MOTORCYCLE DIARY

のがたひろおのバイクな日記

流れるウインカーを交換

そういえば前にヤフオクで中華の流れるウインカーを買って付けたんですが、これがどうも具合が悪いんです。

ちゃんと点くし、ちゃんと流れるし、電気的な機能は問題ないんですが、これ転倒しても折れないように作ってあって、これがさすが中華っていう作りなんです。


中華 流れるウインカー 


ボルトを締めていくと、どんどん締まってって最後にはネジ部分がポロッて取れちゃうんです。


中華 流れるウインカー 折れる 


こんな感じで接着剤でくっつけてあるだけなので。

それでもまあ、安物だし、ちゃんと点くしって、しょうがないから接着剤で付けてグリップみたいにワイヤリングしといたんですよ。

でも走ってる時にウインカーを見ると、ものすごい揺れてるんですよ。

のがた号のサスが硬めってこともあるんですが、すごい揺れてるんですよ。

縦にぶるんぶるん揺れながら横に流れて点灯するから、もしかしたら催眠術にかかっちゃうんじゃないかって動きだし、エアロデザインとか謳ってるくせに、100km/hも出てないぐらいで風圧で押されて曲がっちゃってるんですよ。


これじゃあマズイよなと思って新しいのを探したんですけど、ちゃんとしたやつは高いんですよ。

でもこれならまあ、我慢できるかって値段のやつがあったんです。

Webikeが出してるやつを横流ししてるんだか、Webikeがのっけすぎてるんだか分かんないですけど、同じっぽいやつがヤフオクで半値ぐらいで出てたんです。

流れるウインカー 


ちょうどヤフオクくじで「ポイント20%」が出た日だし、今のやつよりかはマシそうなので買ってみました。


流れるウインカー 


届いてみると、どう見てもWebikeオリジナルと同じで、気になるゴムの部分も風圧で曲がっちゃうほど柔らかくなさそうだし、さっそく取り付けてみました。


流れるウインカー 


見た目は前のとくらべて代り映えしないですが、LEDもけっこう明るいし、けっこう良さげです。




スポンサーサイト

流れるウインカー

ちょっとバカっぽいけど流れるウインカーを入れてみました。







リアも交換

先日フロントに付けたLEDウインカーがなかなか小ぶりでいいので、リアにも付けたくなって買っちゃいました。

さっそく取り付け。


LED ウインカー


位置合わせで手持ちのアルミカラーを挟みました。

シートカウルを被せるとこんな感じ。


LED ウインカー


って言っても見えないのでさっそく点灯。


LED ウインカー


おー、めちゃくちゃ明るいです。

被視認性はバッチリです。



ウインカー交換

以前にヤフオクで買った中華LEDウインカーは真正面から見るとけっこう明るいんですが、ガラスに映る自分に見とれてを見るとほとんど点灯してるのが見えません。


中華LEDウインカー


なんかプロジェクターレンズみたいな球みたいなので、これはいかんと思い、新しいのを買ってみました。


LEDウインカー


今回はちゃんとWebikeで買ったんですが、まあ、どっちにしろ中華だとは思います。

高輝度LEDと書いてあったんですが、どんなもんでしょう?

試しに点灯してみると・・・


LEDウインカー


うわっ、かなり明るい!

・・・ということでこちらに交換しました。


LEDウインカー


うん、なかなかいい感じです。

なんか後ろもこれに換えたくなってきました。





BRISKプラグ インプレ

ツーリングに行ってBRISKのプラグはどうだったの?というコメントをいただいて、レポートするのをすっかり忘れていたことに気が付きました。

レポートを忘れるぐらいじゃ大したことなかったんだと思われそうですが、大したことなくないんです。


まずは始動性とかアイドリングとか

CIMG2377.jpg

のがた号はECUを32bitにしてから始動性がイマイチで、セルを回してキュキュキュキュの時間が長かったんですが、最初の試乗ではBRISK入れてキュがひとつかふたつぐらい減ったかなって感じでした。

アイドリングは腐ってもインジェクション車なので元々安定してたので何とも言えません。

でも排気音はアイドリングから野太くなり、更にボッボッボッボッがボボボボって感じになりました。ちなみにアイドリングの回転数は変わりません。

そして今回のツーリングで感じたのは、2日目の一発目のかかりが良くなったこと。気温とかのせいもあるかもしれませんが、プスンって止まっちゃうこともありませんでした。


ワインディング

15.jpg

高回転まで回して走ってると、YouTubeで低評価がドンドン増えちゃうし「おまわりさ~ん」とか「通報しました」とかウザいコメントが増えちゃうし、最近は年のせいか飛ばせなくなっちゃったし、流すペースで走っていたんですが、一番に感じたのはアクセルOFFからONのスムーズさ。

ヘアピンなどで回転を落としちゃうと、ン・・、ドン!て感じでドンツキが出ちゃったり、多めに開けると息つきしちゃうことがあるんですが、そういうのがまったく出ませんでした。

隼はトルクの塊だから回す必要はないって言われますが、それでもやっぱり美味しいところは8,000から10,000なんですが、今回は回しても6,000~7,000、しかも全開にはほど遠い感じなので高回転は分かりません。


高速道路

16.jpg

高速の巡航でも一番感じるのは音。

以前から闇金にプロペラ機みたいな音って言われてますが、プラグだけでプロペラ機の音がジェット機の音になるわけはないんですが、それでも不快な雑味みたいなのが消えて、気持ちいい音になったような気がします。

それから加速。

高速で普通に巡航していると、ちょうど燃料が薄い回転数で走ることになるので、ちょっとスピードを上げようと、ちょっとアクセルを開けたぐらいの時って意外に加速しないんですが、そのぐらいの開け具合でも前よりついてくるようになりました。

もう少しグッと開けた時は、加速自体は前と変わらないと思いますが、やはり回転がスムーズに上がる気がします。


今まではNGKの普通のプラグを使って、気が向いたらイリジウムって感じでしたが、イリジウムってみんなが言うほどいい感じがしなくて、しばらくすると普通のプラグに戻ってたんですが、これからはずっとBRISKで行こうかなって思えてきました。

難点は国内だと手に入りにくいことと高価なことで、海外通販だと値段は安いけどめんどくさいことでしょうか。



次のページ

FC2Ad