MOTORCYCLE DIARY

のがたひろおのバイクな日記

トランポ

わたくし時々、突発的にトランポが欲しくなります。

・・・で、何年か前にステップワゴンを買っちゃったんです。ネジ2本でセカンドシートが外せるということでポップアップシートのやつを。

でも一度もバイクを載せないまま2年で売ってしまいました。

それからしばらくして、当時は年に5回はエビスサーキットに行ってたし、もてぎのライセンスもあったし、ということでまたまたトランポが欲しくなっちゃったんです。

セカンドカーだし、トランポは遊び心満載のピックアップトラックがいいと思って買っちゃいました。

結構レアなのでネットで探して、わざわざ松本のショップまで買いに行った憧れのトラックがこれです。

nogamobile


タウンエーストラックの荷台のところがカバーされてる一方開というやつです。

植木屋さんみたいとよく言われましたが、自分ではかなりかっこいいマシンだと思っていました。フロアの5速というところがまた泣かせます。でも夏になってからエアコンがついてないことに気が付きました。

けっきょくこのマシンもエビスサーキットに1回、頼まれて写真のスガワラのマシンをプラスミューからラジカルに運ぶのに1回しかバイクを載せず、結婚を期に手放しました。

でも最近またトラックが欲しくなっちゃいました。

日本ではトラックと言えば働く車。4ナンバーで車検は毎年だし、プライベートで乗ってる人もリフトアップか超車高短かですが、アメリカではトラックはれっきとしたスポーツカーなんです。

truck1


こんなのとか

truck2


こんなのとか

とってもかっこいいと思うんですが、いつかはまたトラックにカムバックしたいと思う今日この頃です。
スポンサーサイト

首都高

先日からちょこちょこサスセッティングなんかしたりしてるんですが、今日は首都高なんか走ってみたりしました。

日曜日の昼間なんでそれほどペースも上がらないんですが、とりあえず混んではいなかったので気持ちよく流せました。

途中、白いハヤブサと一緒になってちょこっとだけ抜きつ抜かれつしましたが、芝浦で休憩するために左に寄ったら、白いハヤブサはそのまま行っちゃいました。

syutoko


ところで最近、ミッションが渋いのが気になってたんですが、ペダル位置を調整したついでにシフトリンクのピロボールに給油したら、とってもスムーズになりました。

メンテナンスは大事ですな。

このスクリーンは高すぎる!

久しぶりにハヤブサ関連をネットで探していたら、イギリスのJAWS Motorcycle Serviceというショップでこんなスクリーンを見つけました。

これはいくらなんでも高すぎじゃないですか?

screen

キャリパーピストンツール

今日はふと思い立ってアストロに行ってきました。

昔は荻窪店があってkikkawaさん御用達の工具屋さんなんですが、なくなってしまったのでネットで調べてみたら世田谷店がありました。

astro


店内には通常の工具からいろんな便利ツールまであって、男の子のワンダーランドという感じです。

わたくしメンテナンスは大変苦手で、すぐにネジとか潰しちゃったりするのでラジカルから「頼むから仕事を増やさないでね」なんて言われていますが、こういう所に来るとなんだかいろんな工具を揃えてみたくなります。

さて今回はじめてアストロにやってきた目的は、以前kikkawaさんのところで見たこれです。

calipertool


ブレーキピストンツールというよくわかるようなわからないようなネーミングですが、キャリパーのメンテナンスに最適なツールです。これでピストンに給油したり揉んだりが楽になりそうです。

オンボードカメラ

最近、ネットなどで走行中の映像を公開しているのをけっこう見かけますが、
実はわたくし、自分では車載カメラってあんまり興味ありません。

なぜならわたくし、自分の映ってない映像にはまったく興味がないからです。

・・・と言いつつこんなのみつけました。

cam


興味のある方はこちらまで。

ブレーキメンテナンス

今日は暇なのでクラッチのチェックがてら首都高を走ってきました。

するとまたしてもフロントあたりからウィーンという音がしてます。シフトペダルの位置もちょっと気になるし、とりあえず池袋線→環状線→新宿線といういつものコースで帰ってメンテにはげみました。

まずはフロントブレーキ。

キャリパーを外して水と少量のJOY(台所洗剤)の入ったバケツにつっこんで水洗いをしました。歯ブラシで汚れを落として、ピストンに給油して、ピストンを揉んで、余分なグリスを拭き取って、フルードを交換して(めんどくさいのでカップの中だけ)完了です。

