MOTORCYCLE DIARY

のがたひろおのバイクな日記

出た!08隼

08busa


ついに出ちゃいましたね。

ぱっと見はあんまり変わってなくてちょっと安心しました。

で、エンジンは1340ccで40cc増し。
でもバルブの挟み角が変わったり圧縮比が高くなったりで、けっこう上が伸びるんじゃないかと思われます。

12.5:1だとハイオク仕様なんでしょうね。

で、R1000にも付いてる3モードセレクターがついて、ブレーキもラジアルマウントになって、気になるところはリアが片押しになって、その分リアのローターがでかくなってること。

全長は55mm長くなってホイールベースは変わらず。重さは3kg増えてます。全幅は変わらず、全高は35mmも低くなってます。エンジンといい低くなったカウルといい、最速を狙ってるみたいな感じです。

で、わたくし的には、隼のままで行くなら今のピンクちゃんでいいかなって感じです。買い換えるとしたらR1000が欲しいです。
スポンサーサイト

キャンギャル

ヤングマシン誌にNEWハヤブサ限界速報なんてあったので買ってみたら、7月発表らしいのですが、写真は相変わらずCGでした。

温泉地のストリップ小屋で「いい子いるよ~」って言うから入ってみたら、いい子どころか、チケット売り場のおばさんがステージに出てきたような気分です。しかたがないので付録のキャンギャルムービー大図鑑なんか観ちゃったりしたんですが、観ているうちにだんだん腹が立ってきちゃいました。

・・・というのもわたくし、コンパニオン屋をやってまして、大きなくくりで言えば同じような職種なんですが、キャンギャル業界はこれでいいのかと思ってしまいました。

DVDの内容は東京モーターサイクルショーの各ブースのキャンギャルを紹介するものだったんですが、内容はこんな感じでした。

「○○(メーカー名)の○○です♪ゎたしのホームページも16万アクセスを超えました。みんなアクセスしてね~♪」

「○○(メーカー名)の○○です♪今日ゎ○○のイメージガールでこちらに来てますが、△△(四輪)のレースクイーンもやってま~す♪ぜひそちらも応援してね♪」

「ゎたしに会いに○○ブースまで来てね~」なら、自分を餌にブースに誘導するというのはキャンペーンガールの鏡だと思いますが、商品や企業をキャンペーンするために高いギャラを払っているのに、自分の宣伝や他社の宣伝してどうするんでしょう?


他にも「○○○カーズのイメージガールをしてます♪」・・・いやそこのメーカーは○○○カーで、「ズ」は入らないとか、「○○のバイクを見に来てね~♪」・・・いや、そこは用品メーカーだからバイクは売ってないのとか、突っ込みどころ満載でした。

わたくし昔は広告会社にいて展示会とかも行きましたが、その頃はメーカー名を間違えるなんて言うのは論外でしたが、今はメーカーもそこまでうるさくないんでしょうか?

そうなんでしょうね。

だって中国製のオートバイメーカーならまだ話はわかるんですが、あるパーツメーカーなんて「ワタシワ中国カラキタ○○アルヨ。(ちょっと作ってます)漢字漢字漢字漢字漢字漢字~」って中国語で商品説明されてもわかんないですから。中国は大きなマーケットですから中国人でもいいですけど、せめて日本語がしゃべれる人にしてください。

さよならミシュラン

わたくしもう20年近く、ほとんどずっとミシュランなんですが、今回浮気心を出してみました。

ピレリのドラゴンスーパーコルサ前SC1後SC2です。

ピレリ


確か昔、kikkawaおやじが履いてたやつだと思うんですが、はい、ご覧のようにヤフオクの中古です。なぜか入札がちっとも入らないですんなり落札できましたが、ピレリって人気ないんですか?

パイロットレースのフロントがかなりヤバイことになってて、今タイヤを換えればついでにホイールも塗れるということで、パイロットパワーなんかも物色してみたんですが、ガンガン値段が上がってしまうのでこのタイヤになりました。

ピンクと一言で言っても

パターン


のがた号のカラーリングはこんな感じでいこうかと思っています。カラーはもちろんピンクです。

本当は黒なんかいいな~なんて思うんですが、さすがにもうピンク以外の色は使えないということで、どんなピンクにするかいろいろイメージ検索してみました、けっこうピンクのカラーリングって多いんです。

pink1


pink2


pink3


ピンクってちょっと後ろ指さされそうですが、サーキットだとけっこうかっこいいもんです。でもピンクと言えばやっぱりキティちゃんですか?

pink4


pink6


さすがにフェラーリだとちょっと引いてしまいますが、

pink7


エンツォフェラーリともなると正気の沙汰ではありません。

pink17


・・・と思ったら、さらに上を行くピンクのブガッティベイロンまでいました。

話はバイクに戻すと

pink9


pink10


pink8


ピンクのバイクってやっぱりきれいなおねーさんかなんかが乗っていたらさまになるんでしょうけど、やっぱりわたくしのようなおっさんだとおかしいかもしれないなんて思ったりします。

pink11


でもこんな人もいることだし、もう開き直って

pink12


ウエアもピンク

pink13


財布もピンク

pink14


時計もピンク

pink15


携帯もピンク

pink16


ついでに部屋もピンクにしてしまったりして。

ステッカーはがし

ステッカーはがし


本日2時間かけてステッカーを全部はがしました。

ラジカルでプラスチックのスクレーパーを借りたんですが、これがけっこう便利なんですが、さすがにマフラーの熱や雨風と過酷な環境にさらされているアンダーカウルのステッカーはかなり苦労しました。

でも改めて見るとステッカーがないほうがかえってレーシーに見えるのは不思議ですが、のがた号がヤレて見えたのはステッカーの端がボロボロになっていたのも一因のようで、なんとなく塗りあがったばっかりみたいに見えます。

で、なんでステッカーをはがしたかと言うとそれはもちろん・・・

ハヤブサ150

busa150


これはインドに住むジョンさんのハヤブサ150だそうです。自慢はフロントダブルディスクブレーキで、最高速は150km/h!しかもかなり安定性は高いとのことです。

注目度はかなりのもので、特にちびっ子たちには大人気だそうです。

実はこれ、BAJAJというメーカーのPULSAR150というマシンだそうで、ジョンさん自らモディファイを加えたそうです。

ちなみにBAJAJ150はこんなバイクです。

pulsar150

FC2Ad