MOTORCYCLE DIARY

のがたひろおのバイクな日記

アクティブ サーキット ミーティング

いつも隼のMTに出店してくれてるACTIVEさんから、サーキットMTにぜひ来てくださいと案内をいただいたそうで、1年半ぶりの走行会に行ってきました。

fankan2017_03.jpg 

天気はバッチリ晴れてサーキット日和。

朝はメッシュのツナギじゃ寒いぐらいでしたが、1本走ればもう汗だくです。

GSX1300R 隼 

今回、筑波1000は初めてだったんですが、なんだか走り方の分からないコースで1週目はボロボロ。

特に最終コーナーがけっこういやらしいです。

GSX1300R 隼 筑波1000 

イベント自体はデモランがあったり、トライアルショーがあったり、豪華景品のじゃんけん大会があったりと盛りだくさん。

DSC_0143.jpg 

22140976_1903473136639783_5101302991878556659_n.jpg 

じゃんけん激弱なので例によって何にも当たらないんですが、それでもまあ楽しめました。

走りは・・・

やっぱりブランクは埋められませんが、それでもそこそこ楽しく走れました。

ミシュラン パワーRS 隼 


いつものように詳しくは動画でどうぞ。









スポンサーサイト

久々に8耐を見て

昨日は鈴鹿8耐でしたね。

何年かぶり、って言うかほとんど初めてリアルタイムでテレビで観戦しちゃいました。

今年は鈴鹿8耐がFIMの世界耐久選手権の最終戦になったために予選方式とかライダーの呼称がFIM方式になったそうですが、そんなことより問題はテレビ中継でした。

基本的にFIMが撮ってる映像に日本が実況を乗せてるので、「どこどこのチームが予定外のピットイン!」とか「ゼッケン〇〇が転倒したもようです!」とか言っても映像はトップが映ってるだけで、けっこう不満が残るものでした。

レースの方はGSX-Rが新型になって期待していたんですがイマイチで、今年もヤマハが安定の強さでした。

2017 8耐 ヤマハ優勝 

知らなかったんですが、ヤマハっていまだに21番なんですね。

21番と言えばやっぱりこれなんですけど。

1985 TECH21 ヤマハ 

実は排気量UPしてて、入賞するとエンジンを開けなくちゃいけないから、トラブルのフリしてリタイヤしたなんて噂もありました。

1990_001.jpg 

そんな平選手も90年に優勝請負人のエディ・ローソンと組んでようやく優勝できました。

ちなみにこの時のベース車は限定のOW-01ですが

3379790c2898cd1c02dce7e49b0ce228.jpg


最初のTECH21号の時のベースはFZ750ですからね。

FZ750 

まあこれはこれでローソンが突然出場したデイトナ200マイルレースの時なんか、かなりかっこ良かったんですが

1986 FZ スーパーバイク 

ぼくが改造に目覚めたのも、実はこういうレーサーの存在なんです。

今は改造って言うとストリートとレーサーって感じで違うカテゴリーになってますが、当時はやっぱりみんな目指すところはレーサーだったような気がします。

ぼくもそんなレーサーを見て、改造するとこんなかっこよくなっちゃうんだ、と心ときめかせたもんです。

ちなみに8耐のFZRよりもっと前になると、ヤマハはこんなマシンでルマンに出てたりしたんですが

1984 XJ750R


ベース車なんてこれですからね。


XJ750E


大排気量車はシャフトドライブしかなくて、確か最初の頃はシャフトドライブのまんまで出てたんですよね?

これがあんなになっちゃうんだから、そりゃあ改造って心がときめきますよね。




のがた号かと思った

YouTubeのおすすめ動画に今年のJP250があったので観てみました。

するとのがた号みたいなのが走ってるじゃありませんか!

JP250

ムムム!と思ったらKISS RACINGのマシンでした。

ほら、似てると思いません?

小椋華恋 のがたひろお


でも大きな違いは、こっちは醜いおっさん、あっちはかわいいギヤルなんですね。


小椋華恋 


しかもあっちは走りはアグレッシブ。


小椋華恋 


勝手に親近感持ってすんませんでした。




2016 F1 グランプリ SUZUKA

イタリアのSkyのテレビクルーの運転手として鈴鹿のF1に行ってきました。







外人だらけのサーキット走行会

外人だらけのサーキット走行会に行ってきました。

雨男のぼくが梅雨の真っ只中にエビスサーキットという条件が揃った中、なんと一度も雨に降られずに帰ってきました。

が、しかし・・・

のがた号 転倒

いや、走行中の転倒じゃないんですけどね、詳しくは動画を観てください。

で、走行会はこんな感じで

外人ライダー

けっこうみんな速いんです。

いや、ぼくが遅いんですけどね。なんたってK3に出てた頃の5秒落ちぐらいですもん。

エビス東コース 最終コーナー


それでも今回、初めて隼で膝擦りました。

写真じゃ分かりにくいかもしれないですけど、ちゃんと両側擦ってるんですよ。


バンクセンサー


ブーツだってほら。


ブーツ


けっこう頑張ったんですよ、これでも。

普段ならすぐに疲れてやめちゃうけど、今回はちゃんと25分×4回フルに走りました。

でも悲しいかな、いつどこで擦ったのかまったく分かりませんでした。

今回、ゲストで名前忘れちゃいましたが、日本人でGPのメカニックをやってたって人が来てて、サスペンションセッティングとか分かんないことがあれば聞いていいってことだったんですけど、午後になってその人が話しかけてくれたんですよ。

何か分かんないこと、不満なとことかありますかって。

それで「ブレーキをリリースするとフッてインに入って、アクセル開けるとググーッと曲がるんですよ。」って言ったら、「おかしいことないって言うか、それ、ちゃんとセッティングが出てるってことじゃない。」と言われました。

確かに長いことサーキットに絞ってやってきたし、今回も「おれの隼、老兵は死なずでけっこういいじゃん!」て再確認したんですよ。でも最後にそのメカニックが「隼の人ですよね?隼ならもっと突っ込んで平気だよ。」って言うんです。

いや、そんなことは言われなくても分かってるんですけど、ビビッターが前よりも更に早く作動しちゃうから突っ込めないんです。

そんなこんなで踏んだり蹴ったりではありましたが、楽しい1日でした。






次のページ

FC2Ad