MOTORCYCLE DIARY

のがたひろおのバイクな日記

ナンバー

去年だったかナンバーの位置とかで大騒ぎになりましたが、のがた号はまたシート下に移しております。

でも法律とは別に、やはりイマイチ見づらいのが気になって位置を調整することにしました。

とりあえずぼく自身はアルミ板に穴を開ける術を持っていないので、ドイトで汎用ステーを買ってきました。

ステンレスのやつなんですが、それを艶消し黒に塗ってステーごとオフセットさせてみました。

ステーのステーって感じですね。

ナンバーステーのステー 


今までは直後に立つとナンバーの上部がシートカウルで隠れてしまったんですが、これでバッチリ見えるようになりました。


ナンバー位置 


あまりにもよく見えて、ナンバーが目立ちすぎちゃうので、ちょっと角度を付けてみました。

それからだいぶ前にヤフオクで買ったナンバー灯に付け替えました。

ナンバー灯 

今までのいかにも汎用LEDって感じじゃなくて、ちゃんとナンバー灯用のライトですよって感じがとってもグーです。



スポンサーサイト

そろそろミラーが・・・

のがた号のミラーなんですが、マニアックな方は知ってるかもしれませんが、NC30のミラーなんです。

NC30 ミラー 

まあ当時のホンダのレプリカはみんなこれだったんですけど、ボルトピッチ28mmなんです。

ちなみに隼の純正ミラーのボルトピッチは42mmなんで、このブログを読んでるほとんどの方にはまったく関係ない記事なんで申し訳ありません。

ちなみにのがた号もまだ42mmピッチの頃はR1000の純正ミラーを付けてました。

昔ののがた号 

一時はわりと定番カスタムでしたが、海外サイトで発表されたR1000の写真を見て速攻で注文したので、おそらく日本で一番早く隼にこのミラーを付けたのがぼくだと思います。

今思えばこのままにしておけばよかったんですが、事故って大破した時に車検はもう無理と言われてたヘッドライトをセンターに移すついでに、ミラーも今のに換えちゃったんです。

そしたらNC30のミラーはずいぶん昔に欠番となり、今ののがた号のもそうなんですが、もう中華ミラーしかないんです。

中華もちゃんとしてればいいんですが、妙に軽くて軽量なのはいいんですが、可動部がゆるくてすぐに動いちゃうんです。

ちなみにヨシムラX-1も似たようなミラーを使ってますが、これはVJ22Aのミラーで、これも28mmピッチなので、X-1オーナーもきっと同じような悩みを抱えているでしょう。

