がぜんぜん違っていて、これから差し替えるところでした。

内海さんは「寒いとコードが固くなってやりにくい!」と言いながら線を差し替えて

メーテー


無事作動しました。

そしてテールランプも配線して

テールランプ


無事点灯!さすがにLEDは明るいですが、果たしてシートカウルを付けての視認性はどうなんでしょうか?ちなみに塗装はちょっと混みあっているようで、ちょっと時間かかるそうです。


あとちょっと

先日ラジカルの内海さんからトップブリッジできたよ~と電話がありました。

何やら08春夏コレクションのニューバージョンで、きっと気に入ってもらえると思う自信作だと言ってました。

自信作と言ってもマニアックな技法を使ってぱっと見では違いがわからなかったらどうしよう・・・なんて思いつつ今日確認に行ってきました。

トップブリッジ


ぱっと見でもよくわかりました。

これはかっこいいです!

トップブリッジ


ピンクの斜線の部分がないので剛性は落ちるけど、とりあえず見た目優先にしたそうです。まあそれでもラバーマウント用の穴だらけの隼のノーマルトップブリッジよりは剛性はあるから特に気にすることもないでしょう。

スクリーン


で、とりあえず塗装のライン引きのためにカウルを付けて、ついでにスクリーンも付けてみました。と言ってもまだ穴を開けてないのでくろまさんに加工してもらった溝に差し込んであるだけですけど、これでなんとなく完成図が見えてきました。

のがた号


早々にトップブリッジとカウルステーをアルマイトに出して、外装を塗装に出すそうで、もうじき完成です。

これ欲しい!

ミサイル

HAPPY NEW YEAR

happynewyear