MOTORCYCLE DIARY

のがたひろおのバイクな日記

ハヤブサツーリング

今日はハヤブサの人々(チーム腰痛)に誘われてまたまた箱根に来てしまいました。前日の天気予報では箱根地方は降水確率50%でしたが、とりあえず雨は降っていませんでした。

またまた嫌いな箱根新道から上がって、集合場所の熱海峠の道の駅に行きました。お初の方々に挨拶をしましたが、マシンはみんなハヤブサだし、毎回いろんな人が来るのでなかなか顔を覚えられません。

06_8_27_1


全員集合ののち、伊豆スカに向かうとのことで道の駅を出発しました。ろくに確認もしなかったので箱根が目的地だと思っていましたが、伊豆スカの終点からさらに先に行くようです。帰りは伊豆スカを戻るか海側から行くかはパンダのところで様子を見てきめましょうとのことでしたが、黄色いスクリーンを付けたハヤブサの人もパンダさんだったので、わたくし何のことだかわからなかったのですが、伊豆スカの料金所のところにパンダがあるのでした。

06_8_27_2



ここから亀石までフリー走行ということでしたが、路面はウェットのところもありましたが、そこそこ楽しめました。目的地は伊豆スカ終点からちょっと行ったカレー屋で、駐車場2台分のところにハヤブサを20台詰め込みました。

お腹もいっぱいになるといつものようにやる気なしなしモードでちっとも走れなくなってしまいました。また亀石に戻り、ハヤブサ恒例のバイクを並べての記念撮影です。

06_8_27_3


帰りは車も多く、しかもまたしても嫌いな箱根新道から帰ったのでイマイチ楽しめませんでしたが、もともと疲れて走る気もあまりなかったのでちょうどよかったです。

06_8_27_4


タイヤはまたしても端まで使えませんでしたが、ステアリングヘッドを加工してから前よりバンクしなくても曲がるようになったような気がします。
スポンサーサイト

箱根

kikkawa氏に誘われて箱根に行ってきました。今回のメンバーは中島氏、Hi-R氏と、今年もて耐に出た人ばっかり、しかもみんな600、しかも6:30に箱根に集合とういうことであんまり行きたくありませんでした。

でも最近ちっともサーキットに行ってないし、たまには目を吊り上げて走るのもいいかもと、目覚ましを4:30にセットしました。

・・・ところが起きたら7:30。なんと目覚ましの時間を合わせただけでONにしてませんでした。kikkawa氏に電話して大観山で合流することにしました。

わたくしただいまジリ貧状態なのでターンパイクなんて高価道は走れません。大嫌いですが箱根新道から上がっていったのですが、道に迷って、結局大観山に着いたのは10:30を回っていました。

06_8_20_1


駐車場をうろうろ探していると、見覚えのある人が「裏にいますよ~」と教えてくれました。ピンクのハヤブサのコニシ氏でした。

06_8_20_2


非常に珍しい、ピンクのハヤブサのツーショットです。

大観山で軽くご飯を食べ、コーヒーを飲んでまったりしていると、中島氏が子供をプールに連れていかなければいけないということで、解散となりました。

結局、今日も道に迷っただけでちっとも走りは満喫しませんでした。

黒いフレーム

のがた号はスイングアームをダイヤモンドコートで黒くしていて、それに合わせてフレームも黒くしたかったのですが、フレーム単体にしなくてはいけないのでそうそうできませんでした。

ふと思い立ってカッティングシートを貼ってみることにしました。1,600円/mの3Mの屋外用をフンパツしてみました。

06_8_18_1


まずはピボットからシートにかけての鋳物のところに貼ってみると、伸ばしながらシワにならないように貼るのがけっこう大変ですが、思いのほかいい仕上がりです。

06_8_18_2


続いてメインフレームです。ニーグリップ用のラバーは両面テープで貼ってあるようなので、上からそのまま貼って後からカットしました。伸ばして貼っているので切ったところが縮んでしまったので上からツギハギしてごまかしました。こういう時にバイクがボロいと目立たなくていいです。

06_8_18_3


外装を取り付けて完成です。なかなかいい感じで、質感もスイングアームと同じような感じで、近くで見なければカッティングシートとはわかりません。いや、近くで見てもわからないかもしれないです。

