MOTORCYCLE DIARY

のがたひろおのバイクな日記

24年ぶりで26年ぶり

わたくしヘルメットを買ってしまいました。

kagayama


前から欲しかったのもあるんですが、Goo Bikeでヘルメットのセールをやっていたこともあって、X-11 KAGAYAMAなんて買ってしまいました。

SP忠男の塩森レプリカを買って以来、実に24年ぶりのレプリカヘルメットで、しかも26年ぶりのSHOEIです。

shiomori


サイドの手裏剣みたいな模様がちょっと気に入らないんですが、基本的に真ん中にラインの入ったデザインが好きなようで、24年前から好みがあまり変わっていないようです。

それにしても最近のヘルメットの値段って何ですか?

6万円もするものを一度でも衝撃が加わったら新しくしましょうって、そりゃあ頭を守る大事なものですけど、なんとかならないもんでしょうか?

スポンサーサイト

BSB

わたくし、マシンのカラーリングとかかっこいいので、たまにBSB(ブリティッシュスーパーバイク)なんか画像検索しちゃうんですが、いや~BSBというのは激しいですね。

BSB

BSB


モトクロスじゃあるまいし、飛んでますもん。

BSB


大炎上してるバイクに突進してるし。

BSB


めちゃくちゃインベタだし。

BSB


超接戦だし。

もうマシンのカラーリングどころじゃなくなってしまいます。

のがた号復活計画 4

昨日くろまさんとこから回収してきたカウルを持ってラジカルに行って来ました。明るい所でよく見るとカウル裏側をちゃんと黒く塗ってくれてました。

ラジカルに到着するとのがた号はすでにこんな姿になっていました。

10/20


ハヤブサも何にもなくなるととってもレーシーです。そしてお願いしてあったフレームの加工もすでに終わっていました。

フレーム加工


ステアリングヘッドを手前にしたためにハンドルとフレームに指を挟んでしまうようになっていたので、その部分を切り取ってもらうという荒業です。

後からやって来たやもちんはそれを見るなり「かっこいいですね、昔のスーパーバイクみたいで・・・」と昔のだけ余計です。

で、内海さんは奥で何やら作業をしていたのがこれです。

シームレス加工


写真を撮るのを忘れていましたが、実は隼仲間のoyadi_falcoさんにきれいなパールホワイトに塗装された新品タンクをいただいたのですが、こんなことになっているんです。

タンクのシームレス加工と言って、目立たない割りに大掛かりな加工で、タンクの合わせ目のところを切り取ってもらっています。これで格段にレーシーになります。でも実はタンクはここから更に大掛かりな加工をしてもらいます。

そしてマムシちゃん(闇金)はGSX-RにつけていたR400のミラーを持ってきてくれました。

R400ミラー


これは昔、わたくしもGSX-Rに着けていましたが、なにげにヨシムラX-1にも採用されてるものです。

ということでのがた号復活計画は着々と進みはじめました。

カウル完成!

先週くろまさんが「来週には仕上げときます」と言っていたので、本日会社の帰りにカウルを引き取りに行きました。

カウル1


写真ではわかりにくいかもしれませんが、ヘッドライトまわりを一度くりぬいて、ヘッドライトカバーがツライチに装着できるように一段低くしてもらいました。

またスクリーンとカウルに隙間ができてしまうため、ノーマルカウルのように裏側にスクリーンを押さえる突起を付けてもらいました。

カウル2


さらに透明なヘッドライトカバーと、サーキット走行用のFRPヘッドライトカバーを作っていただき、ブレンディのコーヒーミルクまで用意していただきました。

いやいや、くろまさん、ありがとうございました。

カウルの進捗状況

本日はくろまさんがNORIさんとツーリングの買出しに行くとのことで買い物の同行のついでにのがた号のカウル修復の進捗状況を見てきました。

いえ、ウソです。

カウルがどうなってるか見に行くついでに買い物に同行したんです。

カウル1


はい、ご覧のようにヘッドライトはわたくしの依頼で真ん中に移設、アンダーカウルはマフラーが当たっていた所を修正するのに、ちゃんと整形して作り直してくれてました。

カウル2


血管が浮き出てるみたいだったところがスッキリ!エッジを効かせていい感じになってます。

カウル3


ちなみにこのように古い部分を切り取って、新しく作った部分を貼り付けてます。

カウル4


作業場の奥にこのような物がホコリをかぶって置いてありました。隼でサーキットを走る人には大変便利なフロントマスクです。

カウル5


わたくしのFRPカウルにもピッタリです。

ご興味のある方はくろまさんにご連絡してください。
リーズナブルな価格で作ってくれるそうです。

2008年モデル

東京モーターショーもあるということで、秋はニューモデルの季節です。

で、わたくしの注目するマシンといえば・・・

YZF-R125


はい、YZF-R125でございます。

YZFなんだかYZRなんだか、どっちかはっきりしなさい!という感じですが、とっても楽しそうなマシンです。


あとはやっぱり・・・

GSX-R750


GSX-R750でございます。


やっぱりGSX-Rと言えば750です!

写真じゃかっこいいんだか悪いんだかよくわかりませんが、MCNで走ってるムービーを観たらこれがけっこういい感じなんです。

1000は2本マフラーになっちゃいましたが、750は集合管(古い言い方ですんません)です。

高校生の頃は初代のインパルスが集合管で登場して、「すっげ~!最初から集合管だよ~!16バルブだよ~!」ってバルブが何なのかよくわからなかったですが、そんなわけでスズキ車はやっぱり集合管なんです。

すっかり750が欲しくなっちゃいましたが、わたくしそんな薄情な人間ではないので、長年連れ添った99ハヤブサで我慢・・・いや、大満足です。

タンク

はまはまがGSX-Rのタンクを持ってきてくれたというので今日はラジカルに行ってきました。

タンク2


掲示板にあったように大きさ、カタチともにぜんぜん合いません。ゴーストライダーのターボブサにはぴったりとついているのに・・・

ghostrider


と思ったら、なんとこれ、隼にGSX-Rの外装を付けてるんではなく、GSX-Rに隼のエンジン載せてるようです。ターボブサとか言うからすっかり騙されていましたが、これはGSX-Rです。

・・・ということでGSX-Rのタンク装着は断念しました。

タンク1