MOTORCYCLE DIARY

のがたひろおのバイクな日記

NOGACYCLE 更新

EVENT REPORTに隼だらけの走行会を追加しました。
スポンサーサイト

隼だらけの走行会

KAZUさん、yukita氏他から隼ばっかりの走行会があると誘われていたんですが、実に2年ぶりのサーキット走行に行ってまいりました。

tomin1


99年に隼オーナズクラブに入って、けっこうサーキット走行に目覚める人が増えてきて、そういう人たちがR1000や600に乗り換えていって、なんとなく寂しい状況が続いていましたが、時代は廻るということで第二次隼サーキットブームが到来したようです。

でもyukita氏やくまがーのようにいまだに99年モデルでサーキットに出没する化石のような人たちも健在で、わたくしとしては嬉しい限りです。

ほとんどローギアで私がもっとも苦手なミニサーキットですが、最近どうもトミンで隼人口が多いようで、とりあえず一度は行ってみないと食わず嫌いになってしまうので申込みをしてみました。

トミンサーキットというのは「都民」というから東京にあるのかと思ったら、なんと霞ヶ浦にあるんですね。で、到着してみると想像以上に小さくて、限界の小ささと思っていた那須よりさらに小さいです。

tomin2


でも家族で来ている人の娘たちがお花を摘んでいたりして、なんとものどかな雰囲気です。
 でも走りはけっこう熱くて、40台ほどの参加でしたが、10台ぐらい転んでいる中、わたくしはまったり走ってきました。低速コーナーってそのままコテッと倒れちゃうんじゃないかと不安で、しかもコーナー出口はハイサイドの危険がいっぱいなので、とりあえずハヤブサのトルクを生かして2速ホールドで走ってきました。

tomin3


途中yukita氏が「スリッパークラッチがどんな感じか乗ってみます?」というのでついでにyukita氏にのがた号も乗ってもらいました。

せっかくスリッパークラッチなんですが、2速ホールドじゃ試せないということで、無理やりシフトダウンしてみたら、これがあら不思議。

詳しく後日ホームページで。

tomin4


ナイトMT

ナイトMT


早いものでかれこれ3回目のナイトMTです。今回はとうしろうさん主催でお台場ビーナスフォートでの開催となりました。

・・・と言ってもビーナスフォートの駐輪場で、夜にコンビニの駐車場でたむろしている高校生と大差ありません。

自己紹介の後は適当にだべって適当に解散でした。

外装はきれいになっても・・・

夏の恒例になってきましたが、低速でふがふががくがくいって、信号待ちでプスンと止まって、という症状が出てきたのでフューエルポンプの清掃をしてもらいにラジカルに行ってきました。

その間に太いほうのサイレンサーがスイングアームに当たっていたので、元々付けていた細いほうに戻してみました。ちなみにせっかく直して塗ったアンダーカウルもマフラーが干渉してまた割れてました。

swing


車に追突されてDシェイプになっていた出口は内海さんが叩いて直してくれました。

外装はきれいになっても、やはり8年物ということであっちこっちボロいです。

ところでわたくしと言えばステッカーチューンですが、まだステッカーを貼っていません。とりあえずゼッケンは貼ってみたのですが、どうもその他のステッカーがしっくりきません。タンクにSUZUKIのステッカーは貼ってみたんですが、なんだか大きさが微妙でやっぱりはがしちゃいました。

ゼッケン


で、この日ラジカルは早めに店じまいして、伊東にステーキを食べに行こうということになって内海さんとやもちんと3人で出かけたのですが、箱根あたりで雨が降ってきたので引き返しました。

なんだか色を塗り替えてから100%雨に降られてます。

ゼッケン

塗装から帰ってきたのがた号はとりあえずそのまんまですが、とりあえずゼッケンを貼ろうなんて思っています。

アメリカのスーパーバイクとかNASCARのゼッケンなんかがかっこいいと思うんですが、なかなかこれといった書体がなくて悩んでいたら、なんとMFJでは今年からゼッケンの書体がFUTURA HEAVYが指定になっているそうです。

ゼッケン


FUTURAはMacには入ってる書体だそうですが、Windowsには普通入っていないですし、なんだか字が細くてかっこよくないです。でも注釈を見るとチャンピオンナンバー=1に限っては書体は自由だそうで、速ければOKというレース界を垣間見た気がします。

で、FUTURA HEAVYを入手しなくちゃなんて思ったんですが、MFJのレースなんか出るわけじゃないので気にすることはないという結論に達しました。

ニューペイント

ペイントが上がってまいりました。今回は最近ラジカルが使っている安くて早い塗装屋さんに塗ってもらいました。「クオリティはまあ値段なり」ということでしたが、思っていた以上の仕上がりです。

のがた号1


どうも思ったような色が出なくて、塗装屋さん、フンパツしてキャンディのピンクで塗ってくれたそうで、なかなか激しいピンクです。

のがた号2


今回は耐久用のオフセットしたゼッケンではなく、スプリント仕様にしてみましたが、最近ではライトがなくてもオフセットしてるのが主流のようで、やや時代に逆行しているような気もします。

のがた号3


シートカウルは一昔前のNSRみたいにゼッケンベースを付けずに、白貴重にしてみましたが、ちょっと白い部分が多すて、ゼッケンを貼らないとちょっと間抜けです。

クイックリリースピン


ついでに、・・・って全然ついでじゃないですが、試作のために取ってみたクイックリリースピンでタンクをクイックリリース化してみました。実はピンが長すぎてぜんぜん留まってないんですが、タンクが外れちゃうことはないのでまあいいかなと思っています。

ちなみに今回、R1000でレースに出てるしんいちろーさんに譲ってもらったBT-002を履いてみたのですが、さすがプロダクションレースで高い装着率を誇るだけあって、いにしえのパイロットレースH2と比べると同じゴムの黒い輪っかとは思えないほど違います。

怖いぐらいに素早くバンクするくせに妙に安定してて、勝手が違いすぎて全然乗れません。しかもプロダクションレース用タイヤ装着初日に雨ということで、ツーリングスピード以下で帰ってきました。

もて耐予選

motetai1


奥さんのお許しが出ないからとかいろいろ憶測が飛んでいますが、ただ単に金欠でライセンスを更新してないだけなんですが、とりあえず1年ぶりにツインリンクもてぎにやってまいりました。

今回はもて耐の予選見学でございます。

相変わらずもてぎは入口のチェックが厳しく、クレデンシャルを見せても「ゼッケンとチーム名は?」なんて尋問にあったりしました。

今回からもて耐は予選と決勝が1ヶ月ほど間があって、土曜日に車検、日曜日に予選で、とりあえず土曜日はしんいちろーさんがもてローに出るということで、そちらもチェックしてまいりました。

で、先日お知らせをいただいたBT-002 Proをいただいてきました。
ありがとうございます。これで今月末のトミンも安心です。

motetai3


今回ラジカルからはRPC-02 1台のみのエントリーですが、油冷乗りの闇金ささPと塾長は問題ないですが、kikkawaおじゃじと巨大父さんは油冷の強烈なエンブレに馴染めないようでした。

motetai2


で、予選の結果なんですが、途中雨が降ってA組とB組でコンディションが違うじゃないか!というクレームが入ったとこ入らなかったとかで、結果は8月までわからないそうです。ラジカルも7耐か4耐か微妙なところですが、わたくしはとりあえず他人事で、豚串を食べながら遊んでおりました。

FC2Ad