MOTORCYCLE DIARY

のがたひろおのバイクな日記

カウル加工

今日はグラディウスのヘッドライトを装着するために黒魔さんの所に行ってきました。

ベンツはクーペなので当然トランクには入らなかったんですが、なんとかリアシートに押し込みました。


ベンツ カウル積み込み 


黒魔さんの所に到着。

早速作業にかかる準備です。


GSX1300R 隼 のがた号 グラディウス ヘッドライト 


まずは石膏でヘッドライトの型を作って、穴を開ける位置決めをします。


グラディウスヘッドライト 


型を定規代わりにして位置決めをします。


GSX1300R 隼 のがた号 カウル加工 


まずは小さめにくり抜きます。

ちなみに経済的な理由から、なるべく塗装をしないで済むように、塗装が欠けたりしないよう細心の注意を払ってカットしてもらいました。

GSX1300R 隼 のがた号 カウル加工 


そして現物をあてがっては削りと、地道な作業が続きます。


GSX1300R 隼 のがた号 カウル加工 


そしてなんとなく完成。

アルミホイルで型を作ってあてがってみた時はピッタリでしたが、実際に穴を開けて装着してみると、やっぱり微妙に隙間があく所もあります。

でもまあ、まったく違う、カウルすらないマシンのヘッドライトを流用したことを考えれば、驚くほどピッタリです。


GSX1300R 隼 のがた号 グラディウス ヘッドライト装着 


ここで今日の作業は終了。

後は微調整と仕上げをした後に、ネジ留めするためのステーを作ってもらうのは黒魔さんの宿題にして、カウルを置いて帰りました。

できあがりが楽しみです。




スポンサーサイト

ヘッドライト装着準備

最近、なんだかんだと忙しくて、スケジュールがタイトなので、今日はとりあえずカウルを外す準備だけしておきました。


GSX1300R 隼 のがた号


今度、某氏の所に持っていきます。




グラディウス ヘッドライト

先日ヤフオクで買ったグラディウスのヘッドライトですが、装着イメージが湧かないないので型を作ってみました。

グラディウス ヘッドライト 型紙 

アルミホイルをヘッドライトにあてて型を取っただけなんですが、意外にちゃんと形になってます。

それをのがた号にあてがってみました。


GSX1300R 隼 のがた号 グラディウス ヘッドライト装着 


え? なんか悪くないかも・・・

角度やRもピッタリでカウルに穴をあけるだけで、成型せずにそのまま使えそうです。


GSX1300R 隼 のがた号 グラディウス ヘッドライト装着 


GSX1300R 隼 のがた号 グラディウス ヘッドライト装着 


実は残念な結果になることを予想して、こんなのも注文してたんですけど・・・


V-rod ヘッドライト 


アメリカのDrag Specialtiesから出てるV-rod用のヘッドライト(純正じゃない、恐らく中華ですけど)がアマゾンで妙に安く出てたのでポチっちゃったんですけど、どうしようか悩みます。

グラディウスのヘッドライトならバルブはH4だから、前にのがた号用に買ってぜんぜんダメで群馬に移植したLEDバルブも使えるし。

ますますR1000ぽくなっちゃうけど、前向きに検討しましょう。




長年続いているヘッドライト問題

今までいろんなヘッドライトを付けてきたのがた号ですが、現在付けてるトリッカーのヘッドライトでも車検は無理とのことで、来年までには何とかしなくてはいけません。

それで以前にも買おうかどうしようか悩んでたヘッドライトが、ヤフオクに安く出ていたので落札しちゃいました。

それがこれ。


グラディウス ヘッドライト 


R1000?

いやいや、グラディウスのヘッドライトです。

横から見るとこんな感じで、なんとなく隼のカウルのRにも合いそうな雰囲気です。


グラディウス ヘッドライト 


それでマシンにあてがってみました。

こんな感じで(・・・ってどんな感じだ?)

案外いいかもしれません。


のがた号 


隼の純正ほど長くないし、なんかいい感じかもしれません。

横から見るとこんな感じ。


のがた号 


でも取り付けるにはカウルの加工が必要で

・・・ということは当然、塗装も必要です。

たかだかヘッドライトのためにいくらかかるんだ!って感じです。

う~ん、どうしたもんでしょう?




トリッカーヘッドライト装着完了

先日ヘッドライトのステーを作りにラジカルに行ってきました。

まずはトリッカーのヘッドライトをライトの穴に入れてみるとかなりギリギリでした。

ステーなんか付けなくても大丈夫なぐらいだったんですが、位置決め程度のステーを作ってもらいました。

お見せするほどのものでもないし、撮影する間もなくできてしまったし、それどころではなくなってしまったので写真はありません。

それどころではないというのが、ハイビームにするとライトが消えちゃうんです。

調べてみるとバイク側の線が断線してました。

メインハーネスはECUを32bitにする時に新品に交換しましたが、この辺は手付かずの15年物なので、まあしょうがないでしょう。

作業が終わって家に帰る時、メインハーネスを換えて常時点灯になってしまったから、イグニッションONでライトが点灯しますが、エンジンをかけるとライトが消えちゃいます。

なんどかトライして点くようにはなりましたが、これは55WのHIDにした時と同じ症状なんですけど、今までのHIDは普通に点いていたので、恐らく今回の中華HIDのイグナイターか何かがダメなんでしょう。

そんなわけで今日、昔のHIDに戻したんですが、ふとバーナーを見ると発光部が白くなってます。

HID 発光部 曇り

フラッシュが反射して見えにくいですが、真ん中辺のねずみ色っぽく写ってる所です。

これが黒くなるともう寿命みたいなんですが、このバーナーも四輪用を買ったので、使ってなかったもうひとつに交換しました。

そしてトリッカーヘッドライトの装着後の写真がこちら。

隼 トリッカーヘッドライト

ガラス部分は100φなので、PIAAの時のようにギリギリまで前に出せるようになりました。

そしてライトON。

トリッカーヘッドライト HID

やはり群馬のマルチリフレクター + LEDよりは暗いですが、バグアイよりはぜんぜんいいです。

前のPIAAと比べると、新品だった頃のPIAAのほうが若干明るい気がしますが、リフレクターが焼けたPIAAよりは明るい感じです。

そしてさすが純正ヘッドライトで、配光はトリッカーのほうがぜんぜんいいです。

でもトリッカーのヘッドライトはHIDだと1年ぐらいでリフレクターのメッキが消えてなくなってしまうんですが、まあ、しばらくはこれで行きます。


次のページ

FC2Ad