VJ23A ミラー 

ヨシムラ X-1 ミラー 

まあX-1はそれ以前に半分以上が肩で隠れてしまって、そもそもミラーとしての役割を果たさないんですけどね。

同じガンマでもVJ23Aのにすればもっとステーが長いから、かっこ悪いけどよく見えたはずなんですけどね。

まあ、それはさておき。

今後ミラーはどうしようかな~と悩んでいるわけなんですが、いまどき昔のレプリカのミラーピッチなんて・・・と思っていたら、意外にあったりするんですね。

当分は欠番の心配がないのはコレ。

Ninja250 ミラー 

Ninja250のミラーが28mmピッチです。

でも取り付け角度が合わなそうだから却下ですね。

99年のR1やCBR1000RR/600RRも28mmなんですが、同様の理由で却下。

消去法で消していくと残るものはやはりマイナーどころで、年式が比較的新しいのはこれ。

SV650S ミラー 

SV650Sです。

こちらもすでに部品が心配ですが、角度も形も一番好みかなっていうのがこれ。

VTR1000F ミラー 

VTR1000Fです。

これだったらミラーの柄の部分はただの丸なのでカメラも付けやすいし言うことありません。


でもこのあたりのミラーの問題点は取り付け部分の形。

まあ作り直せばいいだけの話なんですけど、のがた号はミラーと共締めでウインカーステーを付けているので、このステーを作らなくてはいけません。

のがた号 ミラー ウインカー 

そんなこんなで非常に悩んでおります。

ちなみにぼくは改造好きですが、ミラーは絶対純正品じゃないと嫌なんです。

今までいろいろ試してみましたが、やっぱり純正品は見た目そこそこですが、信頼性はアフターパーツとは雲泥の差ですからね。





ゼッケン

なんとなく13番に飽きてきたのでゼッケンを作り直してみました。

2017-08-25_0000.jpg 

いつものようにカッティングシートにプリントアウトした台紙を貼り付けて、台紙ともども切り抜きます。

ステカがあったらさぞかし楽でしょう。

そして古いゼッケンを剥がします。

夏場は暑くてなんにもしたくありませんが、ステッカー類を剥がすのだけはこの季節はとっても楽でいいです。

2017-08-26_0001.jpg 

そして新しいゼッケンを貼ります。

前にも貼っていたこともありますが、今度は2番です。

2017-08-26_0007.jpg 

2017-08-26_0008.jpg 

ゼッケンを貼ってると「何で13番?」とか聞かれて困るんですが、これなら「2番じゃダメですか?」と答えられるからいいかもしれないです。





車高調

台風のおかげで今日は仕事が休みになりました。

そんなわけで先日からやろうやろうと思ってたことをやってみました。

オーリンズ 車高調 

車高調整です。

せっかく付いているんだからいじらない手はありません。

本当はモンキーなんかでやっちゃいけないんでしょうけど、そんなでかいレンチ持ってないので。

オーリンズ 車高調 


どのぐらい上げてもいいもんなのかわからないので、とりあえず5~6mm上げてみたら、こんな感じになりました。


のがた号 


こんな感じ。


のがた号 


多少はケツが上がった感じ?






これが最後の車検になるか?

そういえばのがた号は9回目の車検がありました。

で、ふと見るとマフラーから白煙。

一度はヘッドだけオーバーホールしてますが、もう10万キロだし、実際1年ぐらい前から、なんだかパワーがなくなった気もしますし、そろそろヤバイお年頃です。

前回シリンダーに傷が入っているのが分かって、でもピストンとシリンダーを換える予算もなくて、とりあえず見なかったことにしてもらったという経緯もありますし、あっちもこっちもヤレていることを考えると、かなり恐ろしいお値段になることは容易に想像がつきます。

そうなると中古のエンジンを買って載せ替えるほうが現実的かもしれません。

いや、もっと現実的なのは新しいマシンを買うことなんですが、それは毎度のことですが、周りが許してくれません。

さあ、どうしたもんでしょう。

それとは別に、「今度と言う今度はもう最後!」と言われてしまったのがヘッドライト。

都内なんかライトが点いてなくたって分かんないほど明るいし、逆に明るすぎると対向車が迷惑するだけなのに、なんか年々厳しくなります。

内海さんのDR-Zもノーマルヘッドライトだと車検に通らないそうです。

そんなわけで、のがた号に乗り続けるのであればヘッドライトもなんとかしなくてはいけません。

で、最近、これどうかなと思っているのが新型GSX-Rのヘッドライト。

R1000 2017 

小ぶりだしLEDだし、いい感じじゃないかと思うんですが、そんな話を某レーシングチームのメカである某氏にすると「LEDだと12Vじゃなくて、えらく大変なことになるかもしれないですよ。」って言われて、すぐに却下。

海外サイトでパーツ番号を調べていたら6万円ぐらいするみたいだったし。

それだったらこっちの方が現実的かなっていうのがこれ。

R1000 K7ヘッドライト 

比較的雰囲気は似ているR1000 K8のヘッドライト。

ちなみにこれです。

R1000 K7 


ちょっと冒険のような気もするので、それだったらK4でもいいかなって気もします。


R1000 K4 ヘッドライト 


形的にはオーソドックスなスタイルでR1000の中では一番好きなんですが


R1000 K4 


でもこれだったら隼のノーマルヘッドライトでもいいじゃんってことになります。


旧ブサ ヘッドライト 


形はずいぶん変わっていますが、のがた号のカウルはノーマルカウルをベースにしてありますから、これだったらたぶんすんなり付くはずです。

ちょっと不本意ではあるんですけど。

それだったら新ブサでもいいのかなって気もします。

新ブサ ヘッドライト 


どちらもノーマルに戻すみたいで、カスタムとしてはつまんないですけど。

それだったら、今までぼくの辞書には載ってなかったんですが、ノーマルのアッパーカウルを買って、車検の時だけ戻すって手もあるんですよね。

そうなると話はだいぶ変わってきて、昔みたいに片目オフセットにしたりもできます。

2004-11-28_0358.jpg 


う~ん、どうしたもんでしょうか?


 

次のページ

FC2Ad