MOTORCYCLE DIARY

のがたひろおのバイクな日記

今年初の金運神社

先日ジャンボ宝くじを買ったし、今年初の金運神社に行くことにしました。

群馬で行こうかと思ってたんですが、今日、明日にも入梅だそうで、TTで行くことにしました。



ここのワインディングはベンツとかBMWとかレクサスとか、狭いワインディングに似つかわしくない高級車とすれ違うことが多いので、ゆっくり走ってるんですが、ちなみに動画はデジカメを手に持って撮影してるので、けっこう揺れててごめんなさい。


スポンサーサイト

ハザードスイッチが・・・

昨日TTで出かけた時、車線変更で入れてもらったお礼にハザード点けようとしたらスイッチが奥まで入っちゃいました。

アウディTT ハザードスイッチ

YouTubeで探してみたら、オーディオを外せば中から手が届くことが分かりました。

でもオーディオ外すやつなんて持ってないし、そのぐらいなら量販店でもできるだろうと思って行ってきました。

「オーディオ外せば手が入るらしいので・・・」

「ではちょっと車を見させてもらっていいですか?」

ピットにはメカニックが4人ぐらい集まって身振り手振りを見ると、どうも内装を全部外さなきゃダメだ的な相談をしているようです。

10分ぐらいすると放送でピットに呼び出されました。

「かなり大掛かりな作業になってしまうので・・・」

「え、さっき受付の人にも説明したけど、オーディオを外せばそこから手が入るから・・・」

「いえ、でも手探りでやらなきゃいけないし、外車だから丁寧にやらなきゃいけないし、あ、いや、国産車でも丁寧にやるんですけど、かなりお時間をいただかないと・・・」

「時間てどのぐらい?」

「丸1日ぐらいかかっちゃうと思うんで・・・」

「えー、だってYouTubeの動画見たら12分でスイッチの交換してたよ。」

「それは慣れてる人だからで、うちはやったことがないので・・・」

ということで、結局やりたくないみたいなので、昔チューニングショップだったタイヤ屋に行ってみました。

すると「うち、今タイヤしかやってないからオーディオ外す工具持ってないんですよ~」と言いながら、エアコンの送風口をグリグリ引っ張って「ここからできるかな?あ、だめだダクトが邪魔で手が入らない・・・」と。

「これ、スイッチ戻しても、きっとまたなっちゃうからディーラーに持ってった方がいいですよ。この近くにアウディディーラーありますよ。」って、どいつもこいつもディーラー持ってけって。

爆音マフラーにはみ出しタイヤの車なんか「うちは違法改造車は作業できないので、2014モデルに買い換えませんか?」って言われるのがオチだし。

でも「送風口があんなに簡単に取れるんなら自分でできんじゃね?」と思ってそのまま家に帰りました。

まずは送風口。

アウディTT 送風口

隙間に指先入れてこじって隙間を広げ、あとは引っ張るだけでホントに簡単に取れました。

確かにダクトが邪魔で手は入りません。

六角レンチ

じゃあ六角レンチに引っ掛けて引っ張ってみたら・・・

アウディTT ハザードスイッチ

スルスルっとスイッチが出てきて、最後にちょっと力を入れるとカチッとはまりました。

押しても中に入っちゃわないし、ちゃんとハザードも点くし、あとは送風口をはめて計5分で作業は終了。

作業完了

丸1日かかるだの、手が入らないだの、ディーラーに持ってけだの、改めて量販店やその辺のショップの能無し具合が確認できました。

「アンタが何かやると壊すから作業しちゃだめ」って内海さんによく言われるぼくが5分でできるのに、それができないってどういうことよって憤りを感じました。


車高調 & チタンマフラー

TTを買った時に一緒にビルシュタインの車高調を注文したんですが、荷物がフランクフルトの空港から行方知れずになっていたんですが、ようやく年末に届き、先週ようやくお呼びがかかって、取り付けのためにVoice!に車を預けに行きました。

VOICE!