あまりの暑さで立ちくらみがしてきたので、反対側はツギハギだらけ、ヘッドパイプ部も貼っていませんがパッと見勝負ということでこれでいいでしょう。

夜の首都高

昨日の夜、ふと窓から空を見ると星空だったので、のがた号で首都高に繰り出してみました。

甲州街道の幡ヶ谷ランプから新宿線で環状線外回り→湾岸線→レインボーブリッジ→芝浦PAでもう休憩です。

shibaura


ぶさいくな男がやたらと足のきれいな女の人を連れててちょっとジェラシーを感じつつ、環状線→新橋のショートカット→環状線→新宿線で帰ってきました。

先日貼った断熱テープはけっこう効果があるようで、タンクが前ほど熱くなっていませんでしたが、走りもそれほど熱くなってないのでタイヤはまだ半分くらいは新品のままでピカピカ光っています。

帰ってきてしばらくするとまた雨が降り出してきて、なんだか雨男返上のようで妙にうれしかったです。

アンダーテール

実は前から欲しくて欲しくてしょうがないものがあります。それは最近のマシンのようなつるんとしたテールまわりです。

panel2


アンダーテールというらしいですが、のがた号のシングルシートはノーマルと形状が違うため、市販のものはつけられません。やるとしたらテールランプまわりの修正も含めてFRP屋さんにお願いするしかありませんが、そうなると塗装もしなくてはいけないので金額的に大変なことになってしまいます。

panel


ということで最近得意なDIYです。

ウソです。

やろうと思ってダンボールを切ってあてがってみたところですでに嫌になりました。やっぱりいつか外装を見直す時に持ち越しすることにしました。

NOGACYCLE更新

TEAM NOGACYCLE ラジカル支部に闇金のトライアンフとkikkawa氏のR6を追加しました。

熱対策

06_8_13_1


昔は鈴鹿8耐などでもタンクの上に氷をのせて冷やしていたりしましたが、ガソリンが高温になるのはあまりよろしくないようです。・・・ということで熱に弱いハヤブサなので今更ですがタンク下を断熱してみました。99はスポンジが貼ってあるだけですが、最近のモデルは断熱材が貼ってあるところを見ても、悪い事ではないのでしょう。

断熱と言ってもホームセンターで売っているアルミテープなので、どのくらい断熱になるかわかりませんが、「エアコンダクトの保冷にも最適」と書いてあったので、貼らないよりはマシでしょう。

作業終了後、ふと見るとタイヤが真ん中しか使ってないので、もう少しサイドまで使っておかないとヤバイのでちょこっと乗りにいってきました。環七は妙に空いていたので白バイだらけでした。注意していたら案の定ミラーの死角に隠れてついてきています。ずっと一緒にツーリングは嫌なので側道に逃げました。

そこから環八に出て高島平から首都高に乗ったのですが、そこらじゅうで追突事故があってとっても混んでました。しかたがないので環状線経由新宿線で戻ってきました。けっきょくタイヤは相変わらず真ん中しか使っていませんでした。でもやっぱりいいです、パイロットレース。

昔の彼女だと思ったら・・・

今日は天気予報では雷雨でしたが、のがた号でラジカルに行ってきました。もちろん先週劇的な再会をしたパイロットレース装着のためです。渋滞情報では「この先渋滞」ということで、横浜青葉で高速を下りて下道でいきました。渋滞中に追い越し車線でエンジンなんか止まってしまったらかなりヒンシュクなので安全策をとりました。

06_8_12_1


とりあえず気温もそんなに高くなかったので、アイドリング近辺が不安なものの、なんとかエンジンも止まることなくラジカルに到着。まずは念願のタイヤ装着です。硬くて内海さんが苦労しているのを見て、「ああ、前の時もこうだったな」なんて、ちょっとおセンチになってる間に装着完了です。

06_8_12_2


ブリッと太いリアタイヤがステキです。

でもフロントはハイトがあるからフロントフェンダーとギリギリ・・・と思ったらぜんぜん余裕でクリアランスがあります。なんと喜びのあまりによく確かめないで買ってしまったら70扁平ではなく60でした。昔の彼女と再会したと思ったら、実は彼女ではなくその妹だったみたいな感じでしょうか?

扁平率が違うとハンドリングもずいぶん変わってくるらしいですし、最低でも1年半前のタイヤ、しかも雨の日は弱いのに突然の雷雨です。ウキウキ気分は一転してとってもブルーになりました。

06_8_12_3


どうせ雷雨でしばらく乗れないし、続いてフューエルポンプの掃除です。わたくしのマシンだけでも何回もやっているので、内海さんも手馴れたもので、あっという間ポンプをばらしていました。フィルターには案の定赤茶色いゴミがびっしりでした。

みんなで夕食後、闇金と一緒に帰ってきましたが、新品、しかも古いタイヤなので恐々走ってきましたが、やっぱりいいです、パイロットレース。とにかく軽いし、尖がったフロントタイヤのくせに妙に直進安定性もいいし、扁平率の違いは昔の記憶なので比較できませんが、ひょっとしたら60の方がいいかもしれないです。

