MOTORCYCLE DIARY

のがたひろおのバイクな日記

中華ブレンボ風クラッチホルダー

実はこっそりヤフオクでこんなのを落札してました。


中華 ブレンボ クラッチホルダー 


中華ブレンボ風クラッチホルダーです。

ブレンボ風って言っても、思いっきりブレンボのロゴとか入ってるんですけどね。

ロゴは思いっきりペンキがはみ出してて、偽物であることを主張しているようですが、まあ作り自体は悪くないです。

良くもないですけど。


で、昨日、今日が休みだということを知ったので、予定も入れてないし、さっそく取り付けてみました。


RGV250 VJ23A クラッチレバー交換 


とりあえずノーマルのクラッチレバーを外すのに、ハンドルに付いてるものを全部取らなきゃいけません。

なんかこういう作業って久しぶりかも。

そしてブレンボ風を装着。


RGV250 VJ23A クラッチレバー交換 


ブレンボ風 中華 クラッチレバー 


クラッチスイッチも付属してたんですが、なんかあんまりかっこよくないし、昔のマシンだからだいじょうぶだろうと、直結することにしました。


たまたまあったカプラーがピッタリだったので、カプラーで直結しました。

2018-06-02_0007_201806011511245d8.jpg 


これなら戻したくなったら戻せるし。

で、とりあえずちょこっと試乗。

ちゃんとクラッチ握らなくてもエンジンかかります。

クラッチつないではレバーの調整をして、ってやってて気が付いたんですが、ブレンボ風であってもブレンボではないので、同じような形でも角が当たって指が痛いです。

まあ普通に使えるので、それほど気になることでもないんですけどね。


カプラーオン 


あと、これは中華だからってわけじゃないんですが、レバーがメーターに当たって、クラッチを握ってないとハンドルを右にフルに切れません。

まあ、それほど気になることではないですし、とりあえずは気に入ってます。



スポンサーサイト

崩れるエアクリーナーエレメント

先日落札したタイヤ、戸田にあるファイヤーガレージってバイク屋が出品してたので、取り付けもお願いして、今日行ってきました。

今日はカメラを持っていかなかったんですが、行ったらなんとのがた号パクリ疑惑が浮上した小椋華恋ちゃんのマシンがあるじゃないですか!

o1500112514068090308.jpg 

Facebookで申請したら友達になってくれたんですが、まあ、当然ですが本人はいませんでした。

で、ちゃちゃっとタイヤを取り換えてもらって帰ってきたんですが、群馬はアイドリングが下がらない現象です。

たぶんインシュレーターのバンドがちゃんと締まってないんですが、ネットだと六角レンチが届かないから、締めてからキャブを無理やり突っ込むとか書いてあって、確かこのブログにもそう書き込んでくれた人もいました。

でもそんなやり方してるからエア吸っちゃってるんですよね。

でもいろいろやってみたらギリギリだけどフレームの下から六角レンチを突っ込めばなんとか締められるのが分かりました。

この辺も写真は撮り忘れました。

そしてついでだからエアクリーナーエレメントでも洗うかと思って出してみたら・・・


腐ったエアフィルター 


生け花をさす緑のスポンジみたいにモロモロになってました。

指で押すとボロッと崩れてしまって、もはやスポンジじゃなくなってます。

VJ23のエアクリーナーなんて置いてないだろうけど、せっかくタンク外したんだから今日中に作業を終わらせたいし、とりあえず和光の2りんかんに行ってきました。

まあ、VJ23用のエアクリーナーなんて当然売ってませんでしたが、デイトナのターボフィルターの切って使うタイプのがあったのでそれにしました。

「車種によってはセッティングが必要」っていかにもたいがいのマシンはセッティング不要みたいな説明が書いてありましたが、大昔、NSRに乗った高校生がツーリング途中でエンジン焼き付かせて、確かこのエアクリーナーが入ってたような気がしたので、念のため、目の細かいタイプを買いました。


デイトナ ターボフィルター 


そして触ると崩れるノーマルエアクリーナーで形取りして、ハサミでちょきちょき切って完成。


VJ23A デイトナ ターボフィルター 


着々と走行会の準備ができてきてます。





無謀にも走行会を申し込んじゃいました。

ミスターバイクBGを買ったらこんな走行会の案内が出てました。

2st.jpg


で、ついつい申し込んじゃったんですが、後からネットで検索してみると、どうもこの走行会、バリバリマシンのOB御用達の走行会みたいなんです。


img_9.jpg 


motoGPよりも早く膝とか頭とか擦って走ってた人たちと走るなんて、まるで猛獣の檻に入れられた子猫ちゃん状態です。


もう今から胃が痛いです。


とりあえず先日、エンジンはかかった群馬ですが、サーキット走行なんてできるんでしょうか?

って言うかそれ以前に自賠責も切れちゃって、サーキットまで行くのすらできません。


そんなわけでとりあえず1年分だけ自賠責に入って、洗車をして、引きずってるみたいでぶ~んと音がしてるリアブレーキをメンテして、フカフカのフロントブレーキのエアを抜いてみました。


2018-05-28_0001.jpg 


ちゃんと洗ってWAXかけたら案外きれいです。


2018-05-28_0000.jpg 


でもふと見たらタイヤが真ん中だけ減って台形になってて、しかもプラスチックみたいにカチカチになってるじゃないですか。

いくら子猫ちゃんの走りでも、これはちょっと危険なので、困った時のヤフオク頼み。


tire.jpg 


筑波を2時間走ったというタイヤを落札しました。


7月の走行会までまだ日もあるし、とりあえず6月は群馬月間にしようと思います。




エンジン始動

そうとう長いこと放置している群馬。

先日・・・って言っても数か月前ですが、プラグを換えてもうんともすんとも言わず、今日、やっと重い腰を上げて作業しました。


VJ23A ガンマ キャブ ドレン 


って言ってもドレンからガソリン抜いただけなんですけどね。

それで押し掛けするのももう懲り懲りだし、ベンツからジャンプしてセルを回すと・・・


エンジン始動 


あっけなくエンジンはかかりました。

回転の落ちが悪いのでセッティングなのか、どこかからエアを吸ってるのか分からないですが、どうせ自賠責も切れてるし、そっちの整備はまた今度やります。


VJ23A RGV250Γ 




バッテリー充電とプラグ交換

どうも冬になると群馬を復活させたくなるようで、このブログで確認したら今年の1月にもエンジンをかけようとして、かからなくて断念していました。

ということでその時から放置のAZリチウムバッテリーを充電。

弱くなったまま、そのまま死んでないところがすごいです。


AZ リチウムバッテリー 充電


実は今年の新春2りんかんMTの時かなんかに買ってあったプラグに交換しようと群馬の準備。

今までプラグ交換するのにタンクを外してましたが、左側のカウルを外せば換えられるらしいので外してみました。


RGV250Γ VJ23A 


確かにプラグを目視できますが、でもこれ、プラグレンチ入れても回すにはタンクを外さなきゃダメじゃない?


プラグ交換 


ということでスパナで回して取りました。

そしてプラグ交換。

プラグ 


・・・がしかし

開けてみるとなんか長いような気がします。


プラグ 


ガーン!

BR9Eかと思って買ったプラグがBP9Eでした!

なんのプラグだ?と思って調べてみると四輪のプラグじゃないですか!

なんでそんなもんを2りんかんで売ってんだ?


仕方ないから前に交換したプラグを掃除してしまってあったやつに交換してセルを回してみると・・・


かかりません。


何度やってもかかりません。


今年の1月同様に、暖かくなったらまたかけようと群馬をしまうのでした。




次のページ

FC2Ad