その日は代車を出してもらって帰りました。

ちなみに代車はトヨタのハリアー。

そして今日、仮組みして車高とかをチェックしてほしいと連絡があったので行ってきました。

車高はこんな感じ。

ちなみにホイールはTSWのニュルブルクリンクRFのガンメタに換えました。

TT ビルシュタイン車高調

そしてこっち側は25mmのホイールスペーサーをかませた状態です。

TT ビルシュタイン車高調

前はこんな感じで、こっちがスペーサーなし。

TT ビルシュタイン車高調

こっちが15mmのスペーサーをかませた状態。

TT ビルシュタイン車高調

・・・ということでスペーサーも一緒に注文しちゃいました。

サイズは1mm刻みでオーダーできるんですが、このままF:15mm、R:25mmでいいんじゃないってことになりました。ちなみにこれだとタイヤが若干はみ出すので車検は通らないみたいです。

あとはこんなのを引っ張り出してこられました。

TT チタンマフラー

もともとこの車に付いてたワンオフのチタンマフラーです。

XTENSIONの荒谷氏が「爆音」と言ってたのでノーマルに戻してもらって納車したんですが、実はこのマフラーがうるさいんじゃなくて、ノーマルでも結構うるさいということが分かり、どうせうるさいならと、こっちのマフラーに戻すことにしました。

そして乗ってきたハリアーは見たいというお客さんがいるとのことで、今日は違う代車になりました。

ホンダのライフにグレードダウンです。

でもなにげにTEINの車高調が入っててキビキビ走るし、ハリアーよりいいかも。


TT専用ポータブルナビステー

先日ナビネタを書いたらごんべさんという方がコメントでヤフオクステーに左ハンドル用ができたことを教えてくれました。

これで迷いは消えました。

・・・というで早速買っちゃいました。

ヤフオク TT専用ポータブルナビステー

個人製作とは思えないハイクオリティ。

結合部もピッタリです。

結合部

早速取り付けてみました。

純正のネジを外すためのトルクスレンチも同梱されてました。

ステー取付

あっと言う間に取付完了。

取付完了

なかなかいい感じ。

・・・でも肝心のナビがないので、しばらくはステーのみです。


カーナビ

TTを買ってからずっと悩んでいるのがカーナビです。

オーディオスペースが1DINなので、今となっては付けられるナビはパイオニアのサイバーナビかポータブルナビしかありません。

サイバーナビ

モニターが出たり引っ込んだりするやつは秘密のメカっぽくて少年の心をくすぐりますが、実際は出しっぱなしだろうし、でもモニター出しとくとハザードのボタンが押せません。

そうかと言ってポータブルをダッシュマウントにするとバックミラーとナビでかなり視界を遮りそうです。

う~ん・・・と思っていたらヤフオクでこんなの発見しました。

ヤフオクステー

TT専用のポータブルナビ用ステーです。

最近はポータブルも性能いいし、そもそも安いし、これいいじゃんと思ったら、右ハンドル用しかありません。

これって可動式なんですが、右ハンドル用だとオーディオやエアコンの操作ができません。

ヤフオクステー

・・・でも本命は、ドイツのe-bayで売ってるこれ。

doppel din

これだとこんな感じで普通のナビをすっきり付けられます。

doppel DIN

でもこれだと灰皿がなくなっちゃうのと、そもそもちゃんと無加工で付けられるのかが不安です。

送料とか税金とか合わせると5万円ぐらいになっちゃうのもちょっと痛い。

そんだったらコンソールを加工してくれる所に頼んだほうがむしろ安かったりして・・・、と思ってネットで検索してみました。

オーディオ・ナビのプロです!外車もOK!コンソールの加工、ダッシュボードへの埋め込み等、他で断られた車輌でも一度ご相談ください!みたいなのが何軒かありました。

1件目のオーディオ・ナビのプロの所に行ってみると、パイオニアのサイバーナビを勧められました。

「いや、そうじゃなくて、2DINのナビ付けたいんですけど。」

「TTは1DINしか付きません。」

「それは知ってます。だからお宅に来てるんで・・・」

「加工はやってません。」

「だってホームページに加工やパネル製作できるって・・・」

「今は加工やってません。」

2件目のオーディオ・ナビのプロ。

今度は無駄足になると嫌なのでメールしました。

「TTは1DINしか付きません。」

だからそれは知ってるって、オーナーなんだから・・・

「当店のお勧めはサイバーナビです。」

またかよ!

「加工して付くかどうかは実車を見てみないと分からないのでご来店ください。」

実車見るって、年間数千台の実績とか書いてあってTTの写真も出てたけど、見ないと分かんないのか?

それに見るって言っても、外から眺めたって分かんないだろうし、調べてみるのに工賃かかったりしないのか?

・・・ということで返事を書きました、写真も添付して。

「こういう風に2DINを付けたいんですけど、工賃も5千円なのか5万円なのか50万円なのか分からないことには、じゃあサイバーナビにするかって決められません。大雑把でもいいから工賃がだいたいどのくらいなのか教えてください。」

・・・そしたら返事が来ません。

バイクもテキトーな店多いけど、車屋もこんなもんなんでしょうか?


次のページ

FC2Ad