MOTORCYCLE DIARY

のがたひろおのバイクな日記

クラッチレリーズ清掃

前々から気になっていたんですが、シフトの入りが悪くて、もうなんだかんだ言っても旧車の部類ですから、そろそろミッションがヘタってきても不思議はありません。

でもミッションというよりクラッチの切れが悪い感じなので、もしや・・・と思ってクラッチレリーズを掃除することにしました。

レリーズじゃなかったとしても掃除をするだけならタダだし。

GSX1300R 隼 のがた号 

クラッチレリーズを掃除するにはアンダーカウルを外して、アッパーも緩めて、リザーバータンクを外して、スプロケカバーを外さなきゃいけません。

チェーングリスのヘドロがこんもり山のようになってて、外すころには手も真っ黒です。

GSX1300R 隼 クラッチレリーズ 

ちなみに99のクラッチレリーズはシャフトがむき出しで、ここにチェーングリスがこびりついてクラッチの切れが悪くなるという持病があるんですが、ぼくのは裏側にゴムカバーが付いた後期の対策品に換えてあります。

それでもシャフトにもこってり。

GSX1300R 隼 クラッチレリーズ

手がドロドロになってしまったので撮影してませんが、ヘドロを全部掃除して、錆びてるシャフトにもグリスをたっぷり塗って、レリーズのピストンも軽く揉んでみました。

GSX1300R 隼 クラッチレリーズ 

きれいになりました。

本当は試乗したいところですが、ぼくの家は取締りの激しい環七に出なくてはどこにも行けないので、とりあえずエンジンかけてギヤを入れてみました。

もともとスコっと入るギヤではないのでよくわかんないんですが、クラッチの切れは良くなったような気がします。






スポンサーサイト

オートマジックのインナーバッフル

今年も6月は不正改造車を排除する運動がやってきました。

排除するとか、すごいですよね。

まあ不正、つまり正しくない改造はいけないということには異論はありませんが、でも、その正しいか正しくないかの判断基準を一方的に決められてしまうことには疑問を感じます。

・・・ということで

今年はこんなのを買ってみました。

インナーバッフル 

インナーバッフル 

オートマジックのインナーバッフルです。

これで1万2000なんぼってちょっと高いような気がするんですが、まあ、最近のサイレンサーの値段を考えれば妥当なのかもしれません。

そんなわけでさっそく取り付けてみました。

結果はこちらの動画をどうぞ。






チェーンとリアブレーキ

今日は久々にラジカルに行ってきたんですが、奥さんから呼び出しがあってすぐに帰宅。

家の用事が済んで微妙に時間があったのでのがた号をメンテ。

なんかリアブレーキを踏んだらスカスカだったので、まずはブレーキ。

長いこと放置してたらフルードがかなり減っていて、それでエアが入ったようです。

ブレーキエア抜き 

まずはピストンを軽く掃除してからエア抜き。

ちゃんとブレーキが作動するようになりました。

それからチェーンの清掃と給油。

チェーン給油 

前回からWAKO'Sの白くないやつにしてみたんですが、浸透性があるし、飛ばなくていいです。

今回はリア周りのメンテとなりました。




洗車すると

今日は午後から雨と言っていたのに、ちっとも降らないのでのがた号の洗車をしました。

ホースで水をかけて洗剤で洗い始めると、案の定、雨が降ってきました。

まあ、ちっとも乗ってないからあんまり汚れてないんですが、後は屋根の下に移動してやりました。


GSX1300R 隼 のがた号 


GSX1300R 隼 のがた号





ボルトの錆び取り

先日届いたベンツのホイールに同梱されてたボルトがサビサビだし、かなり汚かったので、以前チタンマフラーの焼けが取れるか試しに買ったサンポールにドブ漬けしてみました。

そしたら1時間ほどでこの通り。


サンポール


ぜんぜん期待してなかったから使用前の写真も動画も撮ってなかったんですが、けっこうビックリな結果です。

酸化皮膜ができてるのか、ちょっと色が黒くなっていてかっこいいです。




次のページ

FC2Ad