ところでひとつひとつクリアしてきていますが、残されたチェーンとスプロケもかなりひどいことになっていて、内海さんに「これ危険かもしれないからあんまり急にパワーかけない方がいいよ」と言われました。

悪夢ふたたび

今日は午後からまたまたライコランドに行ってきました。

店員さんに「1年以上前のタイヤですよね~」とか「どうせぼくのバイクなんかピットに入れてくれないんでしょ」とかいろいろごねてみましたがけっきょく買いました、パイロットレースH2。とりあえずサマーセールで表示価格からさらに10%オフ、ラジカルに送ってもらう送料は無料、取り付け工賃無料キャンペーンだったので工賃分を引いてもらいました。

税込みで3万ちょっとだから安いと言えば安いのですが・・・

そして帰り道のことでした。

走っていると突然フケなくなりました。「ヤバイ、こ、これは・・・」と路肩に寄せてようとした時にはもうエンジンは止まっていました。暑い夏には必ず経験するあの出来事です。

またフューエルポンプのフィルターが詰まってきているのでしょう。運良く停めたところにはお店があったので、飲み物を買ってタバコを2~3本吸って休憩しているとエンジンはかかるようになりました。

やっぱり調子はよくありませんが、とりあえず帰ったらポンプを外してみようなんて思いましたが、タンクをリフトしてポンプの所を覗き込んだだけでもうやるのが嫌になりました。

どうせわたくしがいじるとろくなことがないので、タイヤ交換に行った時に一緒にラジカルでやってもらうことにしました。

来週は気温が低いことを祈ります。

昔の彼女に会ったような

今日はハヤブサのナイトMTがあるというので東雲のライコランドまで行ってきました。

MTの時間を見ていなかったので適当に行ったので、まだ皆さん来ていないようで、ひとりで店内をぶらぶらしていました。ここのところ悩みと言えばタイヤということで、次に買うタイヤはパイロットパワーにするかパイロットパワー2CTにするか、はたまたブリジストンの002ストリートにしようか悩みにタイヤ売り場に行きました。

すると、なんと!パイロットレースH2が置いてあるではないですか!
パイロットレースH2と言えば以前、履いててかなり気に入っていたタイヤです。しかもF:120、R:190とサイズもピッタリ!

まるで昔の彼女に会ってしまったような気持ちです。温まるのが遅いとか、雨の日は危険とか、悪いところばっかり目がいって、好きだったパイロットレースを買うのは恐らく最後のチャンスだったのに、新しいパワーレースに乗り換えてしまったあの時のことを思い出してしまいました。

パイロットレースH2は当時と変わらぬ尖ったフロントとブリッと太いリアでわたくしを待っててくれました。

値段も1年落ちなのに当時と変わらぬ値段で、リアはパイロットパワーのほうが安いぐらいです。でももうどこを探しても手に入らないパイロットレースならラジカルでタイヤを買わなくても気が引けることはないし、同じ過ちは繰り返すものかと店員さんを呼びとめました。

「これ今付けられますか?」

すると店員さん「すいません、今日はもうピット終わっちゃいました。」と。

しかたないから明日来ようと心に決めてナイトMTに参加してきました。でも後から来たとうしろうさんにタイヤのことを話すと「のがたさんのマシンはやってもらえないよ。」と。

なんとライコは車検もやってるのでのがた号のようなマシンはピットで作業できないそうなんです。

注意!オートバイ

夜も10時過ぎるとやたらタクシーが多いのですが、ふと見るとやたらと「注意!オートバイ」と貼ってあるタクシーがいます。

taxi


いや、オートバイに注意を促すよりも、どっちの車線でも行けるように車線を跨いで走ったり、ウインカーを出さずに車線変更したり、左折レーンで左にウインカー出しながらいきなり3車線またいで右折しないように心がけるほうがよろしいですな、とひとり心の中でつぶやいてしまいました。

朝の戦い

sanrin


最近の若者はゆとり教育で育ったせいか、どこぞのおやじみたいに闘争本能むき出しで走っていません。マイペースというか人に左右されないオンリーワンな人というか、後ろから車が迫ってきていも気にならないようです。

おかげで朝の通勤はとってもフラストレーションが溜まります。

爽快な風を感じながらゆとりのライディングは否定しませんが、それにしてもマイペースすぎのような気がします。

どけっ!とか端っこ走れとか言いませんから、お願いだからせっかく抜いたのに赤信号で前に出てこないでください。

FC2Ad