ふと見るとパッドがかなりヤバイです。

次はリアキャリパーです。

フロント同様、水洗いして、歯ブラシで汚れを落として、ピストン揉んでフルードを交換して(こちらもカップの中だけ)完了です。

続いてシフトペダルの位置を調整して、それだけでもう日が暮れてしまいました。

寒くて嫌だけどとりあえず試乗してきました。

やっぱりメンテした後はブレーキもいい具合です。でもリアブレーキを踏むと「ぶ~ん」という音がします。

はっ!もしかして・・・

帰ってチェックすると、パッドを1枚裏表逆に入れてました。

MPS CLUTCH MOD

今日はラジカルに先日届いたバックトルクリミッターをキャンセルパーツを取り付けに行きました。
mps1


このパーツはアメリカやイギリスなどではいろいろなメーカーから似たような物が出ていますが、どこのメーカーの物も「clutch mod(クラッチ改造)」という名前です。もうちょっと気の利いた名前が欲しいところですが、clutch modで一般化しているのでしょう。

mps2

バネをチェックするやもちん。
やもちんが言うには一応ショットピーニング処理がしてあるようです。

さていよいよ取り付けです。説明書も何も入っていないので、まずはクラッチカバーを外してどこに取り付けるのかチェックします。

mps3

真ん中部分がバックトルクリミッターです。

mps4

ボルトを外し、バックトルクリミッターを外したところにリング状のパーツがぴったりはまります。どうやらここに装着するようです。

mps5

そしてまた元のようにクラッチを組んでいきます。これでカクカク動いていたクラッチが固定されています。

mps6

付属のクラッチスプリングは強化スプリングで、全長もノーマルよりずいぶん長いです。バックトルクリミッターはバックトルクがかかった時に半クラ状態にして滑らせる機構なので滑らないように強化するようです。

mps7

バネが長い分、ボルトを締める時はバネを押し込みながら締めていきます。

組み終わったらさっそく試乗です。

このclutch modを組み込むとクラッチのつながる位置がかなり奥になってしまうので、レバーを遠くに調整しなくてはいけなくなりました。

レバーを調整して走り出すと、ぜんぜん普通です。シフトダウンもぜんぜん普通です。ハヤブサのバックトルクリミッターは急激なシフトダウンをした時に一瞬クラッチを滑らせるだけなので、あまり無茶なシフトダウンをしない限りは特に問題はなさそうです。

そしてラジカルからの帰り道にだんだんと効果が実感できるようになりました。

まずはこのパーツの一番の目的である、ペッタンクラッチの解消です。半クラッチができるようになったので、今までのように低い回転でクラッチをつないでから加速するという、ハヤブサ対策のクラッチミートをしなくて済むようです。

それから加速が良くなっているのにも気がつきました。駆動がダイレクトに伝わる分アクセルを開けるとグイグイ加速していきます。これはけっこう気持ちいいです。

そして意外にもシフトアップの時の変速ショックが少なくなりました。今まではクラッチをつないだ瞬間にもバックトルクリミッターが作動してしまっていたようで、スクーターの発進のように駆動が一瞬遅れて、それが変速時のショックになっていたようです。

デメリットとしてはまず、前述のようにクラッチのつながる位置が奥になってしまうことです。まあこれはレバーの調整で済みます。次にクラッチが重くなること。強化スプリングなのでしょうがないですが、それでも油冷のGSX-Rぐらいだと思います。

そして肝心のバックトルクリミッターですが、サーキットなどでコーナーに突っ込んで、2速にシフトダウンしようと思ったら1速だった・・・
なんて時にはロックしてしまうかもしれませんが、ハヤブサ以前のバイクはみんなそうでしたし、現行のバイクでもCBR600RR・1000RRにもついていないぐらいですから、よっぽど無茶をしない限り問題にならないと思います。

・・・ということでこれはすごくお勧めの一品です。

ちなみに在庫ありますので興味のある方は、税込\18,900(送料は別途)、代金引換で送ることもできますのでメール等でご連絡ください。

新年初の隼MT

07_01_03_1


昨日お誘いを受けて隼のMTに行ってまいりました。
場所は幕張の2りんかんです。

07_01_03_2


相変わらず白ブサが多いことにびっくりですが、愉快なおやじもいっぱいです。隼のMTに行くたびに思うのですが、皆さん気さくな上になんだかとっても礼儀正しくて、わたくしも見習わなくてはいけないと思う今日この頃です。

さて、今回のMTの一番の収穫はコレです。

07_01_03_3


雑誌にも登場したことのあるdiskさんの隼を試乗させていただきました。

この隼、オーニシヒートマジックの3cmロングのスイングアームが入っていて、どんなハンドリングなのかと思ったら、意外に長くなっているのは気になりませんでした。

でも目玉はヨシムラのST-1カムです。

ヨシムラのカムは中低速が細くなっているそうですが、これが逆に乗りやすく、ギクシャク感もないし吹けはいいし、回転の上がりもスムーズだし、とっても欲しくなっちゃいました。

diskさん、大事なマシンを試乗させていただきありがとうございました。

・・・でもわたくしのマシンは乗っていただけませんでした。
ハンドルの切れ角が少ないのと多少ボロいのを除けば、そんなに変なマシンではないので、機会があったら乗ってみてください。