MOTORCYCLE DIARY

のがたひろおのバイクな日記

届きました

前回、アメリカにLEDを手配したと書きましたが、最近は早いですね~。もう届きました。

LED


ウインカー用のアンバー4つと念のためブレーキ用のレッドひとつです。ブレーキ用は万が一テールランプが全然見えない時のための補助灯です。

それにしても長さ約7cmのLED4つと長さ約10cmのLEDひとつでこの箱はないですよね。

LEDの箱


これで送料51ドルって何よ!って感じです。
スポンサーサイト

BRCA

画像検索をしていたら、何だかかっこ良さげなマシンの写真がありました。妙にスイングアームが長くて、このマシンはなんだろうと思ってクリックしてみるとラジコンでした。

フルバンク


バイクのラジコンと言えば昔、KYOSHOから出てたガードナーとかシュワンツのラジコンしか知りませんでしたが・・・

ドリフト


ドリフトしてたり・・・

ウイリー


ウイリーしてたり・・・

なんだかすごいことになってます。

これってBRCAってイギリスのラジコン協会のレースで、世界選手権なんかもあるようです。

世界選手権と言っても、たぶんヨーロッパが彼らの言う「世界」みたいですが、イタリア戦なんかもあるようです。トロフィーとか盾とかけっこう立派で、かなり本格的なようです。

優勝


デッドヒート


でもMotoGPみたいな迫力でけっこう楽しそうです。

わたくしは向かって右とか左とかよくわかんないので、ラジコンはとっても苦手なんですが、ちょっと欲しくなっちゃいました。

LED問題

最近ウインカーやテールランプがどんどんLEDになっていますが、アフターマケットのウインカーって意外に「これだ!」というものがありません。

特に埋め込みタイプ、貼り付けタイプのウインカーなんてほとんどチョイスがありません。

のがた号はキジマから出ていたソフトLEDというのをフロントに使っていたんですが、これが小さいわりによく見えて、車検は無理だと思いますが、けっこうお気に入りなんです。

フロントウインカー


今回、リアもこれにしちゃおうかな~なんて考えていたんですが、どこに行ってもありません。メーカーのホームページを見ても販売中止になっています。

じゃあ何か他にいいものないかとNAP'Sやライコランド、2りんかん、オートバックスからオートテックまで通りがかるたびに見てるんですが、汎用のLED製品がちっとも売ってません。

昔のライダーにとってウインカーなんて最初に換えるところなのに、今はそんなの流行じゃないのかな~と思っていたら、なんと他に理由があったんです。

実は特許の侵害で大手メーカーのその手の製品は全部回収されちゃったそうなんです。

前に青色LEDの特許をめぐっての騒動がニュースになりましたが、LED業界って怖いんですね。

でもわたくし、ちゃんとアメリカでいいものを見つけちゃいました。ひょっとしたら今使ってるソフトLEDと同じものかもしれないんですが、クイックリリースピンといい、LEDといい、わたくしのバイクに対する情熱というか執着というか、自分でも呆れるぐらいです。

のがた号復活計画8

先日内海さんから電話があって、いきなり「た~いへ~ん!大変だよ~!」と言われて、何が大変かと思ったらR1000用マグ鍛にR1000用のブレンボローターが付かないんだそうです。

ということでラジカルに行ってきました。

マグ鍛アダプター


これがマグ鍛のアダプター部なんですが・・・

マグ鍛&ブレンボ


入らないんです。

マグ鍛にノーマルローターは付いて、ノーマルホイールにブレンボのローターは付くんですが、マグ鍛にブレンボのローターは付かないんです。

でもこのアダプターを外せば01-04のR1000のローターは付くんです。

・・・ということでこのローターはヤフオク行きにして、01-04用のブレンボローターを買うことにしました。01-02は320φ、03-04は300φと310φがあるのでチョイスが増えましたが、さんざん悩んだ末に320φにすることにしました。

R1000メーター


で、その他の部分はというとカウルステーができあがっていました。こっそり計画を立てていましたが、メーターはR1000です。コネクターは同形状なので、ピンの差し替えだけで使えそうです。

そして本日の作業は・・・

ストッパー


R1000の三又はオフセット量が違うので、ますますハンドルの切れ角がなくなってしまったので、ストッパーを削っています。

はい、三又側ではなくフレーム側を削ってます。潔いでしょ?

エンジン降ろし


・・・で、そうこうしているうちにエンジンが落っこちてます。ボルトが1本、やたらと固く締まってて、えらい苦労していたようですが、それでもあっという間に作業完了。

エンジン


エンジンは台車に縛り付けられています。隼のエンジンは自立するんですが、ホンダのエンジンは更に上を行って、オイルパンに足が付いてて、もっとしっかり立つそうです。

Little Red Wagon

わたくし、昔から人をなめてるというか、なんでこのマシンなの?っていうのが大好きで、だからドラッグレースって意外に好きなんです。

昔、みんながドラッグレースに出てた頃、自分が出るんだったら絶対スクーターのプロストックバイクがいいなんて、内海さんにまじめに作れる?なんて聞いたりしてました。

ミゼット


日本でもミゼットにV8エンジンを積んじゃった冗談のようなマシンがありましたが、やっぱりわたくしの憧れはLittle Red Wagonでしょう。

Little Red Wagon1


はい、またトラックです。

このマシン、60年代にDODGE A100という商業用トラックに426 HEMIを載せてしまったものなんですが、当時は大人から子供まで、みんなが知ってた大人気のドラッグレーサーだったそうです。

なんでそんなに人気だったかというと、当然、キャビンにそんなでかいエンジンが載るわけもなく、荷台に穴を開けてミッドシップにしてあるんですが、ショートホイールベースなものだから・・・

Little Red Wagon2


ウイリーしちゃうんです。

リアゲートがうまいことウイリーバーになっているんですが、こんなんで0-400を12秒で走ってしまうそうなんです。

Little Red Wagon3


わたくしがスーパースポーツを買わずに、ハヤブサを無理やりレーシーにしているのも同じようなことなんですが、二輪の場合はいくら頑張ってレーシーにしたところで、しょせんライダーが遅ければ速くならないところが悲しいです。

のがた号復活計画7

ここのところ毎週ラジカルに行ってて、交通費もバカにならないので我慢しようと思っていましたが、やっぱり行っちゃいました。

のがた号1


のがた号2


のがた号はこのようにカウルが付いていました。カウル修復時にくろまさんに穴を埋めてもらって、今回はカウルのファスナーはDリング付のものに換えました。

ファスナー


シングルシートもレーシーにDZUSファスナーになりました。これはドラッグレースなどで使ってるやつですが、ちょっと場所的にゼッケンを貼りづらいですが、取付強度などを考えるてここになってしまいました。

このシート、写真ではわかりづらいですが、サイドがけっこう張り出してて、斜め前から見るととってもボリュームがあって、でかいカウルとバランスが取れて、かなりかっこいいです。

ミラー


そしてミラーも付きました。とりあえずオーナー立会いのもと、ミラーの位置決めをしただけなのでカウルに直付けなんですが、これからカウルステーの製作に入るそうです。

ちなみにミラーは闇金にもらった400R用です。昔750RKにも付けてましたが、小ぶりでいい感じです。後ろもそこそこ見えます。

ヘッドライト


ステーがないのでがらんどうですが、ライトはくろまさんにお願いしてカウルに直付けできるようにしてもらってます。ちなみにメーターはフルスケールメーターとはお別れで、今度は違うメーターが付きます。

ハンドルはCBR1000RRのなんですが、けっこう垂れ角がついてて、けっこうレーシーなポジションでなかなかいい感じです。

マフラー部


ここもくろまさんが手直ししてくれた所。マフラーの逃げも返しがついてかっこよくなってます。

大人買い

そろそろリアのウインカーをどうするか考えなくてはいけないと思い、NAP'Sに物色しにいきました。

ウインカー


埋め込みタイプって案外融通が利かないので、ステー付のウインカーを昔のZとかの定番みたいに前の方に付けようかな、なんて考えたりもしてます。

kitaco


ウインカーも色々あるんですが、けっこうあるようでコレ!というのもなく、ウインカー売り場で散々悩んでいたんですが、リアをこういうのにするんならフロントもカウル脇の穴から同じタイプを出すのもいいかななんて、ふと考えちゃいました。

昔ならとりあえずいくつか買って、いいのを付けようなんて大人買いしちゃったんですが、わたくしも貧乏生活が長いため、いやいや、それはいけないと思いとどまりました。

リア


そもそもテールランプがこんなにちゃんと見えるかどうかもわからないのに、ウインカーばっかり目立ってもしょうがないと、1時間ぐらい悩んだあげく、フロントと同じキジマのソフトLEDにすることにしました。

在庫もないことだし、ラジカルに電話して注文したら、「ウインカー?まだまだ当分先だよ」と言われてちょっとがっくりしました。

そんなわけでどうやって取り付けるかはまた今度考えます。

のがた号復活計画6

本日はわたくし、用事で拝島まで行っていたんですが、家とは全然方向が違うのに「出たついで」と、ラジカルまで行ってきました。

シートカウル1


先週と同じように見えますが、しっかりとシートレールに固定されてるんです。

で、内海さんが「テールランプがこんななんだけどどうする?」と言うのでよく見てみるとテールランプが付いてました。

シートカウル2


見えませんか?

ここです。

テールランプ


これ、どうなんでしょう?

同じような所に付けてはいますが、今度はCBRではなくR1000のテールランプだし、シートカウルも前と違って若干尻下がりなので、後ろから見えるかどうか不安です。

シートレール


ちなみにシートレールは当初細いクロモリ丸パイプで作ってもらう予定でしたが、補記類をつけたりする関係上、アルミの方がやりやすいということでアルミになりました。

Kawabusa

kawabusa



イギリスのカスタムです。


ZRXに隼のエンジンを積んだ


その名も


KawabusaⅡ・・・


そのまんまなネーミングが妙にツボでした。

エアバッグツナギ

ダイネーゼがエアバッグ付きレーシングスーツのテストを公開しました。GPでもすでに使用されてるようですが、転んだらそのツナギがもう着れないというのは庶民にはツライ選択かもしれません。

エアバッグ

エアバッグ

エアバッグ


それにしてもこんなテストライダーにはなりたくないものです。

のがた号復活計画 5

今日は隼仲間のTyoshiさんを連れてラジカルに行ってきました。

R1000フォーク


到着すると内海さんはタンクの作業をしてたので、のがた号に目をやるとフォークがついてました。05-06GSX-R1000のやつです。

CBR1000ハンドル


ハンドルは今回トップブリッジの下につけるので、低すぎないようにCBR1000RRのをチョイスしました。

タンク 1


だいたいカタチになったタンクはこんな感じになります。タンク前部を膨らませて、ニーグリップ部にある意味のないプレスラインをなくすついでにニーグリップ部をちょっと絞ってあります。

タンク 2


前から見るとこんな感じです。ちなみにタンク容量は24リッターに増えました。

タンク加工


「どうやってやるんですか?」というTyoshiさんの問いに「こうやってバンバン叩くの」とデモンストレーションをしてくれる内海さん。

燃料コック


ついでに燃料コック部に溝を作って回せるようにしてみました。この燃料コックってちゃんと生きてるんですね。なんで使えなくしているのか不明です。

シングルシート


そしてシングルシートも乗せてみました。若干尻さがりなのでもう少し高い位置に付ける予定です。

そして事務所内には・・・

ブレンボキャリパー


やっすいブレンボと

ブレンボローター


やっすいブレンボローターが届